大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » 井端弘和

タグ:井端弘和の記事一覧

球団への“怒り“…契約保留で不満を表した選手(1)交渉決裂でまさかの”退団“

2024/02/27

福留孝介(左)と杉内俊哉

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  球春到来を迎えた2024年シーズンのプロ野球。オフシーズンには契約更改が行われ、各選手の今季契約が締結された。近年の契約更改では大きな問題もほとんどなくなったが、かつては球団側の提示額に納得できず、記者会見で怒りを露わにする選手も珍しくなかった。ここでは、契約更改で不満を見せた歴代選手を紹介したい。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   中村紀洋 出身:大阪府 投打:右投右打 身長/体重:180cm/93kg 生年月日:1973年7月24日 ドラフト:1991年ドラフト4位    日本球界屈指の ... 続きを見る


球団側に“怒り”も…プロ野球、契約更改を保留した6人。フロントとの”銭闘“を経験した選手たち

2024/02/26

福留孝介(左)と杉内俊哉

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  球春到来を迎えた2024年シーズンのプロ野球。オフシーズンには契約更改が行われ、各選手の今季契約が締結された。近年の契約更改では大きな問題もほとんどなくなったが、かつては球団側の提示額に納得できず、記者会見で怒りを露わにする選手も珍しくなかった。ここでは、契約更改で不満を見せた歴代選手を紹介したい。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   中村紀洋 出身:大阪府 投打:右投右打 身長/体重:180cm/93kg 生年月日:1973年7月24日 ドラフト:1991年ドラフト4位    日本球界屈指の ... 続きを見る


【野球日本代表侍ジャパン】日本代表VS欧州代表戦 出場選手メンバー一覧|侍ジャパンシリーズ2024

2024/02/14

野球日本代表侍ジャパン 最新情報   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。    「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」が、3月6日から開催。井端ジャパンの初陣となった「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」は、24歳以下または入団3年目以内を基本とする若手主体のチームだったが、今回は年齢制限がない代表チームを編成する。今大会の出場メンバーは以下のとおり。 スタッフ 監督 89 井端弘和     コーチ 88 金子誠(ヘッドコーチ) 81 吉見一起(投手コーチ) 74 村田善則(バッテリー ... 続きを見る


【野球日本代表侍ジャパン】アジアプロ野球チャンピオンシップ2023 最新メンバー一覧|アジチャン出場選手リスト

2023/11/19

侍ジャパン・井端弘和監督

野球日本代表侍ジャパン 最新情報   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。    「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」が、11月16日から開催。各国の代表選手は、主に24歳以下または入団3年目以内の選手で構成。フレッシュな「野球日本代表侍ジャパン」が井端弘和新監督の下、アジアの頂を狙う。今大会の出場メンバーは、以下のとおり。(※はオーバーエイジ〔OA〕枠) スタッフ 監督 89 井端弘和     コーチ 88 金子誠(ヘッドコーチ) 81 吉見一起(投手コーチ) 74 村田善則(バッテリーコーチ) 77 梵英 ... 続きを見る


若き侍ジャパンの中心に!? アジアプロ野球チャンピオンシップの注目選手5人

2023/11/15

侍ジャパン・牧秀悟(左)と根本悠楓

WBC2023 野球日本代表侍ジャパン 最新情報  いよいよ開幕を迎える「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」。侍ジャパンの監督に就任した井端弘和の初陣となるため、注目が高まっている。若手主体の今大会では、初めて日本代表のユニフォームに袖を通す選手も少なくない。今回は、アジアプロ野球チャンピオンシップでの活躍が期待される5人を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   根本悠楓 出身:北海道 投打:左投左打 身長/体重:173cm/77kg 生年月日:2003年3月31日 ドラフト:2020年ドラフト5位   ... 続きを見る


球界に”衝撃”…戦力外通告or自由契約で退団した大物選手5人

2023/09/22

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  毎年大きな注目が集まるプロ野球会議。一方で、10月に戦力外の通告期間が控えており、一部の選手は厳しい現実を叩きつけられることとなる。過去には、まさかの形で戦力外通告・自由契約となった選手も数多くいる。そこで今回は、戦力外通告または自由契約を経験した大物を5人紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。   村田修一 出身:福岡県 投打:右投右打 身長/体重:177cm/92kg 生年月日:1980年12月28日 ドラフト:2002年ドラフト自由枠    横浜ベイスターズだけでなく、2009年の ... 続きを見る


侍ジャパンの指揮官は誰に? 日本代表の次期監督候補と噂される5人。世界一連覇を託されるのは?

