プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



場内が沸いた!プロ野球ドラフト会議で起こった「サプライズ指名」選手5人

2022/09/29

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 まさかの一本釣りや涙の入団拒否など、ドラフト会議ではさまざまなドラマが巻き起こる。長い歴史の中では「サプライズ」と呼ばれた指名もあり、場内が沸いた瞬間は野球ファンの印象に残っているはずだ。そこで今回は、ドラフト会議で起こったサプライズ指名選手を5人紹介する。

 

 

大山悠輔


出身:茨城県
投打:右投右打
身長/体重:181cm/92kg
生年月日:1994年12月19日
ドラフト:2016年ドラフト1位
 
 現在は阪神タイガースの4番を務めることもある大山悠輔。チームに欠かせない戦力として活躍しているが、大山のキャリアは屈辱から始まったと言えるかもしれない。
 
 つくば秀英高校(茨城県)から白鴎大学に進学した大山は、1年生の春からレギュラーを獲得。強打のサードとして活躍し、大学4年の春にはリーグ戦で打率.417・8本塁打という数字を残した。大学通算で16本塁打を放ち、大学の日本代表では4番を任されるほどの選手だった。
 
 ただ、2016年のドラフトは好投手が多くいたため、「大山がドラフト1位で指名される」と考えた野球ファンは少なかっただろう。田中正義や佐々木千隼、柳裕也など有力な投手がいた中で、当時阪神の監督だった金本知憲は大山を単独で1位指名したのだ。指名が発表された瞬間、会場からは「えー」という声が漏れたことは記憶に新しい。
 

 
 それでも、大山は2年目に11本塁打で2桁本塁打を記録すると、3年目の2019年は143試合に全試合出場。1年間フルで試合に出続けた。また、2020年は28本塁打を放ち、岡本和真と最後まで本塁打王のタイトルを争った。屈辱から始まったスタートだったが、大山がプロのキャリアを終える時、タイガースファンが惜しむことは間違いないだろう。

1 2 3 4 5