データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



青木宣親

【MLB】青木宣親、第2号3ラン含む今季4度目の猛打賞 100日ぶりの一発

2017/07/24

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、23日(日本時間24日)の敵地でのボルティモア・オリオールズ戦に「8番・左翼」で先発出場。第2号本塁打を含む4打数3安打3打点と活躍した。    青木は0-3と3点をリードされた直後の3回表に先頭打者として打席に立ち、先発のバンディの甘い球をとらえ、打球は右中間へのエンタイトルツーベースとなり、チャンスを作ると、マリスニックも出塁し、アルトゥーベの3ラン本塁打でホームを踏んだ。    続く回では2死走者一塁のフルカウントから変化球にうまく合わせ打球は中前へ。複数安打を記録する。そして、6回には3-6と再びチームがリードされた状況 ... 続きを見る


【MLB】アストロズの選手達が試合前に葬儀に参列? 大ベテランのグラブを葬る

2017/07/18

 ヒューストン・アストロズのカルロス・ベルトラン外野手(40)はMLBを代表する中堅手の一人だった。2006年から2008年にかけては外野手部門でゴールドグラブ賞を獲得。広い守備範囲と強肩で大活躍していた。しかし、40歳になった今季、外野手としての出場機会は激減。5月16日以来、外野手として試合に出場していない。そこで、チームは17日(日本時間18日)の試合前に彼のグラブのために葬儀を行い、ベルトランのグラブとお別れをした。    アストロズは、外野手のポジションに、ジョージ・スプリンガー、ジョシュ・レディック、青木宣親、マーウィン・ゴンザレス、ジェイク・マリスニックと控えを含めて5 ... 続きを見る


【MLB】青木宣親、2安打2打点で勝利に貢献「とにかく試合に集中」

2017/07/17

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、16日(日本時間17日)に本拠地で行われたミネソタ・ツインズ戦に「8番・左翼」で先発出場。3打数2安打2打点と活躍し、チームの勝利に貢献した。    7月はこの日までに7試合に出場し、16打数3安打、打率.188と波に乗れていなかった青木。後半戦最初の出場となるこの試合で心機一転調子を上げていきたいところだ。    青木は、2回裏の2死一塁の第1打席でツインズ先発のギブソンから鮮やかな中前安打を放ち、チャンスを拡大すると、続くマリスニックの同点適時打を呼び込んだ。    さらに青木は4回裏の1死一二塁からの第2打席では ... 続きを見る


【MLB】MLB、前半戦終了 日本人選手の前半戦を振り返る

2017/07/11

 MLBのレギュラーシーズンは7月9日(日本時間10日)をもって前半戦が終了。オールスターの休みが入り、後半戦が14日(同15日)から始まる。今季の日本人選手はこの日までに計8人が出場。各選手の前半戦を振り返りたい。   ■上原浩治投手 前半戦:33試合、防御率2.73、2勝4敗2セーブ12ホールド。    昨季の世界一チームへ移籍した1年目は、勝利の方程式の一員として君臨。チームは不調だが、42歳になっても上原自身は常に高いレベルをキープして、洗練された投球術でチームの勝利に貢献し続けている。連投時の成績が悪いのが少し気になるが、この日までに挙げた12ホールドはチームトッ ... 続きを見る


【MLB】青木、衝撃の“投手”デビュー 1回を3失点もジャッジを抑える

2017/07/01

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、本拠地で行われたニューヨーク・ヤンキース戦で驚きのMLB“初登板”を果たした。    4-10とアストロズが6点をリードされた9回に青木は突如マウンドに上げられる。青木は先頭から2者連続で四球で出塁を許すと、続くカーターに左越えの二塁打を許し失点。続くガードナーには右翼手の好プレーとなるが犠飛となり、エルズベリーに対しては遊ゴロで失点。そして、3番のジャッジを中飛に打ち取り、1回を1安打、2四球、3失点でMLB初登板を終えた。    この日の最速はジャッジに対して投げた78マイル(約126キロ)の直球。衝撃の投手デビューは3失点 ... 続きを見る


【MLB】イチローと青木、日本人野手は共に代打で無安打 

2017/06/19

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が18日(日本時間19日)に敵地で行われたアトランタ・ブレーブス戦に代打として出場し、空振り三振に倒れた。また、ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手も、本拠地で行われたボストン・レッドソックス戦に代打から途中出場し、2打数無安打に終わった。    イチローは、9回表1死から代打として試合出場。2ストライクからファウルで粘るも、空振り三振に打ち取られ、7試合連続安打とはならず。打率は.224としている。    一方の、青木は、7回裏に代打として登場。この打席は三振に打ち取られ、途中出場として守備に就く。そして、9回裏の打席では1死一塁 ... 続きを見る


