データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マリナーズ、2発含む9得点で打撃戦制し開幕白星発進! イチローは2打席無安打&途中交代

2019/03/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



4回の守備に就いた直後に歓声の中ベンチに下がる

<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>
 
 シアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスによる日本開幕戦「2019 MGM MLB Opening Series」が20日、東京ドームで行われ、マリナーズが9-7でアスレチックスに勝利。マリナーズのイチローは2打数無安打に終わり、4回の守備を前に交代した。
 
 マリナーズは初回に先制ソロ本塁打を浴びるなど2回までに0-2とリードを許す展開となる。しかし、3回にディー・ゴードン内野手のタイムリー安打、ドミンゴ・サンタナ外野手の1号満塁本塁打で一挙5得点し逆転に成功した。
 
 一方のアスレチックスは、3回に4番の指名打者のクリス・デービスが第1号2ラン本塁打を放って1点差に詰め寄る。それでも、直後にマリナーズに犠飛によって1点を追加されて6-4とリードを広げられた。
 
「9番・右翼」で先発出場したマリナーズのイチロー外野手は、3回の第1打席でアスレチックス先発のマイク・ファイアーズ投手に対して144キロの速球の前に二飛。4回の第2打席では2番手のリアム・ヘンドリクス投手から四球を選んで出塁した。
 
 しかし、2打席目を終えた後の4回の守備で、一度は右翼のポジションに就いたものの、プレーが始まる前に交代。ファンや両軍からの大歓声と拍手に包まれながらベンチに下がった。
 
 試合は、マリナーズが5回にティム・ベッカム内野手の第1号2ラン本塁打などで3得点を挙げ9-4とリードを大きく広げ終盤を迎える。
 
 突き離されたアスレチックスは7回、6回4失点だった先発マルコ・ゴンザレスの後を受けたマリナーズ2番手のニック・ランベロー投手を攻め立て1死二、三塁とチャンスを作ると、ここで2番のマット・チャップマン内野手が右翼スタンドへ反撃の第1号3ラン本塁打。昨季24本塁打を放った男に大きな一発が飛び出て7-9と2点差に迫った。
 
 しかし、8回はともに無得点に終わり、迎えた9回にマリナーズ5番手のハンター・ストリックランド投手が160キロ近い速球を武器にアスレチックス打線を無失点に抑えて試合終了。マリナーズが打撃戦を9-7で制して開幕戦を白星で飾った。