データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





日本ハム、序盤の3点リードを守れず泥沼の9連敗…。松本のプロ初本塁打を含む2発も空砲に

2017/04/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



 25日、福岡ソフトバンクホークス対北海道日本ハムファイターズの一戦が北九州市民球場で行われ、ソフトバンクが7-5で勝利を収めた。
 
 この試合で、日本ハムは泥沼の9連敗を喫した。一方のソフトバンクは、鬼門となっている北九州市民球場で白星を収め連敗を2で止めた。
 
 先制点を奪ったのは日本ハムだった。3回、千賀から大野が安打、西川は四球で出塁し一死1・2塁とすると、2番に抜擢された6年目の松本がプロ初本塁打を放ち、3点を先制した。
 
 しかし、先発・高梨がリードを守れなかった。援護を貰った直後の3回裏、先頭の上林に二塁打を許しピンチを招くと、続く甲斐に適時打を浴び1失点。5回には2四球と暴投で一死2・3塁のピンチを作り、今宮・柳田の連続適時打で同点に追いつかれてしまった。
 
 その後、6回には3番手・谷元が松田と甲斐の安打で一死1・3塁のピンチを招くと、中村晃に犠飛を放たれ、勝ち越しを許してしまう。その後も今宮・柳田に連打を許しこの回2失点。日本ハムは序盤に3点のリードを奪っていたが、中盤で逆転を許してしまった。
 
 反撃を期したい日本ハムは、8回に松本がこの日2本目となるソロ本塁打を放ち、再び1点差に迫った。しかし、5番手・井口が8回裏にデスパイネに2点適時二塁打を浴び、リードを広げられてしまった。
 
 日本ハム打線は9回にソフトバンク守護神・サファテから1点を奪うも、反撃及ばず試合終了となった。
 
 1軍に復帰した4番・中田、5番レアードなどの中軸に快音が出ず、投手陣も持ちこたえられず日本ハムは9連敗となってしまった。昨季の覇者が、シーズン序盤で苦戦を強いられている。

スポンサードリンク