青木宣親はイチローと似て非なる「安打製造機」。移籍多い中での偉業に称賛を【小宮山悟の眼】

2017/06/19

ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、史上7人目となる日米通算2000本安打を達成した。2003年ドラフト4位で東京ヤクルトスワローズに入団し、プロ14年目にして成し遂げた偉業。数々のメジャー球団を渡り歩き、結果を出し続けられるのはなぜか。... 続きを見る


【MLB】青木は3タコもチームはRソックスに快勝

2017/06/18

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、17日(日本時間18日)に本拠地でのボストン・レッドソックス戦に「9番・右翼」として先発出場し、3打数無安打に終わった。    第1打席は左飛に倒れた青木は、第2打席は二遊間に強い当たりを放つが二ゴロに打ち取られる。そして無死一三塁とチャンスで迎えた6回裏の第3打席は二ゴロ併殺打に打ち取られた青木、この日の成績は3打数無安打とした。打率は少し下げ、.271としている。    一方のアストロズは初回にレッドソックス先発のポーセロを攻め立て3点、3回にはアルトゥーベとベルトランの本塁打でさらに3点を追加して、終わってみればアストロズ ... 続きを見る


【MLB】青木、好機で代打出場も三直で無安打。打率は.277に

2017/06/17

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、16日(日本時間17日)に本拠地で行われたボストン・レッドソックス戦の7回裏に代打出場。1打数無安打に終わり、今季打率を.277とした。    青木は1-1で迎えた7回裏にグリエルの二塁打、フィッシャーの敬遠四球などで作った二死2・3塁という絶好機での出場となり、100マイル超えの速球を誇るケリーと対戦。    100マイル近くの速球に対し、青木は8球粘りフルカウントまで持ち込んだが、最後は相手好守もあり三直に倒れ、チャンスで得点を奪うことは出来なかった。    なお、青木はその後右翼手としてそのまま出場したが、2打席 ... 続きを見る


【MLB】青木は3打数2安打 今季9度目のマルチ安打もチームは敗戦

2017/06/14

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、13日(日本時間14日)に本拠地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に「9番・左翼」として先発出場して、3打数2安打を記録した。     3回裏の第1打席では先頭打者で登場。逆方向へ強い当たりを放ち、打球は左越え二塁打を記録する。しかし、青木は続くスプリンガーの二直で帰塁できずに、アウトとなってしまった。    第2打席では二遊間へ強い当たりを放ち、遊撃手アンドレスが追いつくが、送球が間に合わずに内野安打を記録。青木はすかさず盗塁を試み頭から滑り込むがわずかに間に合わずに二塁でアウト。今季5盗塁目とはならなかった。   ... 続きを見る


【MLB】青木、ダルビッシュとの対戦は2打数無安打 通算は7打数無安打とダルに軍配

2017/06/13

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、12日(日本時間13日)に本拠地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に「9番・左翼」として先発出場。ダルビッシュ有投手との対決になったが、ダルビッシュ相手には2打数無安打に終わった。降板後の打席では死球となり、この日の成績を2打数無安打1盗塁とした。    試合前には青木の日米通算2000安打の偉業を称えて、球団から黒のカウボーイハットが贈呈された青木。名球会のブレザーとお似合いの帽子を貰って青木も笑顔を爆発させていた。    レンジャーズのダルビッシュとは今季2度目の対決。前回の試合では2打数無安打に抑えられ、通算では5打数無安 ... 続きを見る


【MLB】青木の日米2000本達成に監督も絶賛「本当に素晴らしい偉業」

2017/06/12

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が11日(現地時間12日)に本拠地で日米通算2000本安打を達成。この日の成績を4打数3安打1打点とした。この偉業に『MLB.com』も「2000本?A-oki!」というタイトルで特集の記事を掲載した。    「2000本?青木!」と題された記事は、青木のこの日の3安打の動画と共にトップページに掲載。青木が米国で716本、日本で1284本の安打を積み重ねたことを紹介し、「名球会」に入会し、ジャケットを受け取ったことを報じた。    また、アストロズが12日(日本時間13日)のテキサス・レンジャーズ戦の前に式典を行うことも発表された。 ... 続きを見る


【MLB】青木宣親、史上7人目の日米通算2000本安打を達成! 4回に二塁打、6回に左前安打で達成

2017/06/12

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、11日(日本時間12日)の本拠地で行われているロサンゼルス・エンゼルス戦の6回裏に左前安打を放ち、史上7人目となる日米通算2000本安打を達成した。    青木は、4回裏の第2打席に右中間に適時二塁打を放ち、日米通算2000本安打まで残り1本とすると、6回裏の第3打席でエンゼルスの4番手のアルバレスから三遊間を抜ける左前安打を放ち、日米通算2000本安打の偉業を達成。本拠地のファンからの大声援の中、青木は塁上で手を振って応えた。    早稲田大学から2003年ドラフト4巡目でヤクルトスワローズに入団した青木は、2年目の2005年 ... 続きを見る


