プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



まさかの退団…戦力外通告or自由契約を経験した大物選手5人

2022/10/05

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 ドラフト会議が近づくとともに、2022年10月3日から戦力外通告の通告期間が始まった。先日はソフトバンクホークスの松田宣浩が退団を発表したが、過去にはまさかの形で戦力外通告、自由契約となった大物選手も数多くいる。そこで今回は、戦力外通告または自由契約を経験した大物選手を5人紹介する。

 

 

村田修一


出身:福岡県
投打:右投右打
身長/体重:177cm/92kg
生年月日:1980年12月28日
ドラフト:2002年ドラフト自由枠

 
 横浜ベイスターズだけでなく、2009年のWBCでも4番として活躍した村田修一。プロ通算で360本塁打を記録した村田だが、NPBでの選手生活の終わりはあまりに突然だった。
 
 元々は投手だった村田は、日本大学に入学してから野手に転向する。大学では通算20本塁打を放ち、自由枠でベイスターズに入団した。1年目から25本塁打を放つ長打力を発揮し、毎年のように2桁本塁打を記録。何より、2008年の打率.323・46本塁打・114打点という成績は圧巻と言えるだろう。
 
 三冠王すら狙えるような成績を残した一方、当時のベイスターズは低迷期。「優勝争いがしたい」という気持ちを抑えることができず、FA(フリーエージェント)で2011年オフに読売ジャイアンツに移籍した。苦しむシーズンもありながら、2013年の8月にはセ・リーグの月間最多安打を更新するなど、チームの優勝に貢献した。
 

 
 2016年は打率3割超えで25本塁打を記録したものの、2017年は成績を下げた村田。すると、若返りを図る球団の方針もあり、まさかの自由契約。NPBでの現役続行を希望するも、獲得する球団は現れなかった。2018年は独立リーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレー。同年限りで現役を引退した。

1 2 3 4 5