大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



【2022ソフトバンク・戦力分析】二塁手と中堅手のレギュラー不在が課題も、一定の対策は打てた

2022/03/17

text By

photo

DELTA・竹下弘道



5.総括

 ソフトバンクの補強ポイントは二塁手・中堅手。昨季のマイナスが大きい二塁手に加えて、栗原と柳田を両翼固定するなら中堅手も弱点になる可能性が高い。この穴埋めが得失点差の稼ぎどころとなる。優勝を狙うためには、少なくとも一方は弱点とならないようにしたい。
 
 これらに対する動きを見ると、二塁手にはガルビスと野村勇を獲得、中堅手には有望株の柳町が控えていることに加えて、正木を獲得している。二塁手と中堅手が弱点となる事態を避けるために、打てる手は打ち切ったと言えるのではないだろうか。

 黄金時代を迎えたチームの宿命ともいえるが、現在のソフトバンクは多くのポジションが高齢化しており、どのように世代交代を遂げていくかは長期的な課題だ。ここまで述べたポジション以外でも、世代交代の問題は今後次々に立ち上がってくると思われる。勝ちながら世代交代を進めるという難題に対して、藤本監督はどのような回答を出すのか。ソフトバンクの今後に注目したい。
 
DELTAアナリスト・竹下弘道
 
[1] 寄与は「平均的な選手でそのポジションを埋める場合と比べて、得失点差に何点のプラス(マイナス)をもたらしたか」を表す。平均を基準とする理由は、得失点差が平均を基準とする数値だからだ。「全ポジションが平均的な選手で構成されたチーム」は得失点差が±0点となる。このチームに対して「各ポジションで得失点差を何点分上積みしたか」が分かれば、その合計からチームの得失点差を説明することができる。
[2] 厳密に言えば投手も打撃で得点を増やすことができるが、投球と比べて影響が小さいため、ここでは考慮しないものとした。
[3] これは、弱点を底上げする方が獲得機会・必要年俸の点でコストパフォーマンスが高いためである。「±0点のポジション」に「+20点の選手」を充てるのと、「-20点のポジション」に「±0点の選手」を充てるのは、どちらも20点の得失点差の改善が見込める。しかし、「+20点の選手」よりも「±0点の選手」の方が獲得しやすく、年俸も安く抑えられる。
[4] 野手はwRAA+UZR+守備位置補正、投手はFIPのみで計算した。野手は一軍の規定打席(443打席)あたり、投手は一軍の規定投球回(143投球回)あたりの数値としている。
[5] UZRはFanGraphsから引用した。
[6] データは竹下弘道・DELTA算出
 

戦力分析 記事一覧

セ・リーグ

東京ヤクルトスワローズ
阪神タイガース
読売ジャイアンツ
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ

パ・リーグ

オリックス・バファローズ
千葉ロッテマリーンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
 
竹下 弘道@RCAA_PRbloghttps://ranzankeikoku.blog.fc2.com/
古典的ボックススコアから選手とチームの通史的な分析に取り組む。
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~5』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。

1 2 3 4 5