データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





タグ:松本剛

オリックスがロメロの決勝弾で延長戦制す!日本ハムは宮西が痛恨の一発浴びる

2017/09/17

〇オリックス4-2日本ハム●(17日・札幌ドーム)    オリックスが助っ人の一発で延長戦を制し、連敗を2で止めた。    この試合の先発はオリックス・松葉と日本ハム・加藤。日本ハムは初回に松本の適時打・レアードの犠飛で2点を先制。    しかし、オリックスも3回に山崎の遊ゴロ間に1点、5回に今度は山崎が適時二塁打を放って2点目を奪い試合を振り出しに戻す。    松葉は6回を101球で3安打・7奪三振・1四球・2失点という内容でマウンドを降りた。2回以降は持ち直しただけに、悔やまれる初回の立ち上がりとなった。    一方の加藤は立ち上がりこそ良 ... 続きを見る


日ハム、9・16は10選手のスペシャルデー!先着2万人にタオルプレゼント

2017/08/24

 北海道日本ハムファイターズは24日、9月16日に開催する「あなたが決める!! プレイヤーズスペシャルデー」でスポットを当てる10選手が決定したと発表した。ファン投票によって通算250ホールドを達成した宮西尚生投手や田中賢介内野手、大田泰示内野手ら10人が選出された。    イベント当日は、来場者先着2万人に「プレイヤーズスペシャル フェイスタオル」をプレゼントする。また入場ゲートでスクラッチカードを配布し、抽選で約1千人が参加できる特別イベントを実施する。    特別イベントは試合終了後の「選手との写真撮影会」で、参加選手は当日に発表する。    ファン投票によ ... 続きを見る


日本ハム、今季躍進の松本の一打で連敗ストップ!レアードの一発などで終盤に苦境はね返す

2017/07/21

〇日本ハム4×-3楽天●(札幌ドーム)    日本ハムが延長11回まで続いた総力戦をサヨナラ勝ちで制し、連敗を5で止めた。    この日の先発は日本ハムが吉田、楽天が塩見。プロ2回目のマウンドとなった2年目の吉田は、3回以外は全て走者を出す苦しい投球となったが、ピンチを作ってからは開き直ったかのように力強い球を投げ込み適時打は許さず、5回無失点と好投。球数が98球に達したため交代となったが、粘りの投球を見せた。    しかし、6回から登板した2番手・谷元が先頭の銀次に二塁打を浴びてピンチを招くと、一死から今江に適時打を浴び1失点。その後、二死までこぎつけるも嶋に四 ... 続きを見る


交流戦MVPは柳田!史上初の2度目の受賞 日本生命賞に日本ハム・松本と広島・丸

2017/06/23

 日本生命セ・パ交流戦の表彰選手が、23日に発表され、最優秀選手に福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐外野手、日本生命賞に北海道日本ハムファイターズの松本剛内野手と広島東洋カープの丸佳浩外野手が選出された。柳田には賞金200万円が、松本と丸には賞金100万円が贈られる。    MVPの柳田は交流戦で12球団トップとなる23打点を記録。サヨナラ安打や4本の先制打など、チームの最高勝率に大きく貢献した。柳田にとっては自身2年ぶり2度目のMVP受賞で、2度目の受賞は史上初の快挙となった。    日本生命賞の松本は、交流戦打率2位の.396を記録し、チームの勝利に貢献。丸は交流戦の首 ... 続きを見る


【4月25日のパ・リーグ試合結果】T-岡田3安打3打点、E辛島7回2安打1失点、日本ハムは9連敗

2017/04/25

〇ソフトバンク7-5日本ハム●    今季初の北九州市民球場で開催された一戦はソフトバンクが勝利を収め、日本ハムは泥沼の9連敗を喫してしまった。    序盤に先制点を奪ったのは日本ハムだった。ソフトバンク先発・千賀から大野の安打と西川の四球でチャンスを作ると、2番に抜擢された松本がプロ初となる本塁打を放ち、3点を先制した。    しかし、日本ハム先発・高梨がリードを守れず5回途中3失点でKO。そして、6回には3番手・谷元が2失点を喫してしまい、ソフトバンクが2点リードとなった。    日本ハムは、8回に松本がこの日2本目の本塁打を放ち1点差に迫ったが、8 ... 続きを見る


日本ハム、序盤の3点リードを守れず泥沼の9連敗…。松本のプロ初本塁打を含む2発も空砲に

2017/04/25

 25日、福岡ソフトバンクホークス対北海道日本ハムファイターズの一戦が北九州市民球場で行われ、ソフトバンクが7-5で勝利を収めた。    この試合で、日本ハムは泥沼の9連敗を喫した。一方のソフトバンクは、鬼門となっている北九州市民球場で白星を収め連敗を2で止めた。    先制点を奪ったのは日本ハムだった。3回、千賀から大野が安打、西川は四球で出塁し一死1・2塁とすると、2番に抜擢された6年目の松本がプロ初本塁打を放ち、3点を先制した。    しかし、先発・高梨がリードを守れなかった。援護を貰った直後の3回裏、先頭の上林に二塁打を許しピンチを招くと、続く甲斐に適時打 ... 続きを見る