データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イチロー、第2打席は痛烈な打球放つも二ゴロ 前日に交代した4回の守備も右翼でプレー

2019/03/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>
 
 マリナーズは2回にライオン・ヒーリー内野手の第1号2ラン本塁打、3回にミッチ・ハニガー外野手の第1号ソロ本塁打が飛び出し3点をリード。投げてもメジャーデビューの先発・菊池雄星投手が2回までに3つの三振を奪い無失点と上々の立ち上がりを見せた。
 
 菊池は3回のマウンドで先頭の8番ラモン・ローレアーノ外野手にメジャー初被安打となる右前安打を許して2回に続いて無死から走者を背負う形に。この後暴投で走者を二塁に進めてしまうが、続くジョシュ・フェグリー捕手を二飛、マーカス・セミエン内野手も二飛に打ち取って2アウトとする。ここで前日に3ラン本塁打を放っているマット・チャップマン内野手を122キロの変化球で二ゴロに打ち取って、序盤3回までを無失点に抑えた。
 
 マリナーズのイチロー外野手は、2回の第1打席でアスレチックス先発のマルコ・エストラーダ投手の前に三邪飛。そして4回2死走者なしの場面で第2打席を迎え、カウント1-2から痛烈な打球を一二塁間へ弾き返したが、二塁手のジュリクソン・プロファー内野手が追い付いて二ゴロに打ち取られた。




  • 記者募集