【MLB】青木宣親、大の苦手投手に安打出ず 日米2000安打までは残り「2」のまま

2017/06/10

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、9日(日本時間10日)に本拠地でのロサンゼルス・エンゼルス戦に「8番・左翼」として先発出場し、3打数無安打1打点の成績だった。    この日のエンゼルスの先発はシューメイカー。キャリアでは14打数1安打と苦手にしている相手だ。2回裏の第1打席では打点はついたが一ゴロに倒れた青木。第2打席には遊ゴロに倒れる。    そして7回裏の第3打席では中飛に倒れた青木は、9回裏にはあと1人のところで打席が回ってこず。この日の成績を3打数無安打1打点とした。    チームは、先発ピーコックが大乱調。3回を7安打4四球4失点でノックア ... 続きを見る


【MLB】青木、技あり安打で日米通算2000安打まで残り「2」

2017/06/09

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、8日(日本時間9日)に敵地で行われているカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「9番・左翼」として先発出場。第2打席で左前安打を放ち、日米通算2000本安打まで、残り「2」とした。    3回表の第1打席は強烈な当たりも一ゴロに倒れた青木。6回表の第2打席ではフルカウントから三遊間へ技ありの安打を放った。この安打が、青木にとって日米通算で1998安打目として、日米通算2000本安打の金字塔まで残り「2」とした。    第3打席は空振り三振に倒れた青木。8回裏の守備から退き、この日を3打数1安打として打率を.260とした。... 続きを見る


【MLB】青木は第3打席で快速飛ばし内野安打 日米2000安打まで残り「3」

2017/06/07

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、6日(日本時間7日)に敵地で行われたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「9番・左翼」として2試合連続の先発出場し、第3打席で遊安打を放ち、日米通算2000本安打まで残り「3」とした。    第1打席は遊ゴロ、4回表の第2打席は逆方向に飛ばすも左飛に打ち取られた青木は、5回表にマッカーシーの初球を逆方向に叩き、高いバウンドで三塁手の頭を越す。遊撃手が処理するも、俊足の青木の足が勝り、内野安打が記録となった。    この安打で青木は日米通算で1997本目の安打。金字塔まで残り「3」と迫った。    一方のアストロズは3回にグリ ... 続きを見る


【MLB】青木、“お得意様”からの先制適時打で日米2000安打まで「4」 守備では好捕もバウンド判定で不満顔

2017/06/06

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、5日(日本時間6日)に敵地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「9番・左翼」で先発出場し、3打数1安打1打点として、日米通算で1996本目の安打を放った。    この日のロイヤルズの先発は、キャリア通算で13打数6安打、打率.462と得意にしているケネディー。第1打席は無死一二塁からの打撃。青木は先発・ケネディーの直球をとらえ、鋭い打球で右前に適時打を放った。青木は二塁を狙ったが、これは右翼手の好返球でアウトとなり、右前安打を記録した。お得意様からの安打で青木は日米通算で1996本目として、大台まで残り「4」とした。    第2打 ... 続きを見る


【MLB】青木、先制適時打で日米2000安打まで「4」 アストロズ11連勝なるか

2017/06/06

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、5日(日本時間6日)に敵地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「9番・左翼」で先発出場。第1打席から右前適時打を放ち、先制点を挙げた。    第1打席は無死一二塁からの打撃。青木は先発・ケネディの直球をとらえ、鋭い打球で右前に適時打を放った。青木は二塁を狙ったが、これは右翼手の好返球でアウト。この安打で青木は日米通算で1996本目として、大台まで残り「4」としている。... 続きを見る


【MLB】絶好調アストロズ、シーズン117勝ペース 2001年マ軍のMLB記録を超えられるか

2017/06/05

 ヒューストン・アストロズが絶好調だ。4日(日本時間5日)のテキサス・レンジャーズとの試合も7-2で勝利し、10連勝を記録。今季の成績を57試合で41勝16敗と早くも貯金を25作り、勝率をMLBの中で断トツ1位の.719としている。    そして、この日の勝利で、162試合換算をした際に117勝となり、計算上ではMLB記録の2001年のシアトル・マリナーズ(116勝46敗)を超えることとなる。    今季のアストロズは投打ともに絶好調で、投手陣は9勝0敗のカイケル、5月無敗のマックラースがチームを引っ張っている。野手陣ではおなじみ安打製造機のアルトゥーベとコレアが3割超え、 ... 続きを見る


【MLB】青木、3打数1安打で日米通算2000本安打まで残り「5」。アストロズは破竹の9連勝

2017/06/04

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、3日(日本時間4日)に敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に9番・左翼で先発出場。3打数1安打と2戦ぶりに安打を記録し、日米通算2000本安打まで残り「5」とした。    2回に迎えた第1打席は速球を捉えるも遊ゴロに倒れたが、3回の第2打席はセカンドへの内野安打で出塁すると、二塁手・オドーアの悪送球の間に二塁へ進んだ。そして、6回の第3打席では初球から積極的に仕掛けるも右飛に倒れ、7回裏の守備で途中交代となった。     試合は、アストロズがベルトラン・アルトゥーベのソロ本塁打などで奪ったリードを6投手の継投で守り切り、6-5 ... 続きを見る


