データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



SB・日本ハムの対抗はまさかのオリックス。昨季最下位も投打充実、大化けの期待【パ展望】

いよいよプロ野球の2017シーズンが始まる。パリーグ各球団の戦力がどのようになっているのかを見ていきたい。

2017/03/31

text By

タグ: , , , , , , , ,



リーダーが生まれればオリックスは大穴

 昨季、最下位に甘んじたオリックスだが、大穴候補として推したい。
 
 何よりもエース金子千尋投手に復調の兆しが見えてきたのが期待できる最大の要素だ。オープン戦では防御率0.60と抜群の安定感を誇った。この2年はトップパフォーマンスではなかったが、コンディションが戻り、リーグトップクラスの投手として存在感を示してくれるはずだ。金子千尋に引っ張られ、Wエースの西勇輝投手もイキイキとするだろう。新外国人のフィル・コーク投手もオープン戦では結果を残している。
 
 ルーキーの山岡泰輔投手が開幕1軍入りし、若い世代の台頭も楽しみだ。リリーフ陣は、WBCでフル回転した平野佳寿投手の疲れが心配されるものの、昨季、下位に沈んだ分、戦力層は整備されている。海田智行投手、吉田一将投手、佐藤達也投手らに新外国人のゴンザレス・ヘルメン投手、ルーキーの黒木優太投手や澤田圭佑投手らが厚みを加えている。
 
 打線は西野真弘内野手、安達了一内野手のコンビが固定され、チームをけん引する。糸井の穴は大きいが大砲として期待のT-岡田外野手、新外国人のステフェン・ロメロ外野手、補強組の中島宏之内野手、小谷野栄一内野手らが上手く噛みあえば非常にバランスのある攻撃を仕掛けられるはずだ。昨年の台湾ウインターリーグで打撃部門を総なめした期待の大砲・吉田正尚の離脱は痛いが、4月中に戻ってくるとのことだ。例年のようなことにはならないはずだ。
 
 懸案事項はチームを引っ張るリーダーがいないことだ。負けが込むと下を向いてしまう選手が多く、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智外野手のような若くても引っ張っていくキャプテンシーの強い選手が出てこないと苦しい。勢いにさえ乗れば力があるチームだけに、チームでは中堅格のT-岡田らにその役割をもと得ていきたい。リーダーが生まれれば、一気に変わるチームだ。大化けを期待したいところだ。

1 2 3 4 5 6





  • 記者募集