データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:エイドリアン・ベルトレ

レンジャーズ、ベルトレの背番号「29」を永久欠番に 通算3166安打で殿堂入りも有力

2019/01/26

“レジェンド”三塁手に新たな名誉が加わる   テキサス・レンジャーズが、昨季までプレーしたエイドリアン・ベルトレ氏の背番号「29」を永久欠番にすることがわかった。米メディア『Sports Illustrated』が25日(日本時間26日)、伝えている。    殿堂入りも確実視されている名三塁手の背番号が永久欠番に決まった。    同メディアによると、レンジャーズは2011年から8シーズンを同球団でプレーしたベルトレの背番号「29」を永久欠番にするとのこと。今年6月にはセレモニーも行われる予定だ。    レンジャーズの永久欠番はイバン・ロドリゲス氏の「7」 ... 続きを見る


キャリアに幕を下ろす名選手5人をMLB公式が特集 今季はベルトレ、マウアーらが引退を決意

2018/12/26

 激戦のシーズンが終わり、輝かしいキャリアを終えることを決意した選手たちがいる。公式サイト『MLB.com』は、25日(日本時間26日)、「今季球界に別れを告げた名選手5人」と題した特集記事を発表。一時代を築いた名選手たちが名を連ねた。    まず紹介されたのはテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手。ベルトレは1998年、19歳の若さにしてロサンゼルス・ドジャースでメジャーデビュー。その後シアトルマリナーズ、ボストン・レッドソックスを経てテキサス・レンジャーズに移籍した。    豪快かつ確実性の高い打撃だけでなく、強肩と俊敏な動きで魅せる三塁守備、茶目っ気溢れ ... 続きを見る


レンジャーズ・ベルトレが引退を表明 通算3166安打は現役最多

2018/11/21

 テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手が20日(日本時間21日)、現役引退を発表した。    今季で球団との契約が終了し、去就が注目されていたベルトレが遂に引退を発表した。    ドミニカ共和国出身のベルトレは、1998年にロサンゼルス・ドジャースでメジャーデビュー。主に三塁手として、持ち前の長打力と抜群のフィールディングで鳴らした。2005年以降、シアトル・マリナーズとボストン・レッドソックスでプレーし、11年にレンジャーズに移籍。同年、チームを初のリーグ連覇に導いた。    昨季7月には史上31人目となる通算3000安打を達成。今季6月には通算 ... 続きを見る


来季40歳のベルトレ、引退か現役続行か。500号目前のスラッガーの去就、レンジャーズ再契約の可能性も浮上

2018/11/12

 引退か現役続行か。米公式サイト『MLB.com』のスペイン語版『ラス・マジョーレス.com』は10日(日本時間11日)、今シーズン終了後にテキサス・レンジャーズからフリーエージェント(FA)となった39歳の大ベテラン、エイドリアン・ベルトレ内野手の去就について報じている。    今季限りでレンジャーズを退団することが明らかになり、シーズン終盤には本拠地テキサスはもちろん、敵地でも惜別ムードの中でプレーしていたベルトレ。家族との時間を大事にしたいと公言していたこともあり、引退が噂されていたが、現役続行の可能性もあるようだ。    先日閉幕したゼネラルマネジャー(GM)会議に ... 続きを見る


ツインズ一筋マウアー引退か、イチローと首位争いも…去就が注目されるメジャーリーガーは?

2018/10/02

 今季レギュラーシーズンの全日程を終了したメジャーリーグ。プレーオフの行方、個人タイトル争いと話題に事欠かないが、ベテランたちの去就にも注目が集まっている。    今季限りでの引退が噂される1人がミネソタ・ツインズのジョー・マウアー内野手だ。米公式サイト『MLB.com』は9月30日(日本時間10日1日)のシーズン最終戦について、「マウアーにとってMLB最後のゲームとなったかもしれない」と伝えている。    今季で球団との契約が終了するマウアー。30日はメジャー生活15年を過ごしたツインズでの最後の試合となる本拠地シカゴ・ホワイトソックス戦に「1番・一塁」で先発出場。途中か ... 続きを見る


レンジャーズ・ベルトレ、来季去就は未定も「引退のことは頭にある」。指揮官はベテランの活躍に期待

2018/09/17

 テキサス・レンジャーズのベテラン内野手エイドリアン・ベルトレに引退説がささやかれている。近年はハムストリングス、ふくらはぎのけがから出場機会が減少しており、本人自身も来季の去就を決めかねているようだ。米メディア『スポーツデイ』が16日(日本時間17日)、伝えた。    ベルトレは昨年7月にメジャー史上31人目、ドミニカ共和国出身の選手としては史上初となる3000安打を達成。39歳を迎えた今季もヒットを積み重ねており、通算安打は現役最多の3157本を誇る大打者だ。    メジャーリーグでは、スター選手がシーズン終了前に引退を表明して各地でセレモニーを行う「引退興行」がお馴染 ... 続きを見る