【MLB】青木は2打数無安打 ダルビッシュとの対戦は「左飛」、「二ゴロ」で通算5の0に

2017/06/03

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、2日(日本時間3日)に「9番・左翼」として先発出場し、2打数無安打1四球で途中交代した。    ダルビッシュ有投手とのMLBでの対戦は、2016年6月3日以来の2度目。前回は3打数無安打1三振とダルビッシュに軍配が上がっていた。この日の第1打席は、逆方向へうまく運ぶも左飛に打ち取られる。    第2打席ではダルビッシュのツーシームをしっかり捉えるも、二ゴロ。相手投手がジーに交代した6回の第3打席では、四球を選んだ。7回裏の守備からマリスニックへと交代し、この日の成績は2打数無安打1四球とした。    ダルビッシュとの注 ... 続きを見る


【MLB】青木は3の0も、アストロズは大逆転勝利

2017/05/30

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、29日(日本時間30日)に敵地で行われたミネソタ・ツインズ戦に「9番・左翼」として先発出場し、3打数無安打に終わった。    第1打席は投ゴロに倒れた青木、第2打席では二遊間を惜しくも破らない当たりで遊ゴロ、第3打席ではボテボテの遊ゴロに倒れ、チャンスで迎えた第4打席には代打を送られた。この日は3打席でゴロ3つの無安打だった。    チームは、今季絶好調のツインズ先発のサンタナの前に7回まで2得点に抑えられていたが、サンタナが降板してから打線が爆発。8回に打者14人で11点を獲得し一気に逆転、さらに9回にも3点を加えて終わってみ ... 続きを見る


【MLB】青木は、1安打で日米2000安打まで残り「7」 アストロズも4連勝で独走態勢

2017/05/29

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、28日(日本時間29日)に本拠地でのボルティモア・オリオールズ戦に「9番・左翼」として出場。4打数1安打として、日米通算2000本安打まで残り「7」とした。    第1打席は2回裏に3-3と同点に追いついた直後に1死二塁での打席。フルカウントから二ゴロに倒れた。続く第2打席は2死1塁から左中間への鋭い当たりを放つ。青木は快速を飛ばして二塁へ滑り込みセーフ。二塁打となって、この安打が青木にとって日米通算1993本目の安打となった。    続く2打席は三振に倒れ、この日の成績を4打数1安打とした青木。今季の打率を.264とした。また ... 続きを見る


【MLB】青木は2安打を放ち、日米2000安打まで残り「8」 外野守備でもMLBトップの補殺「6」を記録

2017/05/26

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、25日(日本時間26日)の本拠地で行われたデトロイト・タイガース戦に「9番・左翼」として先発出場。3打数2安打を記録し、日米通算2000本安打まで残り「8」とした。    青木は初回から守備で魅せる。2死からタイガースのV. マルティネスの左前安打で本塁を狙ったカブレラを楽々本塁で刺し補殺を記録する上々のスタート。今季の補殺数は6となり、MLB単独トップへと躍り出た。    3回裏の第1打席では中堅方向に打ち上げるも、外野と内野の間に落ちるポテンヒットとなる。第2打席は遊ゴロに倒れるが、第3打席は中前に運び、この日2本目の安打を ... 続きを見る


【MLB】青木宣親は4打数無安打 5月の打率は.167

2017/05/22

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、現地時間21日に本拠地でクリーブランド・インディアンス戦に9番・左翼で先発出場し、4打数無安打に終わった。    3回裏の第1打席はボテボテの投ゴロ、第2打席はフルカウントから直球に空振り三振を喫した青木。7回の第3打席は初球を打ち上げ二飛。そして、9回の2死から2者連続本塁打で回ってきた第4打席は高めの直球に空振り三振に打ち取られゲームセット。この日は4打数無安打で終えた。    青木は、これで10打数無安打となり、打率も.250まで下降。特に5月は打率.167と不調が続いている。    一方で、この日のアストロズは ... 続きを見る


【MLB】アストロズ・青木、3戦連続無安打で打率.261。日米通算2000本まで残り「11」

2017/05/21

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、20日(日本時間21日)に本拠地で行われたクリーブランド・インディアンス戦に9番・左翼として先発出場。しかし、2打数無安打に終わり、今季打率を.261とした。そして、日米通算2000本安打の大台までは残り「11」としている。    青木は3回裏の第1打席では二ゴロ、6回に迎えた第2打席では遊直に倒れ、8回の第3打席で代打を送られ交代となった。    この試合では、インディアンス先発・クレビンジャーに7回途中までノーヒットピッチングの快投を見せられ、投打に振るわなかったアストロズは0-3で敗戦し2連敗となった。... 続きを見る


