データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大学野球

侍ジャパン大学日本代表候補選手43人が発表 早稲田大から蛭間拓哉ら3人、慶應大からは廣瀬隆太ら4人が選出

2020/11/17

 全日本大学野球連盟は16日、2021年8月開催予定の「第1回BFAアジア大学野球選手権大会」に出場する「侍ジャパン」大学日本代表の強化合宿を12月4日〜6日に松山坊っちゃんスタジアムで行うと発表。参加する候補選手43人が選出された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    東京六大学秋季リーグ戦で優勝を果たした早稲田大学からは、優勝を決める劇的な決勝2ラン本塁打を放った蛭間拓哉外野手ら3人、惜しくも優勝を逃した慶應義塾大からは、1年生ながら一塁のベストナインにも輝いた廣瀬隆太内野手ら4人がメンバー入りした。 &nbs ... 続きを見る


東京六大学野球優勝の行方は伝統の早慶戦へ 早稲田大・早川隆久と慶應大・木澤尚文のドラ1対決も実現か

2020/11/06

 9月19日に秋季リーグの開幕を迎え、第7週までを終えた六大学野球。今年は明治神宮大会の中止が決定し、4年生にとってはリーグ戦が大学最後の晴れ舞台となる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    優勝争いは早稲田大、慶應大の2校に絞られ、第8週では優勝を懸けた伝統の早慶戦が行われる。    第7週終了時点でリーグ1位に立っているのは、6勝2分、勝ち点7としている慶應大だ。2季ぶりの優勝を狙う今季は、東京ヤクルトスワローズからドラフト1位指名を受けたエース・木澤尚文投手(4年)、森田晃介投手(3年)の先発右腕が ... 続きを見る


プロ志望届未提出のドラフト候補は? 昨夏甲子園優勝投手、U-18日本代表経験者、大学屈指の遊撃手ら逸材揃う

2020/10/25

 10月26日に開催されるプロ野球ドラフト会議。今年は高校生216人、大学生158人で史上最多となる374人がプロ志望届を提出した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    一方で、プロ志望届を提出せずに大学野球、社会人野球の道に進み、数年後のプロ入りを目指すことを決めたドラフト候補たちもいる。 【次ページ】高校生... 続きを見る


ドラフト1位競合必至の苫小牧駒澤大・伊藤大海とは。完成度高い即戦力右腕 大学日本代表では守護神として活躍【ドラフト2020】

2020/10/09

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト1位で競合必至といわれている苫小牧駒澤大(北海道学生野球連盟)の伊藤大海投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    北海道出身の伊藤は、鹿部クラップーズ(鹿部小)、函館東シニア(鹿部中)、駒大苫小牧高、駒澤大中退を経て、苫小牧駒澤大に入学した右投左打の投手。身長176センチ、体重80キロ(野球日本代表「侍ジャパン」HPより)。    駒大苫小牧高時代には、2年春に甲子園へ出場。下級生ながらエース格として ... 続きを見る


東海大札幌キャンパス・赤尾光祐とは。長打力光る右の大砲候補【ドラフト2020】

2020/10/08

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる東海大札幌キャンパス(札幌学生野球連盟)の赤尾光祐外野手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    東京都出身の赤尾は、東海大相模高を経て、東海大札幌キャンパスに入学した右投右打の外野手。身長181センチ、体重92キロ(東海大札幌キャンパス野球部HPより)。    東海大相模高時代には、2年夏に甲子園制覇を果たすが、赤尾自身はベンチ入りするも出場はなし。3年夏には主軸として活躍したが、 ... 続きを見る


上武大・古川裕大とは。大学ナンバー1の呼び声高い強肩強打の即戦力捕手 3年時には大学日本代表に選出【ドラフト2020】

2020/10/07

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる上武大(関甲信学生野球連盟)の古川裕大捕手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    福岡県出身の古川は、長峰クラブ(福岡県八女市立長峰小)、久留米ボーイズ(福岡県八女市立福島中)、久留米商業高を経て、上武大に入学した右投左打の捕手。身長182センチ、体重83キロ(上武大野球部HPより)。    久留米商業高時代には、クリーンアップを担う正捕手としてチームの要となったが、甲子園出場は果 ... 続きを見る


