プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



「真・怪物」、「神様の偉業!」…佐々木朗希の完全試合で台湾も騒然。一方「次世代の台湾エース」には心配の声も【海外の反応】

2022/04/12

text By

photo

産経新聞社



台湾プロ野球最新情報

中止になった親善試合に「佐々木朗希との対決機会を失って惜しかった」

 2022年4月10日、日本のプロ野球は佐々木朗希投手(千葉ロッテマリーンズ)の完全試合で、また一つ球界の歴史を塗り替えた。105球、19奪三振の快投は、日本だけではなく、世界中の野球界も沸かせた。特に台湾野球界では、改めて若手ピッチャーの育成の重要性を再確認させられた。

 

 
 佐々木朗の完全試合は、台湾のメディアでも大きく報じられた。『聯合報』、『ETtoday』、『自由時報』なども「真・怪物」、「神様の偉業!」など称賛をし、試合のハイライトもYouTubeで、その日の台湾のアクセスランキングTOP10に入った。
 
 元々シーズン前、日本と台湾は親善試合(ENEOS 侍ジャパンシリーズ2022「日本 vs チャイニーズ・タイペイ」)を開催する予定だったが、コロナ禍の影響で中止となった。佐々木朗も、侍ジャパンのメンバーの一員として招集予定だったことを栗山英樹監督が明かしていることは、台湾にも伝わっている。佐々木朗の大活躍を見て、多くの台湾野球ファンから「佐々木朗希との対決機会を失って惜しかった」というコメントも続出した。
 
 佐々木朗希以外にも、日本では次世代を背負っているピッチャー陣が、着々と頭角を現している。山本由伸投手、奥川恭伸投手、宮城大弥投手など、若くして一流と言えるピッチャーが、来年のWBCにも絶対的な主力として登場するだろう。台湾と韓国の代表チームは、頭を悩ませている。

 台湾野球界の若手の「大器」を挙げれば、李晨薰(台湾国立体育大学、20歳)、古林睿煬(統一ライオンズ、21歳)と徐若熙(味全ドラゴンズ、21歳)の3人だ。3人とも先住民族で、桃園の名門平鎮高校を卒業した選手である。
 
 その3人の中で、李晨薰は2019年のWBSC U-18ワールドカップに参加したが、肘のけがで不出場だった。その頃は、代わりに王彦程(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)と陳柏毓(ピッツバーグ・パイレーツ傘下1A)が好投。日台戦も王の好投で、当時宮城が先発した日本代表を破っている。
 
 しかし、王彦程と陳柏毓は、まだ日本と米国で奮闘中である一方、同世代の佐々木、奥川と宮城はすでに名を上げている。台湾プロ野球にいる古林睿煬と徐若熙は、二人とも速球派右腕だが、傷病の歴史もあって、これから台湾代表として育っても大事にしなければいけない。
 
 台湾野球界にとって、日本はいつの時代も、良い投手を生み育てる宝庫だ。日本の20代前半の投手陣が成長していく中で、台湾も日本を見習い「次世代台湾のエース育成」という課題を考える時期にきている。
 
 
鄭仲嵐