プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】立教大・荘司康誠(しょうじこうせい)の特徴・成績・評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/18

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、立教大学の荘司康誠だ。

 

 
 荘司は、新潟明訓高から立教大に入学した右腕(右打)。身長188センチ、体重88キロ(立教大野球部のHPより)。
 

 新潟明訓高では、外野手から投手へ転向。2年春から公式戦登板を果たし、3年時にはエースナンバーを背負ったが、目立った実績を残すことはできなかった。
 

 立教大に進学後、フォーム改造が裏目に出て肩の故障に苦しんだ。しかし、地道なリハビリと努力が実って3年春にリーグ戦デビューを果たした。同年秋から先発を任され、6試合(24回1/3)を投げて防御率2.22と安定した投球を披露。4年時には大学日本代表のメンバーに選出されるまでに成長した。
 

 

 長身から投げ下ろす最速153キロの直球を軸に、スライダー、カーブ、フォークなどの球種で投球を組み立てる。制球力に課題が残るものの、恵まれた体格に加えて投手経験の短さ、けがのブランクなどを考慮すると、伸びしろは抜群。東北楽天ゴールデンイーグルスがドラフト1位指名を公表した。