データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:奪三振

【NPB投手】2021年度セ・リーグ 投手個人成績ランキング各部門一覧(防御率・勝利数・奪三振ほか)|プロ野球データ

2021/09/21

防御率 1 柳 裕也 (中) 2.12 2 青柳 晃洋 (神) 2.55 3 大野 雄大 (中) 2.90   勝利 1 青柳 晃洋 (神) 10 1 秋山 拓巳 (神) 10 1 髙橋 優貴 (巨) 10   セーブ 1 スアレス (神) 32 2 栗林 良吏 (広) 24 3 三嶋 一輝 (デ) 21   HP 1 清水 昇 (ヤ) 37 2 岩崎 優 (神) 31 3 ( 3 投手 ) 30   奪三振 1 柳 裕也 (中) 143 2 戸郷 翔征 (巨) 113 3 森下 暢仁 (広) 107   勝率 1 青柳 晃洋 (神) .769 ... 続きを見る


【NPB投手】2021年度パ・リーグ 投手個人成績ランキング各部門一覧(防御率・勝利数・奪三振ほか)|プロ野球データ

2021/09/21

防御率 1 山本 由伸 (オ) 1.46 2 宮城 大弥 (オ) 2.26 3 田中 将大 (楽) 3.075   勝利 1 山本 由伸 (オ) 14 2 宮城 大弥 (オ) 11 2 髙橋 光成 (西) 11   セーブ 1 益田 直也 (ロ) 33 2 松井 裕樹 (楽) 24 3 杉浦 稔大 (日) 20   HP 1 堀 瑞輝 (日) 35 2 佐々木 千隼 (ロ) 29 3 酒居 知史 (楽) 27   奪三振 1 山本 由伸 (オ) 165 2 則本 昂大 (楽) 118 3 石川 柊太 (ソ) 115   勝率 1 宮城 大弥 ( ... 続きを見る


二刀流・大谷翔平は何位? MLBア・リーグ各部門のランキングトップ10は?<投手大谷編>

2021/09/15

勝利 勝利数では、現在ゲリット・コール(ヤンキース)が15勝でトップ。大谷はここまで21試合に登板し、9勝2敗の成績だ。全体トップはフリオ・ウリアス(ドジャース)の17勝。(9月15日時点) 1位:ゲリット・コール(ヤンキース) 15勝 2位:柳賢振(ブルージェイズ) 13勝 3位:クリス・バシット(アスレチックス) 12勝 3位:スティーブン・マッツ(ブルージェイズ) 12勝 3位:ランス・マッカラーズJr.(アストロズ)12勝 3位:フランキー・モンタス(アスレチックス)12勝 3位:カルロス・ロドン(ホワイトソックス)12勝 8位:ホセ・ベリオス(ブルージェイズ)11勝 8位:ディラン・ ... 続きを見る


【東京五輪】女子ソフトボール オープニングラウンド 打撃成績・投手成績ランキング【東京オリンピック】

2021/07/26

打率ランキング 順位表 選手 チーム 打席 打数 安打 打率 1 ヘイリー・マクレニー USA 18 14 9 .643 2 ジェニファー・サリング CAN 17 12 7 .583 3 藤田倭 JPN 15 14 5 .357 4 山本優 JPN 16 15 5 .333 5 テイラー・ツィツィクロニス AUS 15 9 3 .333 6 リー・ゴドフリー AUS 18 15 5 .333 7 アニサ・ウルテス MEX 17 16 5 .313 8 ラリッサ・フランクリン CAN 18 15 4 .267 9 ビクトリア・ビダレス MEX 16 15 4 .267 10 内藤実穂 JPN 1 ... 続きを見る


ダルビッシュ有の順位成績は? サイ・ヤング賞は獲れる? ナ・リーグ投手各部門のランキングトップ5【MLB2021】

2021/06/22

※規定投球回以上   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   日本時間6月22日時点 勝利数 1位:カイル・ヘンドリクス(カブス) 9勝(4敗) 1位:フリオ・ウリアス(ドジャース) 9勝(3敗) 3位:ジャック・フラハティ(カージナルス) 8勝(1敗) 3位:クレイトン・カーショウ(ドジャース) 8勝(6敗) 3位:ブレント・スーター(ブリュワーズ) 8勝(3敗) 7位:ダルビッシュ有(パドレス) 7勝(2敗) ほか6選手 防御率 1位:ジェイコブ・デグロム(メッツ) 防御率0.50 2位:ケビン・ガウスマン(ジャイアンツ ... 続きを見る