レンジャーズ苦渋の決断か、ベルトレにトレードの可能性浮上

2018/07/05

 テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手にトレードの可能性が浮上した。アメリカン・リーグ西地区最下位に沈むチームが将来的な再建を目指すためだという。だが、今季39歳のベテランはチームの“顔”であり、唯一打率3割を維持する“レジェンド”。球団は苦渋の決断を迫られているようだ。    1998年にロサンゼルス・ドジャースでメジャーデビューしたベルトレは、強打と好守を兼ね備えた三塁手として活躍してきた。昨年7月には3000安打を記録し、将来の殿堂入りの可能性も高い。レンジャーズでは今季8シーズン目を迎え、3日(日本時間4日)終了時点で55試合に出場し、打率.309、4本塁打、 ... 続きを見る


レンジャーズの39歳ベルトレ、通算3090安打でイチロー抜く メジャー歴代単独21位に

2018/06/14

 テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手が13日(日本時間14日)、敵地でのロサンゼルス・ドジャース戦の4回に前田健太投手から二塁打を放って通算3090安打とし、現在シアトル・マリナーズで特別補佐に就いているイチロー外野手の記録を抜き歴代単独21位に立った。    ベルトレは4回の第2打席、前田投手との対戦でカウント2-2から84.3マイル(約136キロ)のスライダーを弾き返しセンターへの二塁打。これで通算3090安打目となり、それまで3089安打で並んでいたイチローを抜いてメジャー歴代単独21位となった。    ベルトレはドミニカ共和国出身の39歳。昨季まで ... 続きを見る


レンジャーズ、痛すぎる補強失敗。激戦区で歴史的低迷のシーズンになるか【30球団戦力紹介】

2018/04/12

 今年もメジャーリーグが開幕した。世界一を目指すチーム、数年後の奪還へ向けて再建を図るチーム…いずれにしても、様々な状況の中で162試合という長いシーズンを戦い抜かなければならない。それぞれの戦力とともに、どんな位置付けになっているのか見てみよう。... 続きを見る


ベルトレが成し遂げた偉業。中南米出身選手の最多安打記録更新「非常に慎ましい気持ち」

2018/04/07

 ドミニカ共和国出身のベテラン内野手エイドリアン・ベルトレ(レンジャーズ)が、4月5日(日本時間6日)、対アスレチックス戦の2回に二塁打を放ち、MLB通算安打数を3054に伸ばした。3053安打で並んでいたパナマ生まれの伝説的プレーヤー、ロッド・カルーの記録を抜き、ラテン系プレーヤーの最多安打記録保持者となったと「ディアリオ・リブレ」紙など複数のドミニカ共和国メディアが同日報じている。    この日の試合でもう1本ヒットを放って3055安打まで記録を伸ばし、リッキー・ヘンダーソンの記録にも並んで歴代24位タイに浮上。ベルトレは「非常に慎ましい気持ちだ。偉大なプレーヤーたちに追いつけた ... 続きを見る


大谷を迎え撃つ10人の“怪物”。鉄人二塁手にイチローの後継者…AL西地区の強打者【編集部フォーカス】

2018/03/11

 エンゼルスの大谷翔平が二刀流をどのように実現させていくのかに注目が集まる中、球団は『投手大谷』を軸に、長いシーズンを戦っていく考えを明らかにしている。そして『投手大谷』と多く対戦することになるであろう、アメリカン・リーグ西地区には、強打者が揃っている。今回は、大谷のライバルとなるアメリカン・リーグ西地区の強打者たちを紹介していく。 【次ページ】MVPを獲得した167センチの安打製造機... 続きを見る


【MLB】ベルトレ、史上31人目の3000本安打達成! 現役ではイチローに次ぎ2人目

2017/07/31

 テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手が、30日(日本時間31日)の本拠地でのボルティモア・オリオールズ戦の4回裏に二塁打を放ち、史上31人目、現役選手としてはイチロー外野手以来2人目の3000本安打を達成した。    前日に1安打を放ち、大台まで残り1本としていたベルトレは第2打席の4回裏にオリオールズ先発のマイリーから左翼線へ鋭い二塁打を放ち、MLB通算3000本安打を達成。会場は大歓声に包まれ、3000本安打を記念する垂れ幕などが披露された。    ベルトレはドミニカ共和国生まれの38歳。キャリアをロサンゼルス・ドジャースで始め、2004年には48本塁 ... 続きを見る


【MLB】レンジャーズ・ベルトレが史上31人目・米国外出身選手では5人目の3000安打に王手!

