データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太のドジャースは7投手の大混戦 日本人所属チームのローテ候補を紹介【編集部フォーカス】

2019/03/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



フリオ・ウリアス(左)


2018年成績 3試合4回、0勝0敗、7奪三振、防御率0.00、WHIP0.25
通算成績 26試合104回1/3、5勝4敗、102奪三振、防御率3.71、WHIP1.44
 
 メキシコ出身左腕のウリアスは、2012年にドジャースと契約。16年に19歳の若さでメジャーデビューした超有望株だ。メジャー1年目は、平均球速150キロ超えの速球と多彩な変化球を武器に、15試合に先発して5勝を挙げるなど、その才能の片鱗を見せつけた。
 
 2017年6月に左肩の手術後は球団も慎重な姿勢を見せているが、万全の状態で復帰すれば今季ローテーションに食い込む可能性は十分にある。

1 2 3 4 5 6 7 8


  • 記者募集