上武大・佐藤蓮とは。今季リーグ戦初登板の突如現れた最速155キロ右腕【ドラフト2020】

2020/10/06

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる上武大(関甲信学生野球連盟)の佐藤蓮投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    静岡県出身の佐藤は、飛龍高を経て、上武大に入学した右投右打の投手。身長188センチ、体重102キロ(上武大野球部HPより)。    飛龍高時代には、エースとして活躍した時期もあったが、けがが重なり目立った活躍はできず。3年夏には野手としてプレーするも、甲子園出場は果たせなかった。    上武大 ... 続きを見る


獨協大・並木秀尊とは。圧倒的な脚力誇る大学屈指のリードオフマン【ドラフト2020】

2020/09/30

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる獨協大(首都大学野球連盟)の並木秀尊外野手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    埼玉県出身の並木は、市立川口高を経て、獨協大に入学した右投右打の外野手。身長170センチ、体重70キロ(獨協大野球部HPより)。    市立川口高時代の甲子園出場経験はないが、中心選手として活躍し、チーム事情から捕手を務めた経験も持つ。    獨協大では、2年時から中堅のレギュラーを掴むと、 ... 続きを見る


八戸学院大・大道温貴とは。1年時から目覚ましい活躍見せる本格派右腕【ドラフト2020】

2020/09/29

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる八戸学院大(北東北大学野球連盟)の大道温貴投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    埼玉県出身の大道は、春日部共栄高を経て、八戸学院大に入学した右投右打の投手。身長178センチ、体重83キロ(八戸学院大野球部HPより)。    春日部共栄高での甲子園出場経験はないが、最上級生となった2年秋からはエースとしてチームを牽引。3年夏には準決勝で高橋昴也(現広島東洋カープ)らを擁する花咲 ... 続きを見る


立命館大・榮枝裕貴とは。高い盗塁阻止能力が売りの強肩捕手【ドラフト2020】

2020/09/28

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる立命館大(関西学生野球連盟)の榮枝裕貴捕手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    高知県出身の榮枝は、高知高を経て、立命館大に入学した右投右打の捕手。身長179センチ、体重79キロ(立命館大野球部HPより)。    高知高での甲子園出場経験はないが、「4番・捕手」としてチームの大黒柱を担った。    立命館大では、1年秋からベンチ入り。1学年上にチームの要を担った大本拓海 ... 続きを見る


日体大・森博人とは。最速155キロの速球と多彩な変化球操る右腕【ドラフト2020】

2020/09/27

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる日体大(首都大学野球連盟)の森博人投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    愛知県出身の森は、豊川高を経て、日体大に入学した右投右打の投手。身長177センチ、体重77キロ(日体大野球部HPより)。豊川高時代はエースとして活躍するも、激戦区愛知を勝ち抜くことはできず、甲子園出場はならなかった。    日体大では、1年春からベンチ入り。以降も登板を重ね、3年時には主戦級の投手に成長し ... 続きを見る


東海大・小郷賢人とは。クローザー担う豪腕投手 2年時には大学日本代表に選出【ドラフト2020】

2020/09/26

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる東海大(首都大学野球連盟)の小郷賢人投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    岡山県出身の小郷は、庄スポーツ少年団(庄小)、ファイターズ岡山(庄中)、関西高を経て、東海大に入学した右投右打の投手。身長180センチ、体重80キロ(野球日本代表「侍ジャパン」HPより)。    関西高時代の甲子園出場経験はないが、潜在能力の高い豪腕投手として、プロからも注目を集めた。     ... 続きを見る


東北福祉大・元山飛優とは。2年春にはリーグ4冠を獲得 3年時には大学日本代表に選出【ドラフト2020】

2020/09/25

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる東北福祉大(仙台六大学野球連盟)の元山飛優内野手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    大阪府出身の元山は、城東ジュニアコンドルズ(大阪府東大阪市立菱屋西小)、生駒ボーイズ(大阪府東大阪市立上小阪中)、佐久長聖高を経て、東北福祉大に入学した右投左打の内野手。身長180センチ、体重78キロ(東北福祉大野球部HPより)。佐久長聖高時代には、1年夏、3年夏に甲子園出場を果たし、ともに内野のレギュラ ... 続きを見る


