データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





トップ10人で平均30億円超!MLB高額年俸ランキング…驚愕の1位は?【編集部フォーカス】

2018/02/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



■第4位


 
ミゲル・カブレラ(デトロイト・タイガース)
2017年成績:130試合 打率.249(469-117) 16本塁打 60打点 0盗塁 出塁率.329 OPS.728
2018年年俸:3000万ドル(約33億2200万円)
 
 2012年には45年ぶりとなる三冠王を達成し、ベネズエラ出身選手では初となるMVPに輝いたカブレラ。現役No.1打者との呼び声も高く、34歳で通算2636安打、462本塁打、1613打点という成績を残している。
 
 WBCには第1回大会から4回連続出場と積極的に参加しているが、昨年に行われた第4回大会では大不振に。レギュラーシーズンでも調子は戻らず、昨季はレギュラー定着後最低の成績に終わり、打率3割も8年連続で途切れることになった。
 
 首位打者4回、本塁打王・打点王・MVPが2回と圧倒的な実績を残していることもあり、将来の野球殿堂入りもほぼ確実視されている。

【次ページ】第3位

スポンサードリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11