データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



元巨人クロマティに聞く、イチローがMLBで成功できた理由。日米通算記録に否定的、日本野球への懸念も

かつて巨人でプレーし、日本一に貢献したウォーレン・クロマティ氏は現在マイアミで余生を送っている。クロマティ氏がいるマイアミを訪れ、イチローがメジャーリーグで成功できた理由や日本野球に対して話を聞いた。

2016/08/20

text By

photo

阿佐智

タグ: , , , , , , , , , , ,



日米の記録は一緒にできない

「そりゃ、もちろん日米の記録なんか一緒にできないよ。ナンセンスだよ。それなら私だって2000本安打を達成しているしね」

 イチローの「安打世界記録」に対してウォーレン・クロマティ氏もピート・ローズ氏の持論を支持する。

 彼の名を覚えている人も多いだろう。1984年に現役バリバリのメジャーリーガーとして来日、巨人軍を3度のリーグ優勝に導いたレジェンドだ。

 しかし、この言葉はイチローの積み重ねてきた記録の価値を損ねるものではないとも彼は言う。日米のトップレベルを経験した男だけに、イチローが日本で放った1278本の価値も十分に理解している。

「日本の記録については、それはそれでリスペクトに値するよ。私が日本でのプレーを決意した理由のひとつにも王さんのチームでやりたいっていうこともあったからね。彼の放った868本のホームランとあのフラミンゴ打法はメジャーリーガーの間でも有名だったからね」

 そう前置きをしつつ、やはり冒頭と同じ言葉を彼は発した。

「でもね、メジャーリーグと日本の記録を一緒にすることはナンセンスだよ」

スポンサードリンク

1 2 3
shiro