東北福祉大・山野太一とは。高川学園高時代には甲子園初出場の原動力に 大学1年時から主戦担う好左腕【ドラフト2020】

2020/09/24

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる東北福祉大(仙台六大学野球連盟)の山野太一投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    山口県出身の山野は、高川学園高を経て、東北福祉大に入学した左投左打の投手。身長 172センチ、体重77キロ(東北福祉大野球部HPより)。高川学園高では、エースとして3年夏の山口県大会を制し、創部初の甲子園出場に導いた。    東北福祉大では、1年春からベンチ入りを果たすと、主戦級の活躍で新人賞を受 ... 続きを見る


亜細亜大・内間拓馬とは。戦国東都の150キロ右腕 3年時には大学日本代表に選出【ドラフト2020】

2020/09/21

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる亜細亜大(東都大学野球連盟)の内間拓馬投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    沖縄県出身の内間は、本部少年野球クラブ(沖縄県本部町立本部小)、沖縄県本部町立本部中、宜野座高を経て、亜細亜大に入学した右投右打の投手。身長178センチ、体重88センチ(亜細亜大野球部HPより)。    亜細亜大では、1年秋からベンチ入り。3年春には主戦投手に成長し、9試合(58回)を投げ、2勝3敗と ... 続きを見る


仙台大・宇田川優希とは。最速152キロを誇る大型右腕【ドラフト2020】

2020/09/20

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる仙台大(仙台六大学野球連盟)の宇田川優希投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    埼玉県出身の宇田川は、八潮南高を経て、仙台大に入学した右投右打の投手。身長184センチ、体重95キロ(野球日本代表「侍ジャパン」HPより)。高校時代の甲子園出場経験はなく、現在は同野球部の副主将を務めている。    仙台大では、1年春からベンチ入りを果たし、3年春、秋と2季連続で規定投球回に到達。特 ... 続きを見る


東洋大・村上頌樹とは。春のセンバツ甲子園優勝投手 大学3年春にはリーグMVP含む4冠に【ドラフト2020】

2020/09/19

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる東洋大(東都大学野球連盟)の村上頌樹投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    兵庫県出身の村上は、賀集少年野球クラブ(兵庫県南あわじ市立賀集小)、アイランドホークス(兵庫県南あわじ市立南淡中)、智辯学園高を経て、東洋大に入学した右投左打の投手。身長174センチ、体重75キロ(東洋大野球部HPより)。高校時代は、春夏通じて3度の甲子園出場を果たし、特に3年春のセンバツでは、エースとして同校を ... 続きを見る


法政大・鈴木昭汰とは。常総学院高時代に3度の甲子園出場に導いた左腕【ドラフト2020】

2020/09/18

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト1位候補として名前が挙がる法政大(東京六大学野球連盟)の鈴木昭汰投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    茨城県出身の鈴木は、常総学院高を経て、法政大に入学した左投左打の投手。身長175センチ、体重81キロ(法政大野球部HPより)。常総学院高時代には、春夏通じて3度の甲子園出場を果たした。3年夏の甲子園では、3回戦で寺島成輝(現東京ヤクルトスワローズ)らを擁する優勝候補の履正社高から完投勝利を収め、ベスト8に進 ... 続きを見る


慶應大・佐藤宏樹とは。けがから復活の本格派左腕 1年秋には最優秀防御率に【ドラフト2020】

2020/09/17

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる慶應大(東京六大学野球連盟)の佐藤宏樹投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    秋田県出身の佐藤は、大館鳳鳴高を経て、慶應大に入学した左投左打の投手。身長180センチ、体重80キロ(慶應大野球部HPより)大館鳳鳴高時代の甲子園出場経験はない。    慶應大では、1年春からベンチ入りを果たすと、秋には防御率1.03で1年生ながら最優秀防御率のタイトルを獲得。リーグ優勝に大きく貢献し ... 続きを見る


明治大・入江大生とは。作新学院高時代は4番打者として3試合連続弾放ち夏の甲子園制覇【ドラフト2020】

2020/09/16

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる明治大(東京六大学野球連盟)の入江大生投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    栃木県出身の入江は、作新学院高を経て、明治大に入学した右投右打の投手。身長187センチ、体重84キロ(明治大野球部HPより)。作新学院高時代は、3年連続夏の甲子園出場を果たし、3年時には主に「4番・一塁」として3試合連続本塁打を放つ活躍を見せ、見事優勝を果たした。U18高校日本代表にも内野手として選出され、チー ... 続きを見る


