プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



まさに”主役”…夏の甲子園で覚醒した現役プロ野球選手5人|全国高校野球選手権大会

2022/08/19

text By

photo

産経新聞社



高校野球 夏の甲子園 最新情報(最新ニュース)

 第104回全国高等学校野球選手権大会が8月6日から阪神甲子園球場で開幕。深紅の大優勝旗をかけて、熱戦が続いている。今年もプロ注目の逸材が実力を示す一方で、圧倒的な活躍を見せ、一躍ドラフト候補に名乗りを上げる選手もいる。今回は、夏の甲子園で覚醒した現役プロ野球選手を5人紹介したい。

吉田輝星(金足農業)


投打:右投右打
身長/体重:175㎝/83㎏
生年月日:2001年1月12日
ドラフト:2018年ドラフト1位
 
 「金農旋風」が巻き起こった第100回記念大会。立役者となったのが、北海道日本ハムファイターズで活躍する吉田輝星だ。
 
 地元の公立高・金足農業に進学した吉田は、1年秋から主戦を任され、2年夏には秋田県大会決勝進出。しかし明桜(現ノースアジア大明桜)に敗れ、甲子園出場は逃した。迎えた最後の夏、絶対的エースとして地方大会を1人で投げ抜き、決勝戦では明桜に雪辱。“聖地”への切符を手にした。

 甲子園大会では、1回戦・鹿児島実業(鹿児島)戦で9回14奪三振1失点と快投で初戦を突破すると、勢いのままに快進撃を見せる。吉田は準々決勝・近江(滋賀)戦まで4試合連続2桁奪三振、準決勝・日大三(西東京)戦まで5試合連続完投勝利を飾り、ついに秋田県勢103年ぶりとなる決勝戦に駒を進めた。決勝では根尾昴(現中日ドラゴンズ)や藤原恭大(現千葉ロッテマリーンズ)らを擁し、世代最強と呼ばれた大阪桐蔭(北大阪)に敗れ準優勝となったが、全国にその名を轟かせ、同大会の主役となった。その後、日本ハムへドラフト1位入団。2022年シーズンはリリーフとして飛躍の兆しを見せている。

1 2 3 4 5