データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太のドジャースは7投手の大混戦 日本人所属チームのローテ候補を紹介【編集部フォーカス】

2019/03/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



ウォーカー・ビューラー(右)


2018年成績 24試合137回1/3、8勝5敗、151奪三振、防御率2.62、WHIP0.96
通算成績 32試合146回2/3、9勝5敗、163奪三振、防御率2.95、WHIP1.03
 
 ビューラーは、調整が遅れているカーショウに代わる開幕投手候補。昨季は24試合に登板して、防御率2.62をマーク。平均球速155キロの速球を武器に、WHIPは驚異の0.96を記録するなど、相手打線を全く寄せ付けなかった。まだまだ進化過程の24歳は今季、さらなる飛躍を遂げ、エースへの階段を上る。

【次ページ】フリオ・ウリアス
1 2 3 4 5 6 7 8


  • 記者募集