立教大・中川颯とは。1年時から幅広い起用法で活躍の長身サブマリン 2年時には大学日本代表にも選出【ドラフト2020】

2020/09/15

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる立教大(東京六大学野球連盟)の中川颯投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    神奈川県出身の中川は、小雀少年野球部(小雀小)、横浜泉シニア(大正中)、桐光学園高を経て、立教大に入学した右投左打の投手。身長184センチ、体重80キロ(立教大野球部HPより)。高校時代の甲子園出場経験はないが、投打で光る才能を見せていた。    大学時代は、1年春からベンチ入りを果たし、主にクローザー ... 続きを見る


東北公益文科大・赤上優人とは。大学1年時に投手転向で一躍ドラフト候補へ【ドラフト2020】

2020/09/14

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる東北公益文科大(南東北大学野球連盟)の赤上優人投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    秋田県出身の赤上は、角館高を経て、東北公益文科大に入学した右投右打の投手。身長175センチ、体重72キロ(東北公益文科大HPより)。高校時代は1年夏に甲子園へ出場し、赤上も1年生ながらベンチ入りを果たした。高校時代は主に内野手として活躍した。    大学野球では、1年時に投手へ転向。同年秋から ... 続きを見る


ドラフト上位指名候補の中央大・五十幡亮汰とは。2、3年秋にベストナインを受賞【ドラフト2020】

2020/09/13

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト上位指名候補として名前が挙がる中央大(東都大学野球連盟)の五十幡亮汰外野手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    栃木県出身の五十幡は、佐野日大高を経て、中央大に入学した右投左打の外野手。身長172センチ、体重64キロ(中央大野球部HPより)。高校時代の甲子園出場経験はなく、現在は同野球部の副主将を務めている    大学野球では、1年春からレギュラーを獲得し、2年秋、3年秋にリーグベストナイン(外野手部 ... 続きを見る


ドラフト上位指名候補の法政大・高田孝一とは。2年時には大学日本代表に選出【ドラフト2020】

2020/09/12

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト上位指名候補として名前が挙がる法政大(東京六大学野球連盟)の高田孝一投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    神奈川県出身の高田は、大上レッツフォアーズ(綾北小)、北の台中、平塚学園高を経て、法政大に入学した右投右打の投手。身長183センチ、体重92キロ(法政大野球部HPより)。高校時代の甲子園出場経験はなく、現在は同校の副主将を務めている。    大学野球では、2年春からベンチ入り。タイトルの受賞歴 ... 続きを見る


ドラフト注目左腕の早大・早川隆久とは。木更津総合高時代は甲子園3度、早稲田でも高い奪三振能力誇る【ドラフト2020】

2020/09/11

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。左の本格派としてドラフト1位の有力候補として名前が挙がっている早稲田大(東京六大学野球連盟)の早川隆久投手には各メディアからも注目度の高さが伝わってくる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    早川は、千葉県出身の左腕(左打)。身長180センチ、体重80キロ(野球日本代表「侍ジャパン」サイトより)。上堺SBC(ソフトボール)、横芝中を経て、高校では名門・木更津総合高の門をたたいた。    木更津総合高時代は、甲子園でベスト8に進出する ... 続きを見る


プロ志望届、高校生は明石商業の中森俊介&来田涼斗らが新たに加わる 大学生は早大・早川隆久、中大・牧秀悟らが提出

2020/09/10

 日本高野連と全日本大学野球連盟は10日、プロ野球志望届提出者の一覧を更新。高校生では、2019年春・夏甲子園ベスト4の明石商から中森俊介投手と来田涼斗外野手らが新たに公示された。また、大学生では、早稲田大の左腕・早川隆久投手らが加わっている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    ほかにも中央大の五十幡亮汰、牧秀悟ら注目選手がプロ志望届を提出。同日時点で、高校生の提出者は178人、大学生は39人となっている。    志望届の提出期限は10月12日。ドラフト会議は10月26日に行われる。   &n ... 続きを見る


ドラフト1位有力候補の慶應大・木澤尚文とは。3年時に全国制覇を経験【ドラフト2020】

2020/09/10

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト1位有力候補として名前が挙がる慶應大(東京六大学野球連盟)の木澤尚文投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    千葉県出身の木澤は、慶應義塾高を経て、慶應大に入学した右投右打の投手。身長182センチ、体重78キロ(慶應大野球部HPより)。高校時代の甲子園出場経験はなく、現在は同野球部の副主将を務めている。    大学野球では、2年春からベンチ入り。タイトルの受賞歴はないが、3年秋のリーグ戦優勝、明治神宮 ... 続きを見る


