データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





米国でも安打製造機ぶりは健在。7球団を渡り歩いた青木宣親のメジャー6年間【編集部フォーカス】

2018/02/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



2016年 シアトル・マリナーズ
年俸:550万ドル(約6億100万円)
118試合 打率.283(417-118) 4本塁打 28打点 7盗塁 出塁率.349 OPS.738
 
 ジャイアンツからFAとなった1ヶ月後にマリナーズと1年契約を結んだ青木。2012年から同球団に在籍している岩隈久志投手とチームメイトになった。
 
 しかし、2016年の青木は好不調の波が激しく、これまでは得意としていた左投手との対戦成績も悪くマイナー落ちも経験した。シーズン終盤こそ打撃好調だったが、シーズンを通して守備走塁も振るわず、規定打席にも到達することはできなかった。

【次ページ】2017年

スポンサードリンク

1 2 3 4 5 6 7