カープの開幕投手・大瀬良大地、千葉ロッテの開幕投手・二木康太が3部門でトップ…オープン戦のタイトル選手は?<投手編>

2021/03/22

 プロ野球は21日、オープン戦の全日程が終了。開幕へ向けて調整を続ける主力選手もいる傍ら、期待の新戦力も数多く台頭した。あくまでも参考記録ではあるが、オープン戦のタイトル選手を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   野手編はこちら 【次ページ】防御率・勝利・勝率... 続きを見る


メジャー移籍目指す菅野智之 各指標が示すプロ8年間の変貌、ターニングポイントは意外なシーズンに

2020/12/20

 読売ジャイアンツは8日、菅野智之投手のポスティングシステムを利用したメジャー移籍の承認を発表。同日からメジャー30球団との交渉が解禁された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    菅野は、東海大卒業後に1年間の浪人期間を経て2012年ドラフト1位で巨人に入団。チームのエースとして沢村栄治賞2回を始めとした数々のタイトルを受賞し、通算101勝を挙げた。    今回は、セイバーメトリクスの指標で菅野の投球を振り返り、プロ8年間の変貌に迫る。 唯一2桁勝利逃した2016年がさらなる飛躍のきっかけに   ... 続きを見る


高い奪三振能力誇る広島・森下暢仁と巨人・戸郷翔征、2020年シーズンのセ・リーグ新人王は? 

2020/11/19

 プロ野球は14日、公式戦全日程を終了。セ・パ両リーグの個人タイトル受賞選手も確定した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    今後発表されていく表彰には最優秀選手賞(MVP)、沢村賞、新人王などを残している。今回は広島東洋カープの森下暢仁投手、読売ジャイアンツの戸郷翔征投手で一騎打ちとなっているセントラル・リーグ新人王にフォーカスする。 森下暢仁と戸郷翔征の成績比較    森下は、今季明治大を経てドラフト1位で広島に入団した即戦力ルーキーだ。順当に開幕ローテーション入りを掴むと、プロ初登板となった6月21 ... 続きを見る


リーグ6位の打率残した楽天・小深田大翔と最多登板の西武・平良海馬、パ・リーグ新人王を獲得するのは?

2020/11/19

 プロ野球は14日、公式戦全日程を終了。セ・パ両リーグの個人タイトル受賞選手も確定した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    今後発表されていく表彰には最優秀選手賞(MVP)、沢村賞、新人王などを残している。今回は東北楽天ゴールデンイーグルスの小深田大翔内野手、埼玉西武ライオンズの平良海馬投手で一騎打ちとなっているパシフィック・リーグ新人王にフォーカスする。 小深田大翔と平良海馬の今季成績    小深田は、今季大阪ガスからドラフト1位で楽天に入団した即戦力ルーキーだ。順当に開幕一軍入りを果たすと、序盤は代 ... 続きを見る


山本由伸と涌井秀章が2冠、浅村栄斗は本塁打王へ浮上ーー9月終了時点のタイトル選手は?<パ・リーグ編>

2020/10/04

 新型コロナウイルスによる日程延期を経て、6月19日に開幕したプロ野球。7月10日からは有観客試合、9月19日からは入場者数を増員して開催するなど、少しずつ以前の光景を取り戻している。今回は、9月終了時点のタイトル選手を紹介していきたい。(成績は9月30日終了時点)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】打者成績(打率、本塁打、打点)... 続きを見る


佐野恵太が首位打者と最多安打の2冠に浮上、菅野智之は3冠を維持ーー9月終了時点のタイトル選手は?<セ・リーグ編>

2020/10/04

 新型コロナウイルスによる日程延期を経て、6月19日に開幕したプロ野球。7月10日からは有観客試合、9月19日からは入場者数を増員して開催するなど、少しずつ以前の光景を取り戻している。今回は、9月終了時点のタイトル選手を紹介していきたい。(成績は9月30日終了時点)  今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】打者成績(打率、本塁打、打点)... 続きを見る


涌井秀章が3冠、中田翔は2部門でトップ、柳田悠岐は意外にも無冠にーー8月終了時点のタイトル選手は?<パ・リーグ編>

2020/09/04

 新型コロナウイルスによる日程延期を経て、6月19日に開幕したプロ野球。7月10日からは有観客試合として開催されるなど、少しずつ以前の光景を取り戻している。今回は、8月終了時点のタイトル選手を紹介していきたい。(成績は8月31日終了時点)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】打者成績(打率、本塁打、打点)... 続きを見る