2023/06/25

井端弘和(左)井口資仁

WBC2023 野球日本代表侍ジャパン 最新情報  野球日本代表「侍ジャパン」では、第5回大会でチームを世界一に導いた栗山英樹監督の退任が決定。後任人事にも注目が集まっている。多くの名前が上がっており、場合によってはサプライズもあり得るだろう。そこで今回は、侍ジャパンの次期指揮官候補に挙がる5人を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   井端弘和    アライバコンビで一世を風靡した井端弘和も、監督候補の一人に名前が上がっている。    亜細亜大学から中日ドラゴンズに入団した井端。チームに欠かせないショートとなり、 ... 続きを見る


【WBC2023番組表】野球日本代表侍ジャパン テレビ・ネット・ラジオの試合放送予定・解説者は?

2023/03/21

WBC2023 野球日本代表侍ジャパン 番組表(最新情報)  WBC2023(ワールド・ベースボール・クラシック)では、日本代表「侍ジャパン」が優勝に向け戦う。世界一を賭けた熱い戦いに華を添えるのは、テレビ・ラジオ・ネット放送の解説者たちだ。この記事では、一次ラウンドから決勝ラウンドまでの各メディアの放送予定と担当の解説者たちを紹介していく。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   テレビ放送日程(地上波・BS) 3/9(木) 18:00~【TBS系列】「中国×日本」(1次ラウンド・プールB1日目) 解説者:原 辰徳、稲葉篤紀、佐々木主浩 &n ... 続きを見る


侍ジャパン、歴代WBCで勝利の立役者となった6人。チームの窮地を救った日本代表戦士たち

2023/03/10

野球日本代表「侍ジャパン」 最新情報(最新ニュース)  第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が、ついに開幕を迎えた。野球日本代表「侍ジャパン」は、9日に初戦を迎え、中国代表を相手に快勝した。3大会ぶり世界一を達成するには、やはりチームを勝利に導く働きを見せる選手が不可欠だ。ここでは、過去のWBCで大活躍した選手を6人紹介したい。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   松坂大輔 ・投打:右投右打 ・身長/体重:182㎝/92㎏ ・生年月日:1980年9月13日 ・経歴:横浜高 ・ドラフト:1998年ドラフト1位    2 ... 続きを見る


球界に衝撃…まさかの退団を経験した大物選手5人(5)事実上の非情宣告に退団決意

2022/10/05

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  ドラフト会議が近づくとともに、2022年10月3日から戦力外通告の通告期間が始まった。先日はソフトバンクホークスの松田宣浩が退団を発表したが、過去にはまさかの形で戦力外通告、自由契約となった大物選手も数多くいる。そこで今回は、戦力外通告または自由契約を経験した大物選手を5人紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。   井端弘和 出身:神奈川県 投打:右投右打 身長/体重:173cm/73kg 生年月日:1975年5月12日 ドラフト:1997年ドラフト5位    「アライバコンビ」と呼ばれ ... 続きを見る


球界に衝撃…まさかの退団を経験した大物選手5人(4)不動のショートは同一リーグへ

2022/10/05

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  ドラフト会議が近づくとともに、2022年10月3日から戦力外通告の通告期間が始まった。先日はソフトバンクホークスの松田宣浩が退団を発表したが、過去にはまさかの形で戦力外通告、自由契約となった大物選手も数多くいる。そこで今回は、戦力外通告または自由契約を経験した大物選手を5人紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。   石井琢朗 出身:栃木県 投打:右投左打 身長/体重:174cm/78kg 生年月日:1970年8月25日 ドラフト:1988年ドラフト外    長きにわたって横浜ベイスターズ ... 続きを見る


球界に衝撃…まさかの退団を経験した大物選手5人(3)名将の下で蘇った本塁打王

2022/10/05

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  ドラフト会議が近づくとともに、2022年10月3日から戦力外通告の通告期間が始まった。先日はソフトバンクホークスの松田宣浩が退団を発表したが、過去にはまさかの形で戦力外通告、自由契約となった大物選手も数多くいる。そこで今回は、戦力外通告または自由契約を経験した大物選手を5人紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。   山﨑武司 出身:愛知県 投打:右投右打 身長/体重:182cm/100kg 生年月日:1968年11月7日 ドラフト:1986年ドラフト2位    中村紀洋がテスト生から這い ... 続きを見る