【MLB】青木は3打数で無安打 打率は.267に

2017/05/20

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、19日(日本時間20日)に本拠地で行われたクリーブランド・インディアンス戦に「9番・左翼」として先発出場。この日は3打数無安打と安打は生まれなかった。    好調アストロズ打線がわずか5安打に抑えられた試合。青木は中飛、左直、二飛と、この日は快音を聞くことはできなかった。この日が終わって、青木の打率は.267としている。    試合は、エンカーナシオン、キプニスの本塁打などで5点を入れたインディアンスが、5-3で勝利した。... 続きを見る


【MLB】青木は途中出場1安打で日米通算2000安打まで「11」 イチローは代打で凡退

2017/05/17

 マイアミ・マーリンズ対ヒューストン・アストロズ(16日 マイアミ)で、青木宣親外野手とイチロー外野手が途中出場。青木は2打数1安打として、日米通算2000本安打まで残り「11」とした。対するイチローは代打として登場し、1打数を無安打に終わった。    青木はアストロズが10-2と大量リードを奪った6回裏から左翼のポジションで出場。7回には1死二塁から打席が回ってくるが、直球に空振り三振を喫する。9回表での第2打席では少し詰まりながらも中前へ運び、日米通算1989本目の安打を記録した。    一方のイチローは、7回裏に代打として出場。アストロズ戦は通算で4割以上の打率を誇る ... 続きを見る


【MLB】青木宣親、1安打で日米2000安打まで「12」 好守もあり外野補殺「5」はリーグトップ

2017/05/16

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、15日(日本時間16日)に敵地でのマイアミ・マーリンズ戦に「8番・左翼」で先発出場。3打数1安打で日米通算1988本目の安打を記録した。    第1打席はボテボテの二ゴロに打ち取られた青木は、3回裏には守備で魅せる。8番・リドルの左翼線への浅い飛球に猛チャージし、スライディングキャッチを試みる。わずかに間に合わずアウトとはならなかったが、ボールを拾ってすかさず二塁へ送球、打者走者を二塁で刺し、補殺を記録した。このプレーで今季の青木の補殺はすでに「5」となり、再びMLBトップタイへと躍り出た。    第2打席は2死二塁から敬遠で出 ... 続きを見る


【MLB】青木は1安打1盗塁 日米通算2000安打まで残り「13」

2017/05/12

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、11日(日本時間12日)に敵地でのニューヨーク・ヤンキース戦に「9番・左翼」として先発出場。3打数1安打に今季2つ目となる盗塁も記録した。    第1打席では見逃し三振に倒れた青木は、第2打席は1死二塁から投ゴロを放ち、三塁に走った走者が挟まれアウトとなってしまう。しかし、青木は続くスプリンガーの打席で二盗に成功。この盗塁は今季2個目の盗塁となった。さらに、スプリンガーの中前適時打で青木は生還し、貴重な追加点に貢献した。    7回表の第3打席には二死から初球を三塁線に流し打ち。二塁打となり、日米通算2000本安打まで残り「13 ... 続きを見る


【MLB】青木は3打数1安打1打点 日米2000安打まで残り「14」

2017/05/10

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、9日(日本時間10日)に本拠地ヒューストンで行われた、アトランタ・ブレーブス戦に「9番・左翼」として先発出場し、3打数1安打1打点を記録。日米通算2000本安打まで残り「14」とした。    初回に5連打で5点を一気に奪ったアストロズ。2回裏には青木に打順が回ってくるが、一ゴロに打ち取られる。4回の第2打席ではどん詰まりの中飛。しかし、6回裏に2死三塁の場面で交代したばかりの左腕の変化球をうまく二遊間へ運び中前適時打を記録。この安打で出場2戦連続安打となり、日米通算2000本安打まで残り14本とした。    8回裏にはあと一人の ... 続きを見る


【MLB】青木は3打数連続の投ゴロで無安打 アストロズはリーグ最速の20勝で独走の気配

2017/05/06

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が5日(日本時間6日)に敵地でのロサンゼルス・エンゼルス戦に「9番・左翼」で先発出場。3打数無安打に終わった。    3回表の第1打席は強い打球を打つも投ゴロに打ち取られる。5回表には1死一塁から同じような強い当たりを放つも、これも投手に捕球され、併殺打となってしまう。    7回表の1死一塁からの第3打席では、代わった左腕のアルバレスの変化球を引っかけ、またしても投ゴロ併殺打。7回裏の守備で退いた青木はこの日3打数無安打として、打率を.279に落とした。    アストロズは4点リードの9回表に先発のカイケルが3連打を浴び ... 続きを見る


