プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:最速

【打者部門】鈴木誠也は何位? 2022年MLBナ・リーグ打撃成績ランキング

2022/08/17 NEW

ナショナル・リーグでは、シカゴ・カブスの鈴木誠也外野手がメジャーデビュー年から活躍を見せている。鈴木は現在リーグ内でどの位置にいるのか。ここでは、各部門ランキング上位選手と鈴木の順位をまとめている。   今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!   OPS部門 1位:ゴールドシュミット(STL) 1.030 2位:ライリー(ATL) .924 3位:フリーマン(LAD) .921 -位:鈴木誠也(CHC) .727(規定未満)※48位相当 打率部門 1位:ゴールドシュミット(STL) .328 2位:フリーマ ... 続きを見る


【打者部門】大谷翔平は何位? 2022年MLBア・リーグ打撃成績ランキング

2022/08/17 NEW

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が今年も「二刀流」として活躍を続けている。打者・大谷は現在リーグ内でどの位置にいるのか。ここでは、各部門ランキング上位選手と大谷の順位をまとめている。   今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!   OPS部門 1位:ジャッジ(NYY) 1.061 2位:アルバレス(HOU) 1.016 3位:デバース(BOS) .933 8位:大谷翔平(LAA) .856 打率部門 1位:アラエス(MIN) .336 2位:グリエル(TOR) .309 3位:ヒメネス(CLE) .3 ... 続きを見る


大谷翔平の日米通算成績一覧 次の大記録まではあと何本?【打撃成績/投手成績】

2022/05/23

大谷翔平 最新情報 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が今年も「二刀流」として活躍を続けている。海を渡って4年目を迎える日本のスターは22日(日本時間23日)、日米通算150号を達成した。ここでは、各部門の日米通算成績と次の節目の数字までの本数をまとめている。   今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!   安打 NPB:296 MLB:414 日米通算:710   NEXT:1000安打まであと「290」 本塁打 NPB:48 MLB:102 日米通算:150   NEXT:200 ... 続きを見る


打てるわけない…日本球界の速球王は誰? プロ野球歴代最速ランキング上位6人。NPB最高球速の瞬間を振り返る

2022/04/07

プロ野球最新情報  野球ファンの楽しみの一つに電光掲示板の「球速表示」がある。投手にとって球速はすべてではないが、一方で、圧巻の球速が計測されるとやはり球場はどよめく。今季は、最速167キロ右腕タイロン・ゲレーロがNPB入りするなど、さらなる記録の更新が期待される。  今回は、そんな野球界を彩る「球速」にフィーチャーし、日本球界で記録された球速トップ5(6人)の投手を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   戦力外からメジャー挑戦へ。夢をかなえた苦労人 ロベルト・スアレス 当時所属:阪神タイガース(現サンディエ ... 続きを見る


中村剛也の愛称“おかわり君”の系譜。新世代も続々登場、渡部健人は何代目おかわり?

2022/03/01

西武の歴代おかわりくんまとめ 現役最多の通算442本塁打を誇り、“おかわり君”の愛称で親しまれる中村剛也。埼玉西武ライオンズが誇る“生けるレジェンド”は、幾度の世代交代の波を乗り越え、いまなお第一線で活躍し続けている。今年の春季キャンプでは、山川穂高、渡部健人とともに「3兄弟」としても注目を集めた。今回は、度々誕生してきた歴代“おかわり君”を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   中村剛也(なかむらたけや)   投打:右投右打 身長/体重:175センチ/102キロ 生年月日:1983年8月15日 経 ... 続きを見る


千葉ロッテ、最速167キロ右腕タイロン・ゲレーロを獲得 井口監督も期待「コントロールもしっかりとしている」

2021/12/20

 千葉ロッテマリーンズは18日、タイロン・ゲレーロ投手の入団が決まったと発表した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    コロンビア出身のゲレーロは、身長203センチ、体重112キロ、30歳の右腕。2016年にサンディエゴ・パドレスでメジャーデビューを果たし、18年には、マイアミ・マーリンズで60試合に登板した。MLB通算成績は113試合の救援登板で、2勝5敗15ホールド、防御率5.77、111奪三振、WHIP1.66となっている。  メジャーでの登板では、投球のほとんどが速球。そのスピードは平均99マイル(約159 ... 続きを見る