球界に衝撃…まさかの退団を経験した大物選手5人(2)テスト生からの大復活

2022/10/05

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  ドラフト会議が近づくとともに、2022年10月3日から戦力外通告の通告期間が始まった。先日はソフトバンクホークスの松田宣浩が退団を発表したが、過去にはまさかの形で戦力外通告、自由契約となった大物選手も数多くいる。そこで今回は、戦力外通告または自由契約を経験した大物選手を5人紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。   中村紀洋 出身:大阪府 投打:右投右打 身長/体重:180cm/93kg 生年月日:1973年7月24日 ドラフト:1991年ドラフト4位    いてまえ打線の中軸を担い、美 ... 続きを見る


中日ドラゴンズ 歴代ゴールデングラブ賞 受賞者一覧|チーム別歴代ゴールデン・グラブ賞獲得選手一覧

2021/12/02

投手 2021:柳裕也 2011:浅尾拓也 2007:川上憲伸 2006:川上憲伸 2004:川上憲伸 2001:野口茂樹 1993:今中慎二 1989:西本聖   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   捕手 2012:谷繁元信 2011:谷繁元信 2009:谷繁元信 2007:谷繁元信 2006:谷繁元信 1982:中尾孝義   関連記事:谷繁元信氏が指摘する「フレーミング」技術の誤解。いまの捕手には「みっともないと思うことも…」   一塁手 2021:ビシエド 2020:ビシエド 2014:森野将彦 ... 続きを見る


プロ野球選手として成功するには? 「バントの神様」が認める、アライバの野球への姿勢

2021/01/31

プロ野球春季キャンプが2月1日から、宮崎と沖縄で一斉に開始する。阪神タイガースでは、元巨人・中日で現在は評論家としても活躍する“バントの神様”川相昌弘氏が臨時コーチを務めることで話題となっている。2006年の現役引退後、読売ジャイアンツと中日ドラゴンズの2球団で12年間、指導者を務めた川相氏は、一軍、二軍、三軍すべてのカテゴリで指導を行った経験を持つ。そんな川相氏に、二軍と三軍の違い、一軍で活躍できる選手の共通点を語ってもらった。<12月29日初掲載>... 続きを見る


侍ジャパン稲葉監督、11月の初陣に意欲! 代表メンバーは「勝利第一の人選」

2017/09/11

 日本野球機構(NPB)などは11日、「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16日・東京)の大会概要を発表した。稲葉篤紀監督が率いる野球日本代表「侍ジャパン」トップチームの初陣となる。    大会は、NPB、韓国野球委員会(KBO)、中華職業棒球大聯盟(CPBL)が主催。今大会が第1回目で、アジアの野球界の発展を目的とする。4年ごとの開催を計画し、日本、台湾、韓国の3チームが対決する。    選手の参加資格は、24歳以下もしくは入団3年目未満が条件で、オーバーエイジ枠は3人となる。    稲葉監督は代表メンバーの選考について、「2020 ... 続きを見る


今季で引退の谷佳知、通算2000本安打には到達できず――次に記録達成が期待される現役選手は?

2015/09/16

16日、谷佳知が京セラドーム大阪で引退会見を開いた。通算安打は1927本。2000本安打には残念ながら到達できなかった。谷は、新井についで2000本安打達成に近い現役選手だった。次に2000本安打という大記録に到達する可能性が高い現役選手は、誰か(記録は、16日試合前時点)。... 続きを見る


予想外の主軸や投手陣の不調に苦しんだ巨人。”攻走守”にわたりチームを支えた鈴木、高橋由、井端らベテラン勢の貢献

2014/09/25

セリーグのペナントレースもいよいよ大詰めを迎えた。優勝間近に迫った巨人。しかし、一方でこの時期まで優勝争いがもつれるとは予想していなかった方も多いのではないだろうか? 要因として、広島や夏場以降のDeNAの猛追など他球団が好調だったこと、そして何よりも巨人の中心選手の不振や不調があげられる。しかし、それでも6月8日から一度も首位の座を明け渡していない。一体、今年の巨人の強さはどこにあったのだろうか? キーワードは走攻守における「ベテラン」だ。... 続きを見る