【MLB】青木は無安打も守備と走塁で勝利に貢献 外野の補殺数はMLBトップの「4」に

2017/05/04

 ヒューストン・アストロズに所属する青木宣親外野手が、3日(日本時間4日)に行われた本拠地でのテキサス・レンジャーズ戦に、9番・左翼として先発出場。3打数無安打1四球と無安打だったが、5回に補殺を記録。外野手の補殺ではMLBトップの「4」を記録した。    第1打席は味方が3点を先制した2回裏にストレートの四球を選び、味方の追加点に貢献。第2打席は無死一塁からうまく合わせるが中飛。さらにランエンドヒットで飛び出していた一塁走者もアウトとなってしまう。    5回表には守備でも貢献。1死一三塁から1番・デシールズの飛球を本塁へ完璧な送球。タッチアップを狙った走者を見事本塁で刺 ... 続きを見る


【MLB】青木、3戦ぶり安打で逆転の絶好機を演出。MLB通算700安打達成で日米通算2000本まで残り「16」

2017/05/02

 1日(日本時間2日)、ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、本拠地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に9番・左翼で先発出場。   2回に一死1・2塁とチャンスで迎えた第1打席は投ゴロ、5回無死の第2打席では四球を選び出塁したが、得点には結びつかなかった。   そして、1-2と劣勢の中、7回に無死1塁で迎えた第3打席では、遊撃の深いところにゴロを放ち、内野安打を記録。また、処理が難しい打球であったため、レンジャーズの遊撃手・アンドラスの悪送球を誘発。その間に走者が進塁し、無死2・3塁と絶好機を演出した。    その後、アストロズ打線はレンジャーズ2番手・バー ... 続きを見る


【MLB】青木、スタメン出場も2戦連続無安打。日米通算2000本まで残り「17」

2017/05/01

 30日(日本時間5月1日)、ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は本拠地で行われたオークランド・アスレチックス戦に9番・左翼として先発出場。しかし、4打数無安打に終わり、打率を.300とした。また、現在日米通算安打は1983本で、通算2000本安打まで残り「17」としている。    青木は1点リードで迎えた第1打席は空振り三振、第2打席は初球から仕掛けるも遊ゴロに倒れた。そして、試合後半の6回に迎えた第3打席は左飛、8回の第4打席も一ゴロに倒れ、2日連続で無安打となった。    青木は無安打に終わったが、アストロズは打線が5回までに4点を奪うと、先発・カイケルが8回途 ... 続きを見る


【MLB】青木、4打数無安打で5試合ぶりノーヒット。日米通算2000安打まであと「17」

2017/04/29

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、28日(日本時間29日)に本拠地・ミニッツメイド・パークで行われたオークランド・アスレチックス戦に9番・左翼として先発出場。    2回裏の先頭打者として迎えた第1打席では三邪飛、第2打席では際どい判定で見逃し三振、第3打席は味方が勝ち越し点を奪った直後の打席だったが空振り三振に倒れた。そして、第4打席も投ゴロに倒れ、この試合は4打席無安打という結果に終わり、打率を.321とした。    青木は5試合ぶりの無安打となったが、守備では相手の二塁打を阻止する好プレーを披露し、存在感を放った。また、日米通算2000本安打まで残り「17 ... 続きを見る


【MLB】青木、内野安打放ち4戦連続安打。日米通算2000安打まであと「17」

2017/04/28

 ヒューストン・アストロズに所属する青木宣親外野手が、27日(日本時間28日)に敵地プログレッシブ・フィールドで行われたクリーブランド・インディアンス戦に「2番・ライト」で先発出場。4打数1安打で、日米通算2000安打まであと17本とした。    青木は初回、ジョシュ・レディックを二塁に置いた場面で第1打席を迎える。インディアンス先発のコリー・クルーバーに対し初球のシンカーを振り抜くと、クルーバーが打球を弾きショートのフランシスコ・リンドーアが処理する間に一塁を駆け抜けて内野安打とした。一、三塁とチャンスを広げたが、後続が打ち取られてこの回は無得点に終わった。    その後 ... 続きを見る


【MLB】青木、ラッキー1安打で3戦連続安打。日米通算2000安打まで「18」

2017/04/27

 青木宣親外野手が所属するヒューストン・アストロズは26日(日本時間27日)に敵地プログレッシブ・フィールドでクリーブランド・インディアンスと対戦。青木は「8番・ライト」で先発出場し、4打数1安打で日米通算2000安打まであと18本とした。    3回の第1打席はファーストゴロ併殺打、4回の第2打席はセカンドゴロだった青木。第3打席は7回の先頭打者で迎え、インディアンス2番手のアンドリュー・ミラーに対し、カウント2-1から3球連続ファールと粘ったが、最後は高めの速球を振らされ、今季ここまでわずか4つだった三振を喫した。    青木は4-7と3点を追う8回、2死一塁の場面で第 ... 続きを見る


