プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



松本剛、新庄流積極野球で覚醒。チームプレーの縛りから解放され一変【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#171】

新庄ビッグボスの就任によって、チームや選手がどう変わるのか。開幕前から非常に関心が高かったが、その象徴というべき選手が期待の若手より一足早く中堅キャリアから出現した。

2022/04/16

text By

photo

産経新聞社提供



低迷する打線の中で救世主的な存在に

 開幕からそろそろ1か月になろうとしている。苦戦が続く新庄ファイターズにあって、いちばんの嬉しい驚きは「4番松本剛」に尽きるのではないか。4月16日朝の時点で打率.383、盗塁7はともにリーグトップである。開幕戦で4番に座ったのは新庄流の「びっくり打線」だろうと皆、考えたものだが、1か月経っても打撃好調、4番打者を務めている。
 
 そもそも新庄ファイターズの4番は誰だろう?、と開幕前、首をひねったものだ。もしかすると新庄ビッグボスの野球観は僕の固定観念とは違っていて(オープン戦では五十幡亮汰を4番で使ったりした)、6番に最強打者を置く方針なのかもしれないが、いわゆる返す打者、たまった走者を一掃する(文字通りクリーンアップする)主軸は4番じゃないかと思うのだ。中田翔がチームを去った今、ファイターズには実績のある4番が見当たらない。期待の野村佑希はケガで出遅れ、清宮幸太郎はまだ覚醒しない。僕はヌニエスを高く買ってるのだが、ストライクゾーンの判定にカリカリしている現状だ。
 
 そうしたら絶好調の松本剛がスッと抜け出した。そりゃ3割8分も打ってたらホームラン打者じゃなくても主軸が務まる。近藤健介と並べれば色んなことができるのだ。はっきり言って打線は繋がりを欠き、機能してるとは評価できない。1点取るのに汲々としている状態だ。セの阪神もそうだが、打てないから最下位に甘んじている。そんななかで松本剛は救世主的な存在である。
 
「首位打者」で「盗塁王」の現在地点は大変興味深いものだ。こんなの「マツゴー推し」のファンですら想像しなかったと思う。特に面白いのは「盗塁王」だ。パには何人もの俊足の選手がいる。それらを差し置いて、(開幕1か月足らずの時点とはいえ)松本剛がトップを走っている。これまでのシーズン最多が6だから、既に盗塁数のキャリアハイなのだ。これは何か? ものすごくシンプルな答えが出せる。積極性だ。
 
「首位打者」も「盗塁王」も松本剛の新しい姿なのだ。それを引き出したのは新庄流の積極野球だと思う。僕らは新庄流の積極野球をワカゾー専用(?)だとうっかりカン違いしていた。チャンスをもらったワカゾー、万波中正や野村佑希や清宮幸太郎や今川優馬が一皮むけるのに効果を発揮するはずだと(そればかり)思い込んでいた。もちろんそれも期待する。今季を力いっぱい駆け抜けて、彼らがどう変身するか楽しみだ。
 
 だけど、ワカゾー専用じゃなかったんだなぁ、というのが「4番松本剛」の快進撃だ。「盗塁王」の方はわかりやすいだろう。これまで出塁しても盗塁を企図せず、自重していたのだ。それが新庄ビッグボスの前向きな気風にふれて変化した。あるいはキャンプの武井壮、赤星憲広臨時コーチの指導の成果もあるかもしれない。これまで足が遅い印象こそなかったものの、俊足と形容されたことはないんじゃないか。ファイターズの俊足はずっと西川遥輝の専売特許だった。

1 2