データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



川﨑宗則、青木宣親がメジャー挑戦。イチローはヤンキース移籍、松井秀喜は現役引退へ――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2012年編】

2020/07/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 7月23日(日本時間7月24日)に開幕するメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2012年編。

2012年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2012年は、OPS1.000を超える選手が現れない年となった。ランキングを制したのは、2年連続2位となっていたミゲル・カブレラ(デトロイト・タイガース)だ。同年は打率.330、44本塁打、139打点、OPS.999をマーク。アメリカン・リーグ首位打者、本塁打王、打点王の三冠王に輝く大活躍を見せ、シーズンMVPも獲得。チームを地区優勝、ワールドシリーズ進出へと導いた。
 
 2位にはナショナル・リーグ本塁打王を獲得したライアン・ブラウン(ミルウォーキー・ブルワーズ)、3位には若手有望株のマイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)が入った。同年のトラウトは、打率.326、30本塁打、83打点、OPS.963と高い打撃成績を残しながら、両リーグトップの49盗塁をマークし、ア・リーグ盗塁王と新人王を獲得。5ツールプレイヤーとしての能力を発揮し、メジャー2年目で早くもブレイクを果たした。
 
 4位には捕手のバスター・ポージー(サンフランシスコ・ジャイアンツ)がランクインした。同年は打率.336、24本塁打、103打点、OPS.957をマークし、ナ・リーグ首位打者とシーズンMVPを獲得。攻守に渡る活躍でチームを牽引し、ワールドチャンピオンに輝いた。
 
 以降は5位にアンドリュー・マカッチェン(ピッツバーグ・パイレーツ)、6位にエドウィン・エンカーナシオン(トロント・ブルージェイズ)、7位にプリンス・フィルダー(タイガース)、8位にジョシュ・ハミルトン(テキサス・レンジャーズ)と続いた。
 
 9位にはロビンソン・カノー(ニューヨーク・ヤンキース)となった。同年は打率.313、33本塁打、94打点、OPS.929をマークし、シルバースラッガー賞を獲得。毎年のように好成績を収めていたが、意外にも初のランキング入りとなった。
 
 10位はエイドリアン・ベルトレ(レンジャーズ)が2004年以来8年ぶりにランクインという結果となった。

川﨑宗則、青木宣親がメジャーデビュー

 2012年は、川﨑宗則、青木宣親の2選手がメジャーデビューを果たした。
 
 まずは、川﨑の成績から振り返っていきたい。
 
 川﨑は、福岡ソフトバンクホークスからFA移籍で、シアトル・マリナーズとマイナー契約。NPBでは盗塁王、最多安打を獲得するなど俊足巧打と堅守を誇った。また、この移籍で師弟関係にあるイチローとはチームメイトになった。
 
 MLBではオープン戦で結果を残し、開幕前にメジャーへ昇格。4月7日には「9番・遊撃」でメジャーデビューを果たし、初安打初打点も記録した。
 
 以降は主に守備固め、代走など途中出場が続いたが、緊急時の捕手として待機するなど、スーパーサブとしてベンチ入りを続けた。
 
 最終的に61試合に出場。打率.192、2盗塁、OPS.459と打撃は低迷したが、ベンチの盛り上げ役も買って出るなど、チームに必要な存在となった。
 
 次に、青木の成績を振り返っていきたい。
 
 青木は、東京ヤクルトスワローズからポスティングシステムを行使し、ミルウォーキー・ブリュワーズに入団。NPBでは首位打者3回、最多安打、最高出塁率2回など数多くのタイトルを獲得し、屈指の好打者として知られた。
 
 MLBでは、開幕スタメンは逃したが、4月6日に代打でメジャーデビュー。途中出場が多かったが、メジャー初本塁打となるランニング本塁打を放つなど、必死のアピールを続け、5月下旬にはスタメンに定着した。
 
 3割を超える打率を維持し、前半戦を折り返した青木。後半戦当初は不振に陥ったが、8月には復調を果たし、1年目から規定打席にも到達した。
 
 最終的に151試合に出場。打率.288、10本塁打、50打点、OPS.787の好成績を残した。盗塁も30個を数えるなど足でも存在感を見せ、上々のメジャーデビューとなった。

同年限りでメジャーの舞台を去った3選手

 松井秀喜、福留孝介、西岡剛の3選手は、同年限りでメジャーを去ることとなった。
 
 まずは、メジャー5年目を迎えた福留だ。
 
 同年2月にシカゴ・ホワイトソックスとメジャー契約。開幕から主に代打など途中出場での起用が続いた。6月に右脇腹を痛め、故障者リスト入りとなると、同月に自由契約となった。
 
 7月にはヤンキースとマイナー契約を結んだが、メジャー昇格は叶わず、そのままシーズンを終えた。
 
 最終的にシーズン合計24試合に出場。打率.171、OPS.489に終わった。メジャーデビュー 年にはオールスター出場を果たすなど、強いインパクトを残した福留。5年間のメジャー挑戦を終えた。
 
 次に、メジャー2年目を迎えた西岡剛。
 
 同年はオープン戦で左手小指を痛め、開幕をマイナーで迎えた。4月には足首の捻挫で故障者リスト入りとなり、前半戦のメジャー昇格はならなかった。
 
 後半戦にはけがの回復とともに調子を上げ、8月下旬にメジャーへ昇格。しかし、少ない出場機会の中で結果を残せず、わずか2週間ほどでマイナーに降格。以降の再昇格は叶わなかった。
 
 最終的にわずか3試合の出場に終わり、打率.000、OPS.071となった。相次ぐ故障に泣き、2年間のメジャー挑戦を終えた。
 
 そして、メジャー10年目を迎えた松井だ。
 
 同年は開幕後も未所属が続いたが、4月下旬にタンパペイ・レイズとマイナー契約を結んだ松井。5月下旬にメジャー昇格を果たし、直後の試合で本塁打を放つなど、活躍に期待がかかった。
 
 しかし、以降はなかなか調子が上がらず、苦しい時期が続いた。試行錯誤を重ねたが、7月下旬には自由契約となり、そのままシーズンを終えることとなった。
 
 最終的に34試合に出場。打率.147、2本塁打、OPS.435となった。名門・ヤンキースではクリーンアップを務め、日本人選手唯一のワールドシリーズMVPなどメジャーで数多くの功績を残した松井。10年間の挑戦を終えるとともに、同年限りで20年間の現役生活に別れを告げた。

シーズン途中にヤンキースへ移籍したイチロー

 最後に、メジャー12年目を迎えたイチロー。
 前年に様々な連続記録が途切れ、再起を図るシーズンとなった。
 
 同年は「3番・右翼」で開幕を迎え、日本で行われた開幕戦では、5打数4安打の活躍を見せるなど幸先の良いスタートを切った。4月は好調を維持していたが、5月に3割を切ると、打率が停滞。7月下旬にはトレード移籍でヤンキースへ加入することとなった。
 
 移籍後は途中出場も増えたが、スタメン出場の試合では主に下位打線、守備位置も定位置の右翼だけでなく、左翼、中堅と外野の全ポジションを守った。
 
 7月30日にはメジャー通算100本塁打を達成。途中加入ながらチームに貢献し、激戦を制したチームは地区優勝を果たした。
 
 ポストシーズンでは2番で全試合にスタメン出場し、本塁打を放つなど活躍を見せたが、ワールドシリーズには届かなかった。
 
 シーズン合計では、全試合出場となる162試合に出場。打率.283、178安打、29盗塁、OPS.696をマークした。移籍後は立場に変化が見られたが、様々な役割をこなす対応力を見せた。
 
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集