データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ハーパー、マチャドは圏外!? MLB、2019年高額年俸ランキングTOP10は?

2019/03/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



4位マイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)


2018年成績:140試合 打率.312、39本塁打 79打点
2019年年俸:3410万ドル(約37億5100万円)
総契約:6年(2015-20年) 総額1億4450万ドル
 
 27歳の若さですでに野球殿堂入りが確実視されているトラウト。MVP投票常連のスーパースターにエンゼルスは2021年以降、10年総額3億5000万ドル(約392億円)の契約を検討しているとの報道もあり、去就が注目を集めている。
 
 メジャー8年間で通算1187安打、240本塁打、648打点、189盗塁をマーク。10年契約を結んで順調に成績を伸ばすことができれば、「300本塁打、300盗塁」の300-300クラブや、ウィリー・メイズ氏とアレックス・ロドリゲス氏が記録した300-300-3000(安打)、バリー・ボンズ氏だけが達成している「400本塁打、400盗塁」、「500本塁打、500盗塁」なども視野に入ってくるかもしれない。

【次ページ】第3位
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11