データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





トップ10人で平均30億円超!MLB高額年俸ランキング…驚愕の1位は?【編集部フォーカス】

2018/02/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



■第5位


 
デービッド・プライス(ボストン・レッドソックス)
2017年成績:16試合 74.2回 6勝3敗 76奪三振 防御率3.38
2018年年俸:3000万ドル(約33億2200万円)
 
 メジャー屈指の先発左腕であるプライス。200イニング超えは5回、通算127勝、際。ヤング賞も1回選出という実績を誇っているが、昨季は故障の影響で成績を大きく落としてしまった。戦列復帰後はルーキーイヤー以来となるリリーフに専念し、レッドソックスの地区優勝に貢献した。
 
 ツーシーム・フォーシームの2種類の速球を軸にチェンジアップ・カットボールを織り交ぜる投球スタイルだが、近年は球速の低下が懸念されており、今後は速球派の宿命であるモデルチェンジが課題となりそうだ。

【次ページ】第4位

スポンサードリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11