菅野智之が3冠、岡本和真、村上宗隆は2部門でトップにーー8月終了時点のタイトル選手は?<セ・リーグ編>

2020/09/04

 新型コロナウイルスによる日程延期を経て、6月19日に開幕したプロ野球。7月10日からは有観客試合として開催されるなど、少しずつ以前の光景を取り戻している。今回は、8月終了時点のタイトル選手を紹介していきたい。(成績は8月31日終了時点)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】打者成績(打率、本塁打、打点)... 続きを見る


ソフトバンク柳田悠岐が3部門でトップ、種市篤暉は最優秀防御率に――6・7月度月間タイトル選手は?<パ・リーグ編>

2020/08/05

 新型コロナウイルスによる日程延期を経て、6月19日に開幕したプロ野球。7月10日からは有観客試合として開催されるなど、少しずつ以前の光景を取り戻している。今回は、6、7月度を振り返り、月間のタイトル選手を紹介していきたい。(成績は7月31日終了時点)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】打者成績(打率、本塁打、打点)... 続きを見る


再ブレイクを見せたカープ堂林翔太が首位打者、菅野智之は4部門でトップに――6・7月度月間タイトル選手は?<セ・リーグ編>

2020/08/04

 新型コロナウイルスによる日程延期を経て、6月19日に開幕したプロ野球。7月10日からは有観客試合として開催されるなど、少しずつ以前の光景を取り戻している。今回は、6、7月度を振り返り、月間のタイトル選手を紹介していきたい。(成績は7月31日終了時点)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】打者成績(打率、本塁打、打点)... 続きを見る


【部門別一覧】MLB最高の選手は誰だ! 能力値ランキング(2019シーズン版)

2020/07/23

野手編 ◇総合ランキング 1~5位 6~10位 11~15位 16~20位 21~25位   ◇パワー部門 1~5位   ◇コンタクト部門 1~5位   ◇出塁能力部門 1~5位   先発投手編 ◇総合ランキング 1~5位 6~10位 11~15位 16~20位   ◇奪三振部門 1~5位   ◇投球効率部門 1~5位   リリーフ投手編 ◇総合ランキング 1~5位 6~10位 11~15位 16~20位   ◇速球部門 1~5位   ◇奪三振部門 1~5位 日本人選手編 菊池雄星 ダルビッシュ有 田中将 ... 続きを見る


MLB最高の選手は誰だ! 救援投手能力値ランキング奪三振部門1位~5位。リリーフ最高の「ドクターK」は?(2019シーズン版)

2020/07/21

マイク・トラウトやジャスティン・バーランダーを筆頭に、MLBには数々のスター選手が存在する。そして、それらの選手をあらゆる視点から分析することも野球観戦の醍醐味だろう。今回ベースボールチャンネル編集部では、メジャー屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(年俸は『BASEBALL REFERENCE』、変化球割合は『MLB.com』を参考)。※成績は2019シーズンのみ、サイン盗み等を考慮しないものとする ... 続きを見る


カープドラ1森下暢仁が最多奪三振、防御率は種市篤暉がトップ…オープン戦のタイトル選手は?<投手編>

2020/03/16

 プロ野球オープン戦が15日、全日程を終了した。新型コロナウイルス感染症の影響で3月20日に予定されていた開幕が延期となったが、オープン戦では今季の活躍に期待したい選手が数多く現れた。あくまでも参考記録だが、オープン戦のタイトル選手を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】防御率・勝利・勝率... 続きを見る


ロッキーズ伏兵が打率4割超、ドジャース有望株は最多5発! エンゼルス右腕も躍動【MLBオープン戦個人成績】

2020/03/15

若手のアピール目立つ!昨季ブレイクの選手も好調維持  メジャーリーグは新型コロナウイルスの米国内での感染拡大のため残りのオープン戦の中止とレギュラーシーズン開幕の少なくとも2週間の延期が決定された。オープン戦はこれまでにシンシナティ・レッズ(8試合)を除く全球団が10試合以上を消化しているが、個人成績でどの選手が活躍していたかを振り返ってみよう。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    スプリングトレーニング(春季キャンプ)は東部のフロリダ州と西部のアリゾナ州に各15球団が分かれて行われる。フロリダ州は「グレープフルー ... 続きを見る


MLBの三振数が12年連続で歴代最多更新 本塁打数激増の反動か。200奪三振の投手も最多

2019/09/25

2008年から続く怪記録、100三振以上の打者は150人超  メジャーリーグは24日(日本時間25日)、シーズン通算三振数が4万1208個に達し、12年連続で三振数を更新した。米スポーツ専門サイト『ESPN』が伝えている。    タンパベイ・レイズのウィリー・アダメズ内野手が、24日に本拠地で行われたニューヨーク・ヤンキース戦の5回にスティーブン・タープリー投手に空振り三振。これが今季メジャーリーグで記録された4万1208個目の三振となり、2018年に記録された三振数を更新し歴代最多となった。    同サイトによると、三振数の記録が更新されたのは2008年以来12年連続。そ ... 続きを見る