2017/07/30

 テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手(38)は29日(日本時間30日)に本拠地で行われたボルティモア・オリオールズ戦に4番・三塁手として先発出場。4打数1安打で通算安打数を2999とし、史上31人目となる通算3000安打まで残り「1」とした。    ベルトレは第2打席でオリオールズ先発・ゴースマンの直球を左前に弾き返し、通算安打を2999に伸ばした。その他の打席でも積極的な打撃を見せ、偉業達成への期待が高まったが、いずれも凡退となり記録達成は持ち越しとなった。    また、ドミニカ共和国出身のベルトレが3000安打達成となれば、米国外出身選手ではイチロー、 ... 続きを見る


【MLB】ベルトレ、笑撃の退場劇が話題に ネクストバッターズサークルに入れと指示→サークルを動かし退場

2017/07/27

 テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手が、26日(日本時間27日)のマイアミ・マーリンズ戦の8回裏にネクストバッターズサークルを移動させたとして退場となった。そのシーンが早くも米国で話題となっている。    MLB通算3000本安打まで残り7本で迎えたこの日は本塁打と二塁打2本を放ち、一気に残り4本とする。しかし、8回裏に第5打席に入ろうとしたところで問題が起きてしまった。    ベルトレは、投手の球筋を見ようと、ネクストバッターズサークルから離れて、本塁に近づいて打席の準備をしていた。すると、二塁塁審がベルトレにサークル内に戻るように指示。すると、ベルトレ ... 続きを見る


【MLB】イチロー、金字塔目前のベルトレについて語る「金属バットで打撃練習していた」

2017/07/25

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、史上31人目の3000本安打まで残り7本と迫っているテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手との思い出を24日(日本時間25日)にMLB公式サイトで語っている。    ベルトレは2005年にロサンゼルス・ドジャースからシアトル・マリナーズに移籍。2010年にボストン・レッドソックスに移籍するまで、イチローとは5シーズンもの間一緒にプレーした。    イチローはベルトレとの思い出を聞かれると、「金属バットを使って打撃練習をしていたことですね」と通訳を介して語ったという。「セーフコ・フィールドで彼とセクソンが金属バットでボー ... 続きを見る


【MLB】イチロー、突然の試合出場で2打数無安打 ベルトレ4安打で金字塔まで残り「7」

2017/07/25

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、24日(日本時間25日)に敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に途中出場。2打数無安打、1四球とした。チームは4-0で勝利した。    この日は4回に指名打者のジャスティン・ボーアの打席で突然代打として出場。ボーアはトレードされたのではないかとファンは騒然となったが、外腹斜筋の張りと球団が発表した。    そのイチローの第1打席はフルカウントから四球を選び出塁。6回表の第2打席では空振り三振に打ち取られると、8回表の第3打席は初球を捕らえるも、中飛となりこの日は2打数無安打1四球で終えた。    チームは初回にスタントン ... 続きを見る


イチローが歴代最多記録更新。トップ5は誰? MLB米国外出身選手安打数【編集部フォーカス】 

2017/07/07

イチローが最多記録を更新  マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、6日のセントルイス・カージナルス戦で2安打を放ち、MLB通算3054安打として歴代24位に単独浮上。また、同時にロッド・カルーを抜き、米国外出身選手での歴代最多安打を更新した。    今回は、イチローが歴史を塗り替えるにあたって乗り越えてきた選手と、また新たに迫るもう一人の安打製造機に焦点を当てつつ、米国外出身選手の安打数ランキングトップ5を特集する。 【次ページ】第5位:ロベルト・クレメンテ... 続きを見る


【MLB】ダルビッシュ、今夏のトレードは6月のチーム成績次第か。チーム好調でレ軍は「売り手」から脱却

2017/05/25

 現地23日(日本時間24日)、MLB公式サイトはテキサス・レンジャーズが5月の好調でトレード市場の「売り手」ではなくなったことを特集。    現在、今季で契約満了となり、FAとなるダルビッシュ有投手がトレード市場で非常に高い評価を得ている。そもそも、トレード市場で話題となっていたのは、レンジャーズが5月上旬まで低迷しており、ダルビッシュを放出することで見返りに若手有望株を獲得するという算段があったからだ。    そのため、今後、レンジャーズが優勝を狙える立ち位置となれば、チームはダルビッシュを放出せず、シーズン終了まで先発1番手として起用することが濃厚だ。   ... 続きを見る


剛腕&強打のドミニカ共和国代表、機動力戦術も最高級。連覇へ隙なし【WBC戦力分析】

2017/03/01

 前大会覇者のWBCドミニカ共和国代表。投打ともにMLBを代表する選手が集結し、本大会でも優勝候補筆頭と目されている。    しかし、昨季MLBで32本塁打を放ちゴールドグラブ賞を5度受賞した、守備力にも定評のあるエイドリアン・ベルトレ内野手が、足のケガにより1次ラウンドの参戦が困難となった。2次ラウンド以降の進出が決まれば、ケガの回復具合によっては途中参戦する可能性もある。    野手陣は、ベルトレ不在でも攻守両面で非常に強力な構成となっている。特に昨季30本塁打以上を放った打者が5人並ぶ打線は破壊力抜群だ。ロビンソン・カノー内野手、マニー・マチャド内野手、ハンリー・ラミ ... 続きを見る