ドラフト1位有力候補の中央大・牧秀悟とは。大学日本代表では4番打者、3年秋にはリーグMVP獲得【ドラフト2020】

2020/09/09

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト1位有力候補として名前が挙がる中央大(東都大学野球連盟)の牧秀悟内野手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    長野県出身の牧は、キングアニマルズ(中野小)、若穂リトルシニア(南宮中)、松本第一高を経て、中央大に入学した右投右打の内野手。身長178センチ、体重81キロ(中央大野球部HPより)。高校時代の甲子園出場経験はなく、現在は同野球部の主将を務めている。    大学野球では、1年春からレギュラーを獲得 ... 続きを見る


プロ志望届、高校生は津田学園・前佑囲斗らU-18日本代表組が新たに公示 大学生はドラ1候補の明治大・森下暢仁が加わる

2019/09/17

 日本高野連と全日本大学野球連盟は17日、プロ野球志望届提出者の一覧を更新。高校生では、U-18日本代表メンバーの前佑囲斗(津田学園)らが新たに公示された。また、大学生では、ドラフト1位指名候補の明治大・森下暢仁らが加わっている。    前のほかにも、武岡龍世(八戸学院光星)、宮城大弥(興南)らU-18代表勢がプロ志望届を提出。高校生の提出者は74人、大学生は49人となっている。    志望届の提出期限は10月3日。ドラフト会議は10月17日に行われる。     2019年プロ志望届提出者一覧<高校生・大学生>... 続きを見る


高校生野手に指名集中の思惑。気になる根尾の育成方針、指導者の立場で見るプロの世界【小宮山悟の眼】

2018/11/05

今夏の甲子園の盛り上がりもあり、今年のプロ野球ドラフト会議も大きな注目を集めた。11球団が高校生野手を指名した異例のドラフト。最大の目玉候補・根尾昂内野手(大阪桐蔭)は4球団競合の末、中日ドラゴンズが交渉権を獲得。12球団一番乗りで仮契約を結んだことが発表された。(取材:10月26日)... 続きを見る


プロ野球12球団の1位指名は…? ドラフト会議きょう開催

2018/10/25

 2018年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」がきょう25日、東京都内で行われる。プロ志望届を提出した高校・大学の総勢251人に加え、社会人や独立リーグの候補者が運命の時を待つ。    守備では内外野をこなし、打撃にも優れる大阪桐蔭の根尾昂。俊足で長打力を備える藤原恭大。最速152キロのストレートとキレのある変化球を操る金足農業の吉田輝星。1位指名が確実視される3人のほか、高校生候補には報徳学園・小園海斗、浦和学院・渡邉勇太朗ら逸材がそろう。    大学生では、いずれも最速150キロ超を誇る東洋大の上茶谷大河、甲斐野央、梅津晃大の右腕3人に注目だ ... 続きを見る


“高校ビッグ3”の活躍は? 2桁勝利で新人王候補も…2017年ドラフト1位の1年後

2018/10/24

 今季のプロ野球は日本シリーズを残すのみとなった。25日には学生や社会人、独立リーグから新戦力を迎えるドラフト会議が開催される。今年は、大阪桐蔭の根尾昂や藤原恭大、金足農の吉田輝星ら夏の甲子園をわかせた有力株が名を連ねている。    昨年のドラフト会議では、清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲という“高校ビッグ3”が注目を集め、いずれも複数球団競合の末、1位指名を得た。今季1位指名で入団した12選手はどのようなルーキーイヤーを過ごしたのか。 【次ページ】セ・リーグ... 続きを見る


ドラフト、球団別補強ポイントは? 5年後の陣容から探る指名すべき選手<巨人・ヤクルト・広島>

2018/10/23

 プロ野球ドラフト会議が25日に開催される。今年も大阪桐蔭の藤原恭大や根尾昂、金足農の吉田輝星ら注目選手が目白押しだ。各球団はどんな選手を獲得したらいいだろうか。    ドラフト会議は、数年後のチーム編成を見据えた指名が重要だ。現在のローテーション、ラインアップの陣容は5年後いかに変化するかを考え、補強ポイントを探る。    ドラフト注目選手<投手編>・<野手編>と合わせて、読者・ファンの方々には各球団の指名すべき選手を考えながらドラフト会議を楽しんでもらえたらと思う。    今回はセ・リーグの巨人、ヤクルト、広島の3球団の補強ポイントを挙げる。※カッコ内は201 ... 続きを見る


