プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【2022ロッテ・戦力分析】低迷する先発陣の再建が最重要課題。佐々木朗希の活躍に期待

2022/03/20

text By

photo

DELTA・竹下弘道



千葉ロッテマリーンズ 得失点差で見る戦力分析【2022シーズン】

 2022年シーズンのプロ野球開幕が目前に迫っている。今季の各チームはどのような陣容で開幕を迎えるだろうか。本シリーズは「戦力分析」と題して、昨季の状況を振り返り、オフシーズンの動向を確認することで今季のポイントを考えていく。今回の対象チームは千葉ロッテマリーンズだ。

 

 

1.優勝とAクラス入りにはどれだけの底上げが必要か?

 昨季のロッテは「優勝」と「Aクラス」からどのくらいの距離にあっただろうか。まずはこれを確認するため、昨季のパ・リーグ順位表(図1)を見てみよう。
 

 
 ここでは得失点差(得点から失点を引いた数値)に着目する。得失点差はチームの勝敗と連動する性質があり、「得失点差の1/5」は「貯金」におおむね一致する。この性質を利用すると、得失点を何点改善すれば優勝とAクラス入りできるかを割り出せる。
 
 昨季のロッテの得失点差は「+14点」だった。ここからは貯金3が予想されるが、実際はこれを大幅に上回る貯金10となったことで2位となった。

 これは今季のロッテにとってはネガティブな要素となる。なぜなら、ロッテのように得失点差と貯金が乖離したチームは、翌シーズンになると乖離が解消される傾向があるからだ。ロッテが昨季と同水準の得失点差しか記録できない場合、貯金は3まで減ると予想される。
 
 一般的な目安として、Aクラス入りには得失点差±0点(貯金0)、優勝には得失点差+100点(貯金20)が求められる。つまり、ロッテは現状維持でもAクラスは十分狙える一方、優勝するには86点、得点を増やすか失点を減らさなければならない。

1 2 3 4 5