データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太のドジャースは7投手の大混戦 日本人所属チームのローテ候補を紹介【編集部フォーカス】

2019/03/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



クレイトン・カーショウ(左)


2018年成績 26試合161回1/3、9勝5敗、155奪三振、防御率2.73、WHIP1.04
通算成績 318試合2096回1/3、153勝69敗、2275奪三振、防御率2.39、WHIP1.00
 
 言わずと知れた“最強左腕”カーショウも、昨季は9勝にとどまり、連続2桁勝利は8年でストップした。今年のスプリング・トレーニングでは左肩の炎症を発症し、調整が遅れており、指名されていた9年連続となる開幕投手も白紙となっていた。
 
 ドジャース31年ぶりの世界一に向けてエースの帰還は絶対条件。通算200勝、250勝にも手が届くペースで勝ち星を重ねている左腕は、今年もチームを牽引できるか。

1 2 3 4 5 6 7 8


  • 記者募集