プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



甲子園出場校の名将たちが語る“極意”(3)「競技性の理解」から始まる野球論

2022/08/06

text By

photo

産経新聞社



「ニュアンスとしては『真剣に打たない』」

 対ピッチャーの話を補足すると、高校野球の世界は「左腕が勝ちやすい」と長年言われ続けている。昨秋の関東大会では出場15校中11校の背番号1が左で、ベスト8進出校のエースはすべて左が占めた。しかも、140キロのストレートを記録した左腕は誰もおらず、キレ、緩急、コントロールで勝負するタイプだった。
 
「中学生のリクルートのときから感じることで、どの監督も左ピッチャーを探しています。それだけ、左腕が有利とわかっているのでしょう。やっぱり、対戦経験が少ないことは影響していると思います。バッティングピッチャーで考えても、右投手が多くなりますから」
 
 しかし、対戦経験が少ない理由だけで、左がこれほど有利になるのだろうか。須江監督が考える「勝てる左」とは?
 
「『左はクロスファイアーが生命線』とよく言われますが、高校野球で勝つピッチャーはそこではないと思っています。生命線は右バッターの外の出し入れ。ストレートと、逃げる系のチェンジアップをコントロールミスせずに投げることができるか。インコースを中心にすると、甘く入ったときに長打になりやすい。外はコントロールを間違わなければ、試合を作ることができます。左バッターに対しては、外に逃げるスライダーが中心。結局、右にも左にも逃げる系の精度がカギになってきます」

 バッターの目から遠いところで、どれだけ勝負ができるかがポイントになる。このタイプの左腕と対したとき、須江監督であればどのような攻略法を立てるか。
 
 「ニュアンスとしては『真剣に打たない』ってことですね。つまりは、外のチェンジアップ、外のスライダーを振らない、追いかけない。アウトローの見逃し三振はオッケーにします。追いかけていったら、ピッチャーの術中にはまります」
 
 この手のタイプは、ランナーを出しながらも、要所を抑えることが多い。点が入りそうで、入らない。そこで、「打ってやろう!」と余計な力を入れてしまうと、なおのこと相手のペースになる。(全編は書籍で)
  
大利実

書籍概要


『高校野球の監督がここまで明かす! 走塁技術の極意』 
定価:1870円(本体1700円+税)
 

<QRコードで練習動画を確認!>
本文中で紹介している練習メニューの一部は動画確認できます。
 
「走塁指導」「走塁戦略」マル秘上達メソッド
 
Amazonなどで好評発売中です!
高校野球の監督がここまで明かす! 走塁技術の極意


 
『高校野球の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意』 
定価:1870円(本体1700円+税)
 
QRコードで練習動画を確認!
 
「打撃指導」に定評のある名将が球児へ贈る、一気にバッティングを進化させるマル秘上達メソッド
 
【収録高校】
履正社/岡田龍生監督
明石商/狭間善徳監督
仙台育英/須江航監督
明豊/川崎絢平監督
米子東/紙本庸由監督
県相模原/佐相眞澄監督
 
特別収録 プロが語る『打撃論』
【スコアラ―】三井康浩
【フライボール革命】神事努
 
Amazonなどで好評発売中です!↓
高校野球の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意

1 2 3 4 5