データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:年俸調停

ロッキーズ、大砲ストーリーと2年30億円で合意へ “全盛期”迎えた男との年俸調停回避

2020/01/25

2021年オフにFA…主砲アレナドと同時流出の可能性も  コロラド・ロッキーズのトレバー・ストーリー内野手が、2年2750万ドル(約30億円)の契約に合意する見込みであることが分かった。米スポーツ専門サイト『ESPN』が24日(日本時間25日)、伝えている。    現在27歳のストーリーは、2016年に27本塁打を放ち鮮烈なデビューを飾ると、その後も本拠地クアーズ・フィールドの地の利を生かしながら長距離砲として活躍した。    2018年には37本塁打、昨季2019年は35本塁打と2年連続で35本塁打以上をマーク。また、デビュー2年間で計15個だった盗塁数が2018年から2 ... 続きを見る


べリンジャーは初年度最高額12.5億円、ベッツは史上最高29.4億円 年俸調停を回避しMLB大物選手が続々契約

2020/01/11

ヤンキース主砲のジャッジは9億3000万円  2019年シーズンのナショナル・リーグ最優秀選手賞(MVP)を獲得したロサンゼルス・ドジャースのコディ・べリンジャー外野手が、年俸調停を回避し1年1150万ドル(約12億5000万円)で契約に合意。年俸調停権を初めて得た選手としては史上最高額の契約となった。米公式サイト『MLB.com』が10日(日本時間11日)、伝えている。    べリンジャーは今季156試合に出場し、打率.305、47本塁打、115打点、121得点、OPS(出塁率.406+長打率.629)1.035とキャリアハイのシーズンを送り、チームの地区7連覇に大きく貢献した。 ... 続きを見る


アストロズ・コレアが年俸調停に勝利! 今季年俸は昨年の5倍に「神に栄光あれ」

2019/02/06

 ヒューストン・アストロズのカルロス・コレア内野手が球団との年俸調停に勝利し、1年500万ドル(約5億5000万円)で契約合意した。昨年は100万ドル(約1億1000万円)と低年俸だったが、今季は大きく飛躍することとなった。5日(日本時間6日)、公式サイト『MLB.com』が伝えた。    コレアは2015年にメジャーデビューすると初年度から遊撃のレギュラーに定着。打率.279、22本塁打、68打点の好成績を残し、新人王に輝いた。2年目、3年目も安定した活躍を見せ、2017年にはオールスターゲーム選出を果たした。しかし、年俸調停初年となった今季はやや成績が低下。最終的には打率.239 ... 続きを見る


アスレチックス、昨季38セーブ右腕が年俸調停に勝利! 今季の成績次第で他球団の標的に

2019/02/03

約3倍増で約7億円に!スモールマーケット球団には大きな負担か  オークランド・アスレチックスのブレイク・トライネン投手が、年俸調停に勝利し、1年640万ドル(約7億円)で契約で合意したことが分かった。2日(日本時間3日)、米スポーツサイト『ESPN』が伝えている。    調停において、トライネン側は昨季年俸の220万ドル(約2億4000万円)から640万ドル(約7億円)への引き上げを要求したのに対し、球団側は560万ドル(約6億2000万円)を提示。結果としてトライネン側が勝利した。    同投手の代理人であるマット・ソスニック氏は自身のツイッターで「最高の投手の一人が再び ... 続きを見る





  • 記者募集