プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



好事魔多し・・・絶好調時にケガで離脱した打者5人(5)開幕から大爆発も…

2022/11/28

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球の世界では、頑丈な身体で試合に出続ける”鉄人”がいる一方で、数多くのケガに悩まされる選手もいる。さらに、目覚ましい活躍を続けている中で故障離脱を強いられる例も散見され、まさに好事魔多しといえるだろう。ここでは、今シーズン打撃絶好調もケガで一時戦線を離れた打者5人を紹介する。

 

 

ドミンゴ・サンタナ(東京ヤクルトスワローズ)


・投打:右投右打
・身長/体重:195㎝/104㎏
・生年月日:1992年8月5日
・経歴:シャーロットアマリー高-アストロズ-ブルワーズ-マリナーズ-インディアンス(現・ガーディアンズ)
 
 開幕直後に目覚ましい活躍を見せたドミンゴ・サンタナ。好調なスタートを切ったが、約3か月間の長期離脱を強いられた。
 
 MLB通算77本塁打の実績を誇るサンタナは、2021年シーズンから東京ヤクルトスワローズに加入した。来日1年目はコロナ禍の影響で開幕には間に合わなかったが、116試合出場で打率.290、19本塁打をマーク。シーズン終盤は主に5番を任され、リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。
 
 今季は、開幕戦で2本塁打を含む4安打5打点と躍動。その後も好調を維持し、開幕から10試合で打率.343、4本塁打、10打点と爆発した。ところが、4月6日の中日ドラゴンズ戦で負傷交代し、翌日に登録抹消。米国に帰国して左半月板のクリーニング手術を受けることとなった。

 

 
 長いリハビリ期間を経て、7月17日に戦列復帰。復帰直後は変わらぬ打棒を発揮していたが、シーズン終盤は不振に苦しんだ。最終的には60試合出場、打率.275、15本塁打の成績。来季も残留することが発表されており、フルシーズンの活躍に期待がかかる。