ドラフト、球団別補強ポイントは? 5年後の陣容から探る指名すべき選手<日本ハム・ソフトバンク・西武>

2018/10/22

 プロ野球ドラフト会議が25日に開催される。今年も大阪桐蔭の藤原恭大や根尾昂、金足農の吉田輝星ら注目選手が目白押しだ。各球団はどんな選手を獲得したらいいだろうか。    ドラフト会議は、数年後のチーム編成を見据えた指名が重要だ。現在のローテーション、ラインアップの陣容は5年後いかに変化するかを考え、補強ポイントを探る。    ドラフト注目選手<投手編>・<野手編>と合わせて、読者・ファンの方々には各球団の指名すべき選手を考えながらドラフト会議を楽しんでもらえたらと思う。    今回はパ・リーグの日本ハム、ソフトバンク、西武の3球団の補強ポイントを挙げる。※カッコ内 ... 続きを見る


ドラフト、球団別補強ポイントは? 5年後の陣容から探る指名すべき選手<阪神・中日・DeNA>

2018/10/19

 プロ野球ドラフト会議が25日に開催される。今年も大阪桐蔭の藤原恭大や根尾昂、金足農の吉田輝星ら注目選手が目白押しだ。各球団はどんな選手を獲得したらいいだろうか。    ドラフト会議は、数年後のチーム編成を見据えた指名が重要だ。現在のローテーション、ラインアップの陣容は5年後いかに変化するかを考え、補強ポイントを探る。    ドラフト注目選手<投手編>・<野手編>と合わせて、読者・ファンの方々には各球団の指名すべき選手を考えながらドラフト会議を楽しんでもらえたらと思う。    今回はセ・リーグの阪神、中日、DeNAの3球団の補強ポイントを挙げる。※カッコ内は201 ... 続きを見る


ドラフト、球団別補強ポイントは? 5年後の陣容から探る指名すべき選手<楽天・ロッテ・オリックス>

2018/10/18

 プロ野球ドラフト会議が25日に開催される。今年も大阪桐蔭の藤原恭大や根尾昂、金足農の吉田輝星ら注目選手が目白押しだ。各球団はどんな選手を獲得したらいいだろうか。    ドラフト会議は、数年後のチーム編成を見据えた指名が重要だ。現在のローテーション、ラインアップの陣容は5年後いかに変化するかを考え、補強ポイントを探る。    ドラフト注目選手<投手編>・<野手編>と合わせて、読者・ファンの方々には各球団の指名すべき選手を考えながらドラフト会議を楽しんでもらえたらと思う。    今回はパ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルス、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファ ... 続きを見る


大阪桐蔭・藤原、根尾は競合必至、スラッガータイプもずらり ドラフト会議、注目選手をタイプ別解剖<野手編>

2018/10/17

 プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)が25日に開催される。学生に義務付けられたプロ志望届の提出期限も締め切りとなり、いよいよ本番を迎えるのみとなった。高校・大学総勢251人に社会人・独立リーグ所属選手が12球団の指名を待つ。ドラフト候補者をタイプ別に紹介する。... 続きを見る


吉田輝星は高校トップ評価、大学生候補は豊作年! ドラフト会議、注目選手をタイプ別解剖<投手編>

2018/10/16

 プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)が25日に開催される。学生に義務付けられたプロ志望届の提出期限も締め切りとなり、いよいよ本番を迎えるのみとなった。高校・大学総勢251人に社会人・独立リーグ所属選手が12球団の指名を待つ。ドラフト候補者をタイプ別に紹介する。... 続きを見る


侍ジャパン壮行試合チケットが完売、28日に神宮球場 高校代表は根尾、藤原、吉田ら18選手

2018/08/24

 NPBエンタープライズは24日、「侍ジャパン壮行試合 高校日本代表対大学日本代表」(28日・明治神宮野球場)のチケットがすべて完売したと発表した。当日券の発売もないという。    壮行試合は、9月3日に開幕する「第12回 BFA U18アジア選手権」(宮崎県)に先立ち開催される。高校日本代表には、第100回全国高校野球選手権記念大会で優勝した大阪桐蔭の柿木蓮、根尾昂、藤原恭大ら5選手、準優勝の金足農の吉田輝星が名を連ねている。    アジア選手権は9月3~9日、宮崎県内のアイビースタジアム、サンマリンスタジアム宮崎で開催される。... 続きを見る


MLBドラフト上位選手も多数出場、大学全米一の称号を手にするのは?