二刀流・大谷翔平は何位? 2021年MLBア・リーグ各部門のランキングトップ10は?<打者大谷編>

2021/10/18

OPS(出塁率+長打率)  OPSの10傑にはブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)を筆頭に、強打者たちが名を連ねたが、大谷は2位にランクインした。全体トップはブライス・ハーパー(フィリーズ)の1.044(出塁率.429+長打率615)。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   1位:ブラディミール・ゲレーロJr. (ブルージェイズ) OPS1.002(出塁率.401+長打率.601) 2位:大谷翔平(エンゼルス) OPS.965(出塁率.372+長打率.592) 3位:カイル・タッカー(アストロズ) OPS. ... 続きを見る


【ドラフト2021】中京大中京高校・畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)とは 速球が魅力の本格派【プロ注目選手】|2021年プロ野球ドラフト会議

2021/10/08

畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ) 所属:中京大中京(3年) ポジション:投手 投打;右投右打 身長/体重:177センチ/87キロ 生年月日:2003年5月3日 出身校:竜神(愛知県) 選抜ベスト4右腕。中学生時にはU-15代表にも選出された逸材で、150キロを超える速球とスライダーに加え、緩急も使える本格派だ。最後の夏は、準決勝で愛工大名電に敗れたものの、8回3失点と粘り強く投げた。 予選大会成績(愛知県) 投手成績 試合 防御率 投球回 3 1.66 21.2 奪三振 与四死球 WHIP 17 11 1.34   【注目選手一覧に戻る】... 続きを見る


【ドラフト2021】関東第一高校・市川祐(いちかわたすく)とは 最速152キロ右腕【プロ注目選手】|2021年プロ野球ドラフト会議

2021/10/08

市川祐(いちかわたすく) 所属:関東一(3年) ポジション:投手 投打;右投右打 身長/体重:184センチ/82キロ 生年月日:2003年8月23日 出身校:四谷(東京都) 最速152キロを誇る剛腕。甲子園には1年生夏にベンチ入りし、準々決勝の履正社戦でマ聖地のマウンドに立った。3年夏の都予選は決勝まで駒を進めるも、二松学舎大付・秋山正雲との投げ合いに敗れた。 予選大会成績(東京都) 投手成績 試合 防御率 投球回 4 – 27 奪三振 与四死球 WHIP 30 6 0.78   【注目選手一覧に戻る】... 続きを見る


ホームランダービー出場の代償? 大谷翔平ら参加組はノーヒット、辞退したゲレーロJr.はMVP【本塁打競争】【MLBオールスターゲーム2021】

2021/07/14

 メジャーリーグのオールスターゲームが13日(日本時間14日)、クアーズ・フィールドで行われ、アメリカン・リーグがナショナル・リーグを5-2で下した。オールスターMVPには、本塁打などで2打点を挙げたブラディミール・ゲレーロJr.内野手(ブルージェイズ)が選出された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    一方で、前日に行われたホームランダービー参加者は軒並みノーヒット。両軍合計17安打を記録したものの、ダービー出場者からの快音は聞かれなかった。ここで彼らの成績を振り返ってみよう。 AL 大谷翔平:2打数無安打(二ゴ ... 続きを見る


投手・大谷翔平、オールスターでの全投球内容は? 最速161キロ、14球で圧巻の三者凡退【MLBオールスターゲーム2021】

2021/07/14

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで開催されている「MLBオールスターゲーム2021」に先発投手と「1番・指名打者(DH)」として異例の投打二刀流出場。投手として1回無失点、三者凡退で終えた。投じた全14球の内容を振り返る。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   【次ページ】大谷全投球内容... 続きを見る


メッツ・アロンゾがホームランダービー2連覇達成! 決勝でオリオールズ・マンシーニ破る

2021/07/13

<ホームランダービー2021 決勝戦 ●トレイ・マンシーニ 22-23 ピート・アロンゾ○>(クアーズ・フィールド)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    「MLBオールスターゲーム2021」に先立ち開催された「ホームランダービー2021(本塁打競争)」が12日(日本時間13日)に行われ、決勝戦はトレイ・マンシーニ外野手(ボルティモア・オリオールズ)と前回覇者のピート・アロンゾ内野手(ニューヨーク・メッツ)のカードに。アロンゾが23-22でマンシーニを破り、2連覇を達成した。  先攻のマンシーニは、1、2回戦の疲れは ... 続きを見る


【結果速報】優勝者はピート・アロンゾ(連覇)! 大谷翔平出場のホームランダービー2021対戦成績(1回戦・準決勝・決勝戦)【本塁打競争】【MLBオールスターゲーム2021】

