データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



SB・日本ハムの対抗はまさかのオリックス。昨季最下位も投打充実、大化けの期待【パ展望】

いよいよプロ野球の2017シーズンが始まる。パリーグ各球団の戦力がどのようになっているのかを見ていきたい。

2017/03/31

text By

タグ: , , , , , , , ,



西武は辻新監督の下で立て直し

 昨季4位の埼玉西武ライオンズは、辻発彦新監督を迎え、再出発を図る。昨年はリーグトップの本塁打数を誇りながら、守備から崩れていった。辻監督の手腕でのどれだけチームが変われるかが注目だ。
 
 投手陣は先発ローテーションからやりくりが難しい。それだけに2年連続で開幕投手を務める菊池雄星に対する期待は高い。最低でも10勝、15勝を挙げるくらいの存在であってほしい。菊池の後に続くのが日本での実績がある外国人のブライアン・ウルフ投手、2年目多和田真三郎投手。しかし、枚数が足りないのが現状だ。本来なら、ルーキーイヤーに月間5勝を挙げた高橋光成投手や十亀剣投手などに期待したいところだが、厳しい状況だ。シーズンが始まってから整えていくことになるだろう。
 
 一方のブルペン陣は、ここ数年、悩まされてきたがめどが立ちそうだ。クローザーの増田達至投手、牧田和久投手が安定し、左腕の武隈祥太投手、大石達也投手が君臨する。さらに新外国人のシュリッター投手も戦力になる。WBC参加の牧田の疲れが心配されるが、こちらは厚みでカバーできるだろう。
 
 打線はキャプテンになった浅村栄斗内野手、中村剛也内野手やエルネスト・メヒア内野手の長打力は健在。チャンスメーカータイプも秋山翔吾外野手、金子侑司外野手、栗山巧外野手と揃っているものの、課題はつながりのある打線にしていくか。走塁を含めた得点力を高めていきたい。オープン戦では外野手の木村文紀、田代将太郎らが出場機会を得た。
 
 懸案の遊撃手はルーキーの源田壮亮内野手が持ち味を発揮している。水口大地内野手ら、辻監督のスタイルに合致する選手にはチャンスが増えてくるだろう。いかに実践力のある選手がラインアップに並ぶかで、破壊力にプラスされたチーム力となるはずだ。また、正捕手争いも注目。森友哉捕手はケガで離脱したが、炭谷銀仁朗の定位置を岡田雅利捕手らが脅かすことができるかも注目だ。前評判は決して高くない。しかし、潜在能力が高いだけに、可能性を秘めるチームだ。

1 2 3 4 5 6





  • 記者募集