プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



好事魔多し・・・絶好調時にケガで離脱した打者5人(2)肉離れも圧巻のタイトル獲得

2022/11/28

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球の世界では、頑丈な身体で試合に出続ける”鉄人”がいる一方で、数多くのケガに悩まされる選手もいる。さらに、目覚ましい活躍を続けている中で故障離脱を強いられる例も散見され、まさに好事魔多しといえるだろう。ここでは、今シーズン打撃絶好調もケガで一時戦線を離れた打者5人を紹介する。

 

 

山川穂高(埼玉西武ライオンズ)


・投打:右投右打
・身長/体重:176㎝/103㎏
・生年月日:1991年11月23日
・経歴:中部商業高-富士大
・ドラフト:2013年ドラフト2位
 
 二冠王に輝いた山川穂高は、開幕早々に離脱を強いられた。
 
 2013年ドラフト会議にて、埼玉西武ライオンズから2位指名を受け入団。2018年に打率.281、47本塁打、124打点と圧巻の数字でブレイクを果たすと、翌2019年も43本塁打を放ち2年連続で本塁王を受賞した。しかし直近2年は故障に苦しみ、ともに打率2割台前半、24本塁打の成績となっていた。
 
 今シーズンは快調なスタートを切ったが、3月30日の北海道日本ハムファイターズ戦で走塁中に右足を負傷。太もも裏の軽度の肉離れと診断され、約3週間の離脱を余儀なくされた。
 

 
 4月19日に再登録後は、開幕時の勢いそのままに本塁打を量産。シーズン終盤にやや状態を落としたが、コンスタントにアーチを描いた。最終的に129試合に出場し、打率.266、41本塁打、90打点をマーク。2位に10本以上の差をつけて自身3度目の本塁打王、初の打点王も獲得した。