データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【2022巨人・戦力分析】課題の投手・外野手に大型補強。吉川尚輝が欠場を減らせるかもポイント

2022/03/24

text By

photo

産経新聞社、DELTA・竹下弘道

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



読売ジャイアンツ 得失点差で見る戦力分析【2022シーズン】

 2022年シーズンのプロ野球開幕が目前に迫っている。今季の各チームはどのような陣容で開幕を迎えるだろうか。本シリーズは「戦力分析」と題して、昨季の状況を振り返り、オフシーズンの動向を確認することで今季のポイントを考えていく。今回の対象チームは読売ジャイアンツだ。

 

 

1.優勝とAクラス入りにはどれだけの底上げが必要か?

 昨季の巨人は「優勝」と「Aクラス」からどのくらいの距離にあっただろうか。まずはこれを確認するため、昨季のセ・リーグ順位表(図1)を見てみよう。
 

 
 ここでは得失点差(得点から失点を引いた数値)に着目する。得失点差はチームの勝敗と連動する性質があり、「得失点差の1/5」は「貯金」におおむね一致する。この性質を利用すると、得失点を何点改善すれば優勝とAクラス入りできるかを割り出せる[1]。

 昨季の巨人の得失点差は「+11点」だった。ここからは貯金2が予想され、実際はこれをやや下回る借金1となったことでAクラスに滑り込んだ。原監督が目標としていた3連覇は逃したものの、4年連続のAクラスはなんとかキープした格好である。
 
 一般的な目安として、Aクラス入りには得失点差±0点(貯金0)、優勝には得失点差+100点(貯金20)が求められる。つまり、巨人は現状維持でAクラスは狙える一方、優勝するためには89点、得点を増やすか失点を減らさなければならない。

1 2 3 4 5


  • 記者募集