大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » プロ野球最新情報 » かつての輝きは見られる…?昨オフ戦力外通告を受けた大物6人。新天地で復活を目指す選手たち

かつての輝きは見られる…?昨オフ戦力外通告を受けた大物6人。新天地で復活を目指す選手たち

2024/05/16

text By

photo

産経新聞社



(左から)ソフトバンク・森唯斗、阪神・髙山俊、楽天・西川遥輝

プロ野球 最新情報

 プロ野球の世界では、毎年ドラフト会議によって晴れてプロ入りを勝ち取る選手がいる。その一方、現役引退や戦力外通告などで球界を去る選手も存在する。特に昨オフは、輝かしい実績を誇る選手も、多く非情宣告を受けることとなった。そこで今回は、戦力外となった大物選手を紹介したい。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで生中継!
月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 

髙山俊

オイシックス・髙山俊
・投打:右投左打
・身長/体重:181cm/87kg
・生年月日:1993年4月18日
・経歴:日大三高 – 明治大
・ドラフト:2015年ドラフト1位
 
 ルーキーイヤーには新人王を獲得した髙山俊。2023年のレギュラーシーズン終了後に戦力外通告を受けた。
 
 日大三高時代には、主軸打者として3年夏の甲子園優勝に貢献。明治大ではリーグ通算安打記録(131本)の樹立や6度のベストナイン受賞など、華々しい実績を残した。
 

 
 迎えたドラフト会議では、阪神タイガースと東京ヤクルトスワローズがドラフト1位で競合。抽選の結果、阪神への入団が決まった。
 
 期待通り、ルーキーイヤーから開幕スタメンを奪取。そのままレギュラーに定着し、同年は134試合出場、打率.275、8本塁打、65打点の好成績で新人王に輝いた。
 
 しかし、翌2017年は103試合出場で打率.250と数字を落とすと、その後も下降線を辿り、2021年は一軍出場なし。翌2022年は38試合に出場したが打率.189と寂しい結果に終わった。
 
 昨季は一軍昇格すら叶わず、オフに厳しい現実が突き付けられた。12球団合同トライアウトでは、2安打2四球1盗塁と猛アピールしたが、NPB球団から獲得オファーはなかった。
 
 その後、ファーム新規参入球団のオイシックス新潟アルビレックスBCへの入団が決定。主軸打者としてまずまずの数字を残しているが、NPB復帰にはさらなる猛アピールが必須といえるだろう。

1 2 3 4 5 6