プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



甲子園出場校の名将たちが語る“極意”(1)「バッティングは何とかなる」だからこそ…

2022/08/06

text By

photo

産経新聞社



高校野球最新情報

 第104回全国高等学校野球選手権大会が2022年(令和4年)8月6日から17日間、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)に開幕。今年も49代表校が夏・王者をかけて熱戦を繰り広げる。甲子園に出場する監督たちは、どのような思考をもって、強いチームを作り上げたのだろうか。その“極意”を紹介する。《明豊・川崎絢平監督編》(2020年5月刊『高校野球界の監督が明かす! 打撃技術の極意』より一部抜粋)

 

 

キャッチボールがしっかりとできる子を

2010年に興南(沖縄)が優勝して以来、夏の日本一から遠ざかる九州勢。その中で、日本一に近い位置にいるのが明豊だ。智辯和歌山出身・川崎絢平監督の指導のもと、甲子園でも打ち勝てる強打線を作り上げている。
 
 ──2015年夏、仙台育英に敗れてから始まったバッティング強化。4年(※1)経った今、川崎監督はたしかな手ごたえをつかんでいる。
 
「バッティングは何とかなると思えるようになりました。だからこそ、大事になるのがキャッチボール。今、リクルートの段階ではキャッチボールがしっかりとできる子をよく見るようにしています」

 ──バッティングは、高校で鍛えることができる一方で、スローイングを教えるのが難しいと感じている。

1 2