データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





オリックスがロメロの決勝弾で延長戦制す!日本ハムは宮西が痛恨の一発浴びる

2017/09/17

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



〇オリックス4-2日本ハム●(17日・札幌ドーム)
 
 オリックスが助っ人の一発で延長戦を制し、連敗を2で止めた。
 
 この試合の先発はオリックス・松葉と日本ハム・加藤。日本ハムは初回に松本の適時打・レアードの犠飛で2点を先制。
 
 しかし、オリックスも3回に山崎の遊ゴロ間に1点、5回に今度は山崎が適時二塁打を放って2点目を奪い試合を振り出しに戻す。
 
 松葉は6回を101球で3安打・7奪三振・1四球・2失点という内容でマウンドを降りた。2回以降は持ち直しただけに、悔やまれる初回の立ち上がりとなった。
 
 一方の加藤は立ち上がりこそ良かったが、要所で失点を防げず6回を89球・4安打・4奪三振・3四球・2失点という内容でマウンドを降りた。
 
 両先発は共に6回2失点でマウンドを降りたが、その後は両軍救援陣が好投。
 
 オリックスは松葉の降板後に比嘉・近藤・平野とつなぎ9回まで追加点を許さなかった。一方の日本ハムも鍵谷・マーティン・増井のリレーで9回まで得点を与えず、試合は延長戦に突入。そして、10回に試合が動いた。
 
 延長10回、日本ハムは5番手に宮西を投入。そして、オリックスがベテラン左腕を攻略した。
 
 10回表、オリックスは先頭の駿太がセーフティバントで出塁すると、安達が1球で犠打を決め一死2塁のチャンスを作る。その後、吉田正は中飛に倒れたが、4番のロメロが左翼スタンドに値千金の2ランを放ち、オリックスは2点を勝ち越した。
 
 その後、オリックスは10回裏に助っ人右腕のヘルメンを投入。ヘルメンは先頭のレアードに安打で出塁を許したが、横尾を一邪飛・大田を空振り三振・最後は田中賢を一ゴロに打ち取り、試合を締めた。
 
 敗れた日本ハムは、宮西が痛恨の一発を浴びてしまい連勝とはならなかった。

スポンサードリンク