【MLB】青木が絶好調!猛打賞で日米2000安打まで残り「19」

2017/04/26

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、25日(日本時間26日)に敵地でのクリーブランド・インディアンス戦に9番・右翼として先発出場。4打数3安打1打点として2試合連続複数安打。日米通算2000本安打まで残り「19」とした。    3回表の第1打席は走者を2塁に置いた状況での打席。青木は2球目を逆方向に流し、左前安打を放ち、チャンスを拡大する。しかし、後続が続かずにこの回は無得点。    5回表の第2打席では無死一二塁と、またしてもチャンスでの打席。ファウルで粘って、9球目を完璧にとらえ、右翼手の上を超える右翼フェンス直撃の先制適時二塁打となる。さらに、後ろのレディッ ... 続きを見る


【MLB】青木は複数安打 日米通算2000安打まで残り「22」

2017/04/24

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、23日(日本時間24日)に敵地でのタンパベイ・レイズとの試合に8番・左翼として先発出場。3打数2安打1四球とし、日米通算2000本安打まで残り「22」とした。    前日の試合で、ファンから「アストロズの新加入選手の最も攻撃的なサプライズ」に選ばれた青木はこの日も攻撃面で活躍した。    2回表の第1打席は四球を選んだ青木は、4回表の第2打席では併殺打で走者がいなくなったところで、しっかり中前に運び、相手に流れを作らせず。7回表には遊安打を放ち、この日は複数安打を記録した。    9回表には相手のクローザーのコロメから ... 続きを見る


【MLB】青木、ファンが選ぶ「アストロズの新加入選手の攻撃面でのサプライズ」で堂々の1位に

2017/04/23

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、今のところ最もアストロズファンを驚かしている存在となっているようだ。アストロズの試合を放送する『ルート・スポーツ』が22日(日本時間23日)の試合中に「今のところ、どの新しいアストロズの選手が攻撃面で驚かせている?」とのアンケートを実施。青木が43%を獲得し、新加入選手4人の中で堂々の1位に輝いた。    青木は、先日までに打率.306、1本塁打、4打点を記録。同じく、新加入選手の、カルロス・ベルトラン、ブライアン・マッキャン、2016年から所属のユリエスキ・グリエルを抑え、1位に選ばれた。    アストロズファンも新加入の青木 ... 続きを見る


【MLB】アストロズ・青木、9番・左翼で先発出場も2打数0安打1四球で2戦連続安打なし

2017/04/22

 現地21日(日本時間22日)、ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は敵地・トロピカーナ・フィールドで行われたタンパベイ・レイズ戦に9番・左翼で先発出場し、2打数無安打1四球と、2戦連続で無安打となった。    青木は、1点ビハインドの3回無死に第1打席を迎えるも速球を詰まらせ、遊飛に倒れる。続く第2打席では、一打勝ち越しのチャンスで打席が回ったが、空振り三振に倒れた。    第3打席では一死2・3塁のチャンスで四球を選び、1番・スプリンガーに繋いだ。そして、スプリンガーの三ゴロ間に勝ち越し点を奪い、青木は二塁に進塁したところで代走を送られ、途中交代となった。 &nbs ... 続きを見る


【MLB】青木、チャンスで打てず3打数無安打。アストロズは先発カイケルの好投光り快勝

2017/04/20

 ロサンゼルス・エンゼルス対ヒューストン・アストロズが、19日(日本時間20日)にミニッツメイド・パークで行われ、アストロズが5-1で勝利。青木宣親外野手は7番・レフトで先発出場し、3打数無安打だった。    青木は、1-0で迎えた2回1死の場面で第1打席を迎え、エンゼルス先発のJC・ラミレスに対して追い込まれてからのスライダーに手を出して空振り三振。5回の第2打席も、無死二塁とチャンスだったが空振り三振喫し、得点に絡むことができなかった。    6回はエバン・ギャティスにタイムリーヒットが出て3-1となり、なおも2死一、二塁のチャンスで第3打席を迎えた。しかし、2番手のホ ... 続きを見る


【MLB】青木、2安打で日米通算2000安打まで残り「24」 チームは5連勝でストップ

2017/04/19

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が18日(日本時間19日)、本拠地でのロサンゼルス・エンゼルス戦に9番・左翼で先発出場。4打数2安打とし、日米通算2000本安打まで残り「24」とした。    3回裏の第1打席は外角の変化球に上手く合わせるも左飛に打ち取られるも、5回裏の第2打席で内角の変化球を引っ張って右前安打。さらに、第3打席では今度は高めのカットボールを流し、左前安打を放つ。    3点差を追いかける、9回裏の2死二三塁から回ってきた第4打席では、1-1から外角の変化球を打つが、投ゴロに倒れ、試合終了。好調のスプリンガーにつなげることはできなかった。この日は4 ... 続きを見る


