データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



SB・日本ハムの対抗はまさかのオリックス。昨季最下位も投打充実、大化けの期待【パ展望】

いよいよプロ野球の2017シーズンが始まる。パリーグ各球団の戦力がどのようになっているのかを見ていきたい。

2017/03/31

text By

タグ: , , , , , , , ,



ロッテは今年こそCSではなく優勝狙いに

 オープン戦首位でフィニッシュした昨季3位の千葉ロッテマリーンズに対する期待度は高い。
 日本ハム、ソフトバンクの2強といわれている前評判に割って入りたい。
 今季のロッテの一つの注目は背番号が大きく変わったことだ。飛躍を期待される選手、その逆の選手、それぞれいるが、この変更が選手個々の起爆剤となるのだろうか。
 
 投手陣はエースの涌井秀章投手の安定感が光る。2年連続2ケタ勝利を挙げて防御率もいい。WBC出場の石川歩投手のコンディションがやや心配されるだけに、涌井の存在がチームの大型連敗を招かない理由になるはずだ。抑えからの再転向となる西野勇士投手のパフォーマンスも気になる。もともと先発投手だっただけに、難しい挑戦にはならないだろう。
 
 背水の陣となる唐川侑己投手、背番号が変わった大嶺祐太投手、藤岡貴裕投手らの奮起も期待したい。黄金ルーキーの佐々木千隼投手に期待がかかるが、これほどの逸材だけに、ルーキーイヤーからの焦りは禁物だ。いい形でのデビューを飾ってもらいたい。ブルペン陣は西野が先発に回った分、内竜也投手、益田直也投手らがその役を担うことになるだろう。大嶺をリリーバーとするのも一つの手だが、伊東監督がどうマネジメントしてくるかも楽しみだ。
 
 打線は投手陣以上に背番号が変わった選手が多く、彼らのさらなる成長に期待したい。「22」の田村龍弘捕手は正捕手2シーズン目になり、「8」をまとう中村奨吾内野手は遊撃手のレギュラー争いから抜け出したい。
 
 外野陣は「3」になった角中勝也に新しいリーダーとして期待したい。荻野貴司外野手、清田育宏外野手、加藤翔平外野手ら、高い能力がありながら、なかなか安定した成績につなげることが出来ていない選手たちには、それぞれの持ち味で勝負したい。デスパイネが抜けた穴を新外国人のマット・ダフィー外野手、ジミー・パラデス外野手、和製大砲の井上晴哉内野手がどこまでも存在感を示せるか。
 
 CSを狙うチームではなく、リーグ優勝を今年こそ果たしたい。

1 2 3 4 5 6





  • 記者募集