データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ハーパー、マチャドは圏外!? MLB、2019年高額年俸ランキングTOP10は?

2019/03/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



6位 クレイトン・カーショウ(ロサンゼルス・ドジャース)


2018年成績:26試合9勝5敗 防御率2.73
2019年年俸:3100万ドル(約34億1000万円)
総契約:3年(2019-21年) 総額9300万ドル
 
 4年目の2011年には21勝、248奪三振、防御率2.28をマークして、投手三冠を達成したカーショウ。3度のサイ・ヤング賞に輝いた球界のエースだが、昨季は腰痛に加え、左上腕二頭筋の腱炎などにより、2度の故障者リスト入り。8年続いた2桁勝利が途切れる苦しいシーズンとなった。
 
 今年のスプリングトレーニングでは、左肩の炎症により調整が遅れており、指名されていた9年連続の開幕投手にも黄信号が灯っている。通算153勝を誇る左腕は、昨季の雪辱を果たすことができるだろうか。

【次ページ】第5位
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11