アストロズの剛腕コール、球団新記録の316奪三振 7回0封14Kで19勝目、先発陣が貯金荒稼ぎ

2019/09/25

J.R.リチャード氏の記録を40年ぶりに更新  すでにアメリカン・リーグ西地区優勝を決めているヒューストン・アストロズのゲリット・コール投手が24日(日本時間25日)、敵地Tモバイルパークでのシアトル・マリナーズ戦に先発登板し、7回無失点14奪三振の快投で19勝目。今季の奪三振数を316個とし、アストロズの球団記録を更新した。  試合前まで今季302奪三振としていたコールが、今季1度も負傷者リスト(IL)入りすることなく迎えた32試合目の登板でまたも奪三振ショーを見せた。    初回をわずか8球で1三振を含む3者凡退に抑えると、100マイル(約161キロ)に迫るフォーシームやスライダ ... 続きを見る


マリナーズ・ヘルナンデス、大型契約最終年も来季へ意欲「チャンスある」 通算奪三振で殿堂選手抜く

2019/08/30

今季残り登板は5試合か。残留か移籍か…奮闘続ける  シアトル・マリナーズの“キング”ことフェリックス・ヘルナンデス投手が29日(日本時間30日)、敵地グローブライフ・パークでのテキサス・レンジャーズ戦に先発して5回3失点。勝利投手にはなれなかったが、歴代単独37位となる通算2508奪三振をマークした。    試合前まで2505奪三振としていたヘルナンデスは、初回にソロ本塁打を浴び先制を許したが、マリナーズは2回に3得点し逆転に成功。リードをもらった右腕は、直後の投球で1点を返されるも2三振を記録した。    そして続く3回は1死からダニー・サンタナ内野手に対してフルカウント ... 続きを見る


最強右腕バーランダー、7回15奪三振でダルビッシュが持つ球場記録に並ぶ アストロズは延長14回の末敗れる

2019/06/13

 ヒューストン・アストロズのジャスティン・バーランダー投手が12日(日本時間13日)、本拠地ミニッツメイド・パークでのミルウォーキー・ブリュワーズ戦に先発登板。7回を投げ自己最多となる15奪三振をマークした。米公式サイト『MLB.com』が同日伝えている。    今季すでにリーグトップタイの9勝を挙げているバーランダー。10勝目をかけての登板となったこの日、キャリアハイを更新する投球をみせた。    初回、先頭のケインをスライダーで3球三振に仕留め、エンジン全開。ムスタカスからもこの回三振を記録すると、以降は毎回の奪三振ショー。6回と7回のアウトはすべて三振で奪った。この日 ... 続きを見る


【MLB】クリス・セール、21世紀5度目の300奪三振も視野。21試合中14試合で2桁奪三振記録

2017/07/28

 今季からボストン・レッドソックスにトレードで移籍して目覚ましい活躍を続けているクリス・セール投手(28)。細身な体格から最速100マイル近くの速球、チェンジアップ・スラーブなどを駆使して三振を量産する剛腕投手だ。長い腕をコンドルのように横に伸ばすというフォームの特徴から「The condor」の愛称で親しまれている。    今季は開幕から安定感抜群の投球を続け、21試合で148回1/3を投げて13勝4敗、211奪三振、27四球、防御率2.37、Whip(1回あたり何人の走者を出したか表す数値)は0.88を記録。    21試合中14試合で2桁奪三振を記録している奪三振数に ... 続きを見る


楽天・則本が6試合連続2桁奪三振を達成!1991年の野茂氏の日本記録に並ぶ

2017/05/25

 東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大投手は、25日にほっともっとフィールド神戸で行われているオリックス・バファローズ戦に先発登板。    則本は8回に中島から三振を奪い、この試合10奪三振と2桁奪三振に到達。NPB最多となる6試合連続2桁奪三振を達成し、1991年の野茂英雄氏の持つ日本記録と並んだ。    この日の則本は、初回に四球と暴投でピンチを作り1点を失ったが、その後は安定感抜群の投球でオリックス打線に追加点を許さない圧巻の投球を披露した。    則本の力投が光り、試合は8回裏終了時点で楽天が4-1とリードしている。... 続きを見る







  • 記者募集