データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



SB・日本ハムの対抗はまさかのオリックス。昨季最下位も投打充実、大化けの期待【パ展望】

いよいよプロ野球の2017シーズンが始まる。パリーグ各球団の戦力がどのようになっているのかを見ていきたい。

2017/03/31

text By

タグ: , , , , , , , ,



日本ハム打線のカギは1番・西川

 昨季、11.5ゲーム差を跳ね返してリーグ制覇、日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズは連覇を狙う。
 
 WBC代表には宮西尚生投手、増井浩俊投手、ルイス・メンドーサ投手、中田翔内野手、ブランドン・レアード内野手を送り込んだ。その影響が心配される。先発陣はエース・大谷翔平が投手として出遅れ、開幕投手は昨季11勝の有原航平が務める。同10勝の高梨裕稔、2年目左腕・加藤貴之ら若い世代に期待したい。
 
 救援陣は安定のメンバーが揃うが、心配なのはWBCの疲労がどこまで影響するかだ。増井はクローザーへの再転向となるだけに、シーズンに入ってどのようなパフォーマンスを見せるかは気になるところ。また、米国帰りの村田透投手は先発・中継ぎの両面で救世主になれるか。
 
 打線はFAで陽岱鋼外野手が抜けたが、それほどの心配はないだろう。1番を務める西川遥輝がカギを握りそうだ。昨季ベストナインにも輝いたチャンスメーカーは、安打、出塁、盗塁とチームを引っ張ってくれるはずだ。主軸を務める中田翔、レアードがWBCの盛り上がりからどうシーズンに入っていくかも注目したい。昨季は1番・西川からの流れが良かっただけに、今季も同じようなつながりを見せていきたい。
 
 一方、打者・大谷が開幕に間に合い、オープン戦では好調さを見せつけた。ケガの状態、ことし1年の二刀流での起用法がどのような形になるかもシーズンの趨勢を占うかもしれない。安定感のある守備を誇る中島卓也内野手、扇の要となる大野奨太捕手、自身の役割を認識したいぶし銀たちの活躍も見逃せない。また、陽の移籍で、岡大海外野手、近藤健介捕手らのさらなる飛躍も期待される。
 
 WBCに多くの選手を派遣していた分、昨シーズンの疲れとともにやや危惧される部分ではある。しかし、日本ハムはファームシステムが機能し、どんどん選手が生み出される環境があるのも事実だ。たとえ離脱者が出ても、選手層の厚みを見せつけることができれば、連覇を果たせるはずだ。

1 2 3 4 5 6