【MLB】青木は3打数無安打 アストロズは完封リレーで5連勝

2017/04/18

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は17日(日本時間18日)、本拠地でのロサンゼルス・エンゼルス戦に9番・左翼で先発出場。この日は3打数無安打で試合を終えた。日米通算2000本安打は残り「26」のままである。    青木は、2回裏の第1打席はチャンスでボテボテの一ゴロに倒れる。第2打席では二遊間に強い当たりを放つも、WBCオランダ代表のシモンズの好守備で遊ゴロに、7回裏の第3打席は、走者を一塁に置いた場面だったが、一塁ゴロ併殺打に打ち取られ、この日は3打数無安打で4試合連続の安打とはならなかった。    試合は2回裏にアストロズのWBC米国代表のブレグマンが中前適時 ... 続きを見る


【MLB】青木、7回にチーム初安打放つなど4打数2安打2打点の活躍。打率.375と好調維持

2017/04/16

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、現地15日(日本時間16日)のオークランド・アスレチックス戦に8番・左翼で先発出場し、4打数2安打2打点の活躍を見せ、日米通算2000本安打まで残り26本とした。    チームは5回終了時で5点ビハインドだったが、後半4イニングで10得点と打線が爆発。アストロズは10-6で勝利し、4連勝を飾った。    青木は第1打席は三ゴロ、第2打席は遊ゴロに倒れており、チームも相手の四球や失策に付け込んで2点を返すのがやっとで、7回まで無安打と苦しい展開となっていた。   しかし、青木は第3打席でチーム初安打となる左前打を記録する ... 続きを見る


【MLB】青木が1号に適時打!2安打で日米2000安打まで「28」とする

2017/04/15

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、14日(15日)に敵地でのオークランド・アスレチックス戦に9番・左翼で先発出場し、5回の第2打席には今季1号となるソロ本塁打を放つなど、チームの7-2の勝利に大きく貢献した。    3回の第1打席は、内角低めの厳しい球で攻められた後に、一ゴロに打ち取られる。しかし、5回表の第2打席はアスレチックス先発のグレイブマンの高めの直球を叩き、右翼スタンドへ今季第1号の同点となるソロ本塁打を放つ。打点も今季初となり、青木はベンチで喜びを爆発させた。    6回表にはチャンスの場面で打席が回る。フルカウントから青木は内角の球を高いバウンドで ... 続きを見る


【MLB】青木が今季1号!右翼スタンドへ完璧な打球を運ぶ

2017/04/15

 ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が、14日(15日)に敵地でのオークランド・アスレチックス戦に9番・左翼で先発出場し、5回の第2打席に今季1号となるソロ本塁打を右翼スタンドへ放った。この本塁打で青木は日米通算2000本安打まで残り「29」としている。    3回の第1打席は、内角低めの厳しい球で攻められた後に、一ゴロに打ち取られる。しかし、5回の第2打席はアスレチックス先発のグレイブマンの高めの直球を叩き、右翼スタンドへ移籍後初となる今季第1号のソロ本塁打を放った。チームは青木の本塁打で1-1の同点としている。... 続きを見る


【MLB】アストロズ・青木、今季初2安打で逆転勝利に貢献。マリナーズは序盤の大量リード守れず

2017/04/13

 ヒューストン・アストロズ対シアトル・マリナーズが、12日(日本時間13日)にセーフコ・フィールドで行われ、アストロズが10-5で勝利。青木宣親外野手は9番・レフトで3試合ぶりに先発出場し、4打数2安打だった。    試合序盤はマリナーズがペースを握る。初回にロビンソン・カノーのタイムリーヒットなどで2点を先制すると、2回にはマイク・フリーマン、3回にはタイラー・モッターのホームランで5-0と大きくリードする。    しかし、4回からアストロズが猛反撃する。2死満塁からブライアン・マッキャンの押し出し四球で1点を返すと、続くユリエスキ・グリエルのタイムリーヒットで2点目。5 ... 続きを見る


【MLB】アストロズ、延長12回サヨナラ勝ちで連敗ストップ。青木は2打数無安打

2017/04/10

 カンザスシティ・ロイヤルズ対ヒューストン・アストロズが、9日(日本時間10日)にミニッツメイド・パークで行われ、延長12回の末に5-4でアストロズがサヨナラ勝ち。9番・レフトで先発出場した青木宣親外野手は2打数無安打だった。    アストロズは初回、1番のジョージ・スプリンガーが右中間へ第4号の先頭打者ホームランを放ち、幸先良く先制。スプリンガーの先頭打者弾は今季3本目となった。    1-3と2点を追いかける7回には、1死二塁からマーウィン・ゴンザレスがレフトへ2ランホームランを放ち同点とすると、再び勝ち越しを許した9回には途中出場のジェイク・マリスニクに起死回生のソロ ... 続きを見る