大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



通用する?しない?…メジャーで観たかった現役6人。プロ野球史上でも最強クラスの面々

2023/03/01

text By

photo

産経新聞社



大野雄大(おおのゆうだい)


 
 京都外大西高、佛教大を経て2010年ドラフト1位で中日に入団。2020年に沢村栄治賞を受賞した球界屈指のサウスポーだ。
 
 プロ3年目の2013年に2桁勝利を挙げ、そこから3年連続で安定して2桁勝利(10勝、10勝、11勝)を挙げるなど、先発の柱として成長し、その地位を確かなものにした。2016年には自身初の開幕投手に抜擢され、ここまで計4度の大役をつとめている。
 

 
 2019年には、9月14日の阪神タイガース戦(ナゴヤドーム)で、史上81人目のノーヒットノーランの快挙を成し遂げるなど、自身初となる最優秀防御率の投手タイトルも獲得した。
 
 そして2020年、序盤は勝ち星に恵まれなかったものの、7月31日の東京ヤクルトスワローズ戦で挙げた9回完投勝利から9月1日の広島東洋カープ戦まで、球団タイ記録の5試合連続完投勝利をマーク。45イニング連続無失点も記録した。同年は11勝6敗、10完投、6完封、防御率1.82と圧巻の成績で沢村賞に輝いた。
 
 国際大会では、「第1回WBSCプレミア12(2015年)」「第2回WBSCプレミア12(2019年)」「東京五輪(2021年)」でも日本代表として選出され、世界一も経験した。日本を代表する左腕がメジャーに挑戦していたらどんな成績を残していたのか、想像したくなる選手の一人だ。

1 2 3 4 5 6