プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



納得いかず“銭闘”へ…年俸調停を申し立てた選手6人(5)申請するも受理されず

2022/11/14

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球はオフシーズンに突入し、フリーエージェント(FA)移籍や契約更改といった話題が多くなってきた。契約更改はスムーズに進むことも多い一方、待遇や評価に納得できず、契約が難航するケースも少なからず存在する。そこで今回は、年俸調停を申し立てた経験がある6人を紹介する。

 

 

G.G.佐藤


投打:右投右打
身長/体重:184cm/98kg
生年月日:1978年8月9日
経歴:桐蔭学園高-法政大-米マイナー
ドラフト:2003年ドラフト7巡目
 
 キャッチーな登録名が印象的なG.G.佐藤は、年俸調停を申し立てたものの申請を受理されなかった1人である。
 
 フィリーズ傘下マイナーリーグを経験した後、テスト入団を経て2004年から西武ライオンズでプレー。ブレイクしたのは2007年、同年は136試合出場で打率.280・25本塁打をマークし、4番を任されることもあった。
 
 この活躍を受けて年俸アップを期待したG.G.佐藤だったが、球団側の提示額とは開きがあり、6度の保留の末に年俸調停を希望した。しかしこの申請は受理されず、再度球団との交渉の場が設けられることとなった。

 

 
 その後も交渉はもつれたが、春季キャンプ中に契約を更改。翌年もチームの中軸として打線を牽引し、打率.302、21本塁打と結果を残した。