データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



アスレチックス、昨季38セーブ右腕が年俸調停に勝利! 今季の成績次第で他球団の標的に

2019/02/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



約3倍増で約7億円に!スモールマーケット球団には大きな負担か

 オークランド・アスレチックスのブレイク・トライネン投手が、年俸調停に勝利し、1年640万ドル(約7億円)で契約で合意したことが分かった。2日(日本時間3日)、米スポーツサイト『ESPN』が伝えている。
 
 調停において、トライネン側は昨季年俸の220万ドル(約2億4000万円)から640万ドル(約7億円)への引き上げを要求したのに対し、球団側は560万ドル(約6億2000万円)を提示。結果としてトライネン側が勝利した。
 
 同投手の代理人であるマット・ソスニック氏は自身のツイッターで「最高の投手の一人が再び勝利をもたらし、歴史的なシーズンが仕上がった!」と投稿し、高々と勝利宣言。昨季68試合の登板で38セーブ、防御率0.78と驚異的な好成績を収めた30歳右腕が、今季のさらなる飛躍へ向けて最高のスタートを切った。
 
 しかし、高年俸の選手を抱えるのが厳しいアスレチックスにとっては、トライネンのこの“高騰”は複雑なところだ。戦力確保はできたが、これほどの好成績を収めた投手を他球団が放っておくはずはなく、今季の成績次第で獲得を向けた動きは活発になるだろう。