データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



SB・日本ハムの対抗はまさかのオリックス。昨季最下位も投打充実、大化けの期待【パ展望】

いよいよプロ野球の2017シーズンが始まる。パリーグ各球団の戦力がどのようになっているのかを見ていきたい。

2017/03/31

text By

タグ: , , , , , , , ,



デスパイネ加入で厚みが増したソフトバンク

 昨季はまさかの大失速で3連覇を逃した福岡ソフトバンクホークス。リベンジに燃えているのは間違いない。
 
 WBCには投手では武田翔太投手、千賀滉大投手、リック・バンデンハーク投手、ロベルト・スアレス投手を送り込んだ。彼らの疲労具合が心配されるが、先発陣は開幕投手を務める和田毅投手、中田賢一投手ら実力派が揃う。選手層の厚さは12球団1だ。武田はWBCではさほど登板機会は多くなかった。その悔しさが残るだけに、彼のモチベーションを上手く生かしたい。
 
 OP戦では松坂大輔投手が復活を予感させた。こちらも1軍復帰となれば大きな戦力となるだろう。むしろ、中継ぎのスアレスがWBC中の故障で開幕に間に合わないのが痛い。昨季も中継ぎ陣の起用に泣いたところがあり、ここをどうにか整えたい。昨秋のドラフトではゴールデンルーキーの田中正義投手以外は高校生で固めて即戦力投手はいない。昨シーズンオフにウインターリーグに参加した五十嵐亮太投手には今シーズンにかける想いを感じる。さらに育成から這い上がった石川柊太投手、高校時代は藤浪晋太郎投手・大谷翔平投手らとともに「BIG4」と騒がれた左腕・笠原大芽がどこまで戦力になるか。長くワンポイントの役割を担ってきた森福允彦投手の穴も気になるところだ。
 
 打線はWBCに内川聖一外野手、松田宣浩内野手が参戦したが大きな問題にはならないはずだ。打線のキーとなるのは千葉ロッテマリーンズから移籍のアルフレド・デスパイネ外野手だ。彼もWBCにも出場したが、3本塁打の活躍を見せた。WBCでみせたような集中力がシーズンで発揮することが出来れば大きな戦力になるだろう。もともと巨大戦力であり、打線は厚みがある。
 
 中村晃外野手、今宮健太内野手、長谷川勇也外野手など実力者がそろい、柳田悠岐外野手の復調も近い。若手では4年目の上林誠知外野手がブレークの兆しを見せている。昨年の悔しさをバネに、今季こそ、ぶっちぎりのリーグ制覇と行きたいところだ。

1 2 3 4 5 6





  • 記者募集