データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



いよいよ開幕!復活なるか、イチロー「9番・右翼」でスタメン アスレチックスも強力布陣

2019/03/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



1試合4安打放った7年前の再現に期待

 シアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスによる日本開幕戦「2019 MGM MLB Opening Series」が20日、東京ドームで行われる。試合に先立って、両チームのスターティングメンバ―が発表された。
 
 マリナーズは、マイナー契約からメジャー19年目を迎えることとなったイチロー外野手が、来日3試合連続で「9番・右翼」で先発出場する。読売ジャイアンツとのプレシーズンゲームでは2試合とも無安打に終わったが、4安打を放った7年前の日本開幕戦の再現なるか注目だ。
 
 ミッチ・ハニガー外野手、エドウィン・エンカーナシオン内野手ら長打力を持つ選手が中軸に名を連ねており、ディー・ゴードン内野手らの走力を絡めながら大量点を狙う。先発マウンドには、昨季チーム最多の13勝を挙げたマルコ・ゴンザレスが登る。
 
 一方、アスレチックスは昨季メジャー最多の48本塁打を放ち、プレシーズンゲームでも好調だったクリス・デービス外野手が「4番・指名打者(DH)」で先発する。
 
 その他にも、メジャー3年目ながら昨季24本塁打を放つなど早くもチームの核に成長しているマット・チャップマン内野手、今季から加入したジュリクソン・プロファー内野手ら長打力と走力を併せ持つ選手が揃っており、どこからでも得点が狙える強力布陣だ。先発のマウンドは、昨季2チームで計12勝を挙げたマイク・ファイアーズ投手が務める。
 
<マリナーズ>
1番(二)ゴードン
2番(中)ハニガー
3番(一)ブルース
4番(指)エンカーナシオン
5番(左)サンタナ
6番(捕)ナルバエズ
7番(三)ヒーリー
8番(遊)ベッカム
9番(右)イチロー
(投)ゴンザレス
 
<アスレチックス>
1番(中)ローレアーノ
2番(三)チャップマン
3番(右)ピスコッティ
4番(指)デービス
5番(左)ピンダー
6番(一)オルソン
7番(二)プロファー
8番(遊)セミエン
9番(捕)ハンドリー
(投)ファイアーズ