大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » ワールド・ベースボール・クラシック » 大谷翔平の“敵”に…侍ジャパンに立ちはだかるエンゼルスのチームメイト5人。WBCで対戦も?

大谷翔平の“敵”に…侍ジャパンに立ちはだかるエンゼルスのチームメイト5人。WBCで対戦も?

2023/02/20

text By

photo

Getty Images



WBC2023  最新情報

 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する全20カ国の代表選手が出揃った。前回の優勝国・アメリカ合衆国代表は、マイク・トラウトを筆頭に豪華な布陣に。トラウトの他にも、各国で大谷翔平の所属するロサンゼルス・エンゼルスの選手たちがメンバー入りした。ここでは、WBCに出場するエンゼルスの選手5人を紹介する。

 

 

マイク・トラウト


出身:アメリカ合衆国
投打:右投右打
身長/体重:188cm/107kg
生年月日:1991年8月7日
ドラフト:2009年MLBドラフト1巡目
 
 今大会のアメリカ代表キャプテンを務めるマイク・トラウトは、メジャー屈指の強打者としてWBCでも暴れ回るだろう。
 
 MLBドラフト1巡目でロサンゼルス・エンゼルスに入団し、チーム一筋でプレーし続けるトラウト。
 

 
 2011年にマイナーリーグで打率.341という圧倒的な成績を残すと、2012年にはメジャーで打率.326・30本塁打・49盗塁を記録。トリプルスリーを達成して新人王に輝いた。
 
 瞬く間にスターとなったトラウトは、その後も大活躍を続け、シーズンMVP3回、打点王1回、シルバースラッガー賞8回を獲得するなど、メジャーを代表する選手となった。
 
 しかし、2013年・2017年のWBCは辞退したため、同大会への出場は今回が初となる。
 
 「国のためにプレーすることが楽しみ」という言葉からも、今大会における意気込みは十分。そして何より、投手大谷と打者トラウトの対戦を心待ちにするファンも多いだろう。果たして2人の対戦は実現するのだろうか。

1 2 3 4 5