プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:プロ1年目

高卒ルーキーで即戦力…プロ1年目から新人離れの成績残した野手6人

2022/09/02

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  夏の甲子園を終え、10月のドラフト会議を前に注目選手がリストアップされつつある。中でも高松商の浅野翔吾外野手はドラフト1位候補として挙げられ、即戦力として期待する声もあがっている。今年は、松川虎生捕手(ロッテ)が開幕スタメンマスクを掴み、既にチームに欠かせない選手となった。ここでは、高卒1年目に圧倒的な活躍を見せた選手6人を紹介する。<野手編>   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   中西太   1年目成績:111試合、打率.281、108安打、12本塁打、65打点、16盗塁    中西 ... 続きを見る


高卒ルーキーで即戦力…プロ1年目から新人離れの成績残した投手5人

2022/09/01

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  夏の甲子園を終え、10月のドラフト会議を前に注目選手がリストアップされつつある。中でも高松商の浅野翔吾外野手はドラフト1位候補として挙げられ、即戦力として期待する声もあがっている。今年は、松川虎生捕手(ロッテ)が開幕スタメンマスクを掴み、既にチームに欠かせない選手となった。ここでは、高卒1年目に圧倒的な活躍を見せた選手5人を紹介する。<投手編>   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   稲尾和久  稲尾は、別府緑丘高から1956年に西鉄(現・西武)入り。しかし、当時の三原脩監督が「打撃投手として獲得した」とい ... 続きを見る


朗希だけじゃない…歴代最強の「佐々木」5人。異常な完全試合率、投打にメジャークラスの逸材【プロ野球最強の名字は?】

2022/04/23

【プロ野球最強の名字は?】  千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が、4月10日オリックス戦で史上16人目となる完全試合を達成した。さらに1週間後の17日(日本ハム戦)の登板でも、8回102球の完全投球を継続し、あの日からまだ一度も走者を出していない。  これまでの完全試合を振り返ると、達成した偉人の名前には「佐々木」投手が3人いた。今回はそんな「佐々木」姓にフォーカスし、これまで球界に名を轟かせてきた5選手を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   “偵察登板”でまさかの… 佐々木吉郎(ささききちろう) 生年月日:1940年3月15 ... 続きを見る


今年も豊作…2022年パ・リーグ“必見”の即戦力ルーキー5人。快挙達成の高卒捕手、異例の大役務めたドラ8右腕も

2022/04/19

パ・リーグ、新人王筆頭候補のルーキーは?  3月25日に開幕した2022年シーズンのプロ野球だが、変わらずコロナ禍の余波は続き、『特例2022』での離脱が数多く発生。試合中止も相次ぎ、各球団が選手のやりくりに頭を悩ませている。    そんな中、若さ溢れる新人選手たちの活躍が目覚ましい。今季は、ドラフト1位の4人を含む計21人 (セントラル・リーグ10人、パシフィック・リーグ11人)が開幕一軍入り。既にチームの重要戦力となっている選手もいる。今回は、パ・リーグ新人王候補に挙がる即戦力ルーキー5人を紹介していく。(※今季成績は18日終了時点)   今シーズンのプロ野球はDAZN ... 続きを見る


今年も豊作…2022年セ・リーグ“必見”の即戦力ルーキー5人。守護神抜擢の剛腕、鈴木誠也の後継者も

2022/04/15

セ・リーグ、新人王筆頭候補のルーキーは?  3月25日に開幕した2022年シーズンのプロ野球だが、変わらずコロナ禍の余波は続き、『特例2022』での離脱が数多く発生。試合中止も相次ぎ、各球団が選手のやりくりに頭を悩ませている。    そんな中、若さ溢れる新人選手たちの活躍が目覚ましい。今季は、ドラフト1位の4人を含む計21人(セントラル・リーグ10人、パシフィック・リーグ11人)が開幕一軍入り。既にチームの重要戦力となっている選手もいる。今回は、セ・リーグ新人王候補に挙がる即戦力ルーキー5人を紹介していく。(※今季成績は13日終了時点)   今シーズンのプロ野球はDAZNで ... 続きを見る