2021/07/13

ROUND1 ROUND2 FINAL 優勝 大谷翔平 22+6+0本 × × × ●2021最長HR:470フィート(6月8日ロイヤルズ戦) ●2021最速HR:117.2マイル(6月26日ヤンキース戦) ●ア・リーグ各部門ランキング一覧   ROUND1 ROUND2 FINAL 優勝 フアン・ソト 22+6+3本 15本 × × ●2021最長HR:437フィート(6月2日ブレーブス戦) ●2021最速HR:113.4マイル(6月29日レイズ戦)   ROUND1 ROUND2 FINAL 優勝 サルバドール・ペレス 27本 × × × ●2021最長HR:460フィ ... 続きを見る


大谷翔平、ホームランダービーは1回戦敗退 ナショナルズ・ソトに延長戦で敗れ姿消す

2021/07/13

<ホームランダービー2021 1回戦 ●大谷翔平 28-31 フアン・ソト○>(クアーズ・フィールド)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、「MLBオールスターゲーム2021」に先立ち開催されている「ホームランダービー2021(本塁打競争)」に出場。1回戦でフアン・ソト外野手(ワシントン・ナショナルズ)に28-31で敗れ、1回戦敗退となった。  先攻のソトは、ハイペースでスタンドに叩き込み、持ち時間3分間でホームランダービー新記録となる520フィート ... 続きを見る


“リアル二刀流”大谷翔平、最速164キロ&マルチ安打 相手左腕も脱帽「投手でも打者でもエリート」

2021/03/22

「1番・投手」は2016年以来5年ぶり  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が21日(日本時間22日)、サンディエゴ・パドレスとのオープン戦に「1番・投手」で先発出場。投げてはMAX101.9マイル(約164キロ)の速球を軸に4回2安打1失点、打っては2打数2安打1四球の活躍だった。米公式サイト『MLB.com』が同日、報じている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    「投手」大谷は、オープン戦3試合目の登板。初回に1点を失ったものの、フェルナンド・タティスJr. 内野手から三振を奪うなど、順調な調整ぶりを披露 ... 続きを見る


モデルチェンジを繰り返して達成。セイバー視点で見る坂本勇人2000本安打到達の軌跡【データで解く野球の真実】

2020/12/11

2020年11月8日、巨人の坂本勇人が2000安打を達成した。31歳10か月での達成はNPB史上2番目の若さ、1783試合での達成は8位のスピード記録とのことである。今回はセイバーメトリクスの視点で、坂本がどのように自らの打撃を改造し2000本安打に到達したかについて迫ってみたい。... 続きを見る


巨人・坂本勇人、史上53人目の2000本安打達成へ 歴代最速試合数、最年少の達成者は?

2020/10/30

現役では鳥谷敬と内川聖一が達成  読売ジャイアンツの坂本勇人内野手は29日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズ戦で2安打を放ち、通算2000安打まであと「5」本とした。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    坂本は、10月29日終了時点で、1775試合に出場し、1995安打をマーク。巨人は残り10試合を残しており、今季中に達成すれば、史上2番目の若さとなる31歳10カ月での偉業となる。    歴代の達成者の中で、史上最速の試合数は、1646試合で達成した川上哲治氏(当時巨人)。NPB通算200 ... 続きを見る


星稜の奥川恭伸が菊池雄星、今宮健太らに並ぶ154キロをマーク。甲子園史上最速は?【全国高校野球】

2019/08/13

 第101回全国高校野球選手権大会が13日に第8日を迎え、第2試合では星稜(石川)の奥川恭伸(3年)が、立命館宇治(京都)相手に自身最速となる154キロをマークした。    全国高校野球では、2004年(平成16年)の第76回春の選抜から導入されたスピードガン。電光掲示板に150キロを超える数字が表示されると球場がざわめく光景は、すっかり馴染みのものとなっている。    スピードガン球場表示導入以降の最高速度は、2007年に仙台育英の佐藤由規(現東北楽天ゴールデンイーグルスに登録名「由規」で在籍)が智弁学園を相手にマークした155キロ。その6年後の2013年には、済美の安樂 ... 続きを見る


星稜・奥川恭伸、最重要局面でのリリーフはペース配分に苦戦。自己最速154キロには「まだまだ」【全国高校野球】

2019/08/13

<第8日 第2試合 2回戦 ○星稜 6―3 立命館宇治●>(13日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は13日に8日目を迎え、第2試合では星稜(石川)が立命館宇治(京都)を下して5年ぶりの3回戦進出。奥川恭伸(3年)は、元花巻東の菊池雄星(現シアトル・マリナーズ)らが記録した球速154キロをマークするなど、立命館宇治打線の勢いを止めた。    この日も午前6時30分に満員通知が発表されるなど、多くの観客が詰めかけた甲子園。1回戦では、9回94球完封勝利を挙げた奥川だが、この日は2年生の荻原吟哉が先発マウンドに上がった。    奥川は、2番手の ... 続きを見る