データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:地方大会

【全国高校野球】仙台育英、星稜など新たに16校が夏甲子園へ 聖光学院はV13、立命館宇治は37年ぶり

2019/07/28

2017年の覇者・花咲徳栄はV5  第101回全国高校野球選手権大会の地方大会決勝が28日、16会場で行われ、仙台育英(宮城)や花咲徳栄(埼玉)、明徳義塾(高知)など一気に16校が夏の甲子園出場を決めた。    宮城大会では、仙台育英と東北によるライバル対決が決勝の舞台で2年ぶりに実現した。仙台育英は5点を追う3回に一挙7得点し8-6と逆転に成功。その後、逆転、再逆転を繰り返し一歩も譲らない攻防繰り広げられたが、仙台育英が11-10と1点リードした6回に4点を挙げて突き離し15-10で3年連続の夏の切符を手にした。    埼玉大会では、2017年に県勢として初めて選手権優勝 ... 続きを見る


【全国高校野球】米子東が28年ぶり夏切符!前橋育英、関東一も聖地へ 広陵、創志学園は準決勝敗退

2019/07/27

 第101回全国高校野球選手権大会の地方大会決勝が27日、3会場で行われ、前橋育英(群馬)と関東一(東東京)、そして米子東(鳥取)が夏の甲子園切符を勝ち取った。    群馬大会は、前橋育英と前橋商が激突。初回に1点を先制した前橋育英は、5回、7回にも1点ずつ加点し試合を優位に進める。投げては先発の梶塚が9回を投げ切り、3-0で完封勝利を収めた。    東東京大会は、関東一が2年連続の決勝進出で悲願の甲子園出場を狙った都小山台を破った。関東一は4回に2点を先制。その後両チーム無得点のイニングが続く緊迫した展開となったが、8回に関東一が2点を加え4-0で逃げ切った。   ... 続きを見る


【全国高校野球】新たに4校が夏切符 浦和学院が5年ぶり13回目 折尾愛真は悲願の初出場

2018/07/23

 第100回全国高校野球選手権記念大会の地方大会が23日、4会場で決勝戦が行われ、浦和学院(南埼玉)、折尾愛真(北福岡)など4校が甲子園への切符を手にした。    この日決勝戦が行われた地方大会は、南埼玉、北福岡、宮崎、沖縄の4地区。南埼玉代表の浦和学院は、17得点と猛打が爆発。北福岡代表の折尾愛真は、春夏通じて初の甲子園出場となった。    23日に甲子園への切符を獲得した高校は以下の通り。   南埼玉 浦和学院(5年ぶり13回目)   北福岡 折尾愛真(初出場)   宮崎  日南学園(2年ぶり9回目)   沖縄  興南(2年連続1 ... 続きを見る