2018/06/23

米アマ野球最高峰「CWS」、トーナメントは合理的システム  大学野球の全米一を決める大会「カレッジ・ワールド・シリーズ(CWS)」がネブラスカ州オマハで行われている。米国において、高校までは全国規模の野球大会はなく(リトルリーグの世界大会は数少ない例外)、毎年6月のCWSはアマチュア野球の最高峰とも言える大会だ。大会の全試合はスポーツ専門局「ESPN」で中継される。国民的行事とも言えるカレッジ・フットボールとは比べ物にならないが、野球ファンにとってCWSの注目度は高い。    日本の高校野球の聖地が甲子園球場であるように、CWSは1950年以来ずっとオマハで行われている。一発勝負のト ... 続きを見る


スカウトたちはドラフト候補のどこを見た? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>

2017/10/27

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内で開かれた。広島東洋カープが中日ドラゴンズと競合の末、中村奨成捕手(広陵)との交渉権を獲得するなど、12球団で計114選手が指名された。各球団の指名の決め手は何だったのか。担当スカウトともに球団のコメントを紹介する。... 続きを見る


スカウトたちはドラフト候補のどこを見た? 球団コメントを一挙公開<パ・リーグ>

2017/10/27

2017年プロ野球ドラフト会議が26日、東京都内で開かれた。最大の目玉候補の清宮幸太郎内野手(早実)は7球団競合の末、北海道日本ハムファイターズに決まるなど、12球団で計114選手が指名された。各球団の指名の決め手は何だったのか。担当スカウトとともに球団のコメントを紹介する。... 続きを見る


2017ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2017/10/27

セ・リーグ 東京ヤクルトスワローズ ×清宮幸太郎(内野手・早稲田実業) 1.村上宗隆(捕手・九州学院高) 2.大下佑馬(投手・三菱重工広島) 3.蔵本治孝(投手・岡山商科大学) 4.塩見泰隆(外野手・JX-ENEOS) 5.金久保優斗(投手・東海大市原望洋高) 6.宮本丈(内野手・奈良学園大学) 7.松本直樹(捕手・西濃運輸) 8.沼田拓巳(投手・石川ミリオンスターズ)   中日ドラゴンズ ×中村奨成(捕手・広陵高) 1.鈴木博志(投手・ヤマハ) 2.石川翔(投手・青藍泰斗高) 3.髙松渡(内野手・滝川二高) 4.清水達也(投手・花咲徳栄高) 5.伊藤康祐(外野手・中京大中京高) 6 ... 続きを見る


東京大・宮台は日本ハムが7位指名!東大からのプロ入りは04年の松家以来史上6人目

2017/10/26

 10月26日、2017年度のプロ野球ドラフト会議がグランドプリンスホテル新高輪で行われ、東京大学の宮台康平投手は7巡目で北海道日本ハムファイターズに指名された。    最速150キロを誇る左腕の宮台は、東京大学から史上6人目となるプロ入りを果たした。ちなみに、日本ハムには2004年のドラフト9位で横浜ベイスターズに指名されてプロ入りを果たした、先代の東大出身投手である松家卓弘投手の在籍経験もある。... 続きを見る


2017年プロ野球志望届提出者一覧

2017/10/26

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」がきょう26日、都内で開催される。日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟にプロ志望届を提出したNPBドラフト対象者は、高校生が106人、大学生が105人の計211人となっている。... 続きを見る


新潟医療福祉大の笠原祥太郎がプロ志望届を提出

2016/09/09

9日に加わったプロ志願者は1人  全日本大学野球連盟は9日、2016年度のプロ志望届提出者を更新した。    この日、新たに加わったのは新潟医療福祉大学の笠原祥太郎投手だ。    笠原は左腕から最速147キロのストレートを投げる本格派左腕だ。    プロで需要の多い左腕とあって、スカウトからの評価も上々だ。    新潟医療福祉大は創部して4年目の浅い学校だが、その1期生がドラフト指名されるか注目される。... 続きを見る







  • 記者募集