データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





タグ:飯塚悟史

2度のビッグイニング作り12得点の広島が快勝でM2!明日にも2季連続Vが決定

2017/09/13

〇広島12-4DeNA●(13日・マツダスタジアム)    1回と6回に集中打を見せた広島がDeNAに快勝し、優勝マジックを残り「2」とした。最速で明日には2季連続となるセ・リーグ優勝が決まることになった。    この試合の先発は広島が中村祐、DeNAが飯塚。共に今季プロ初勝利を手にした若手右腕の投げ合いとなったが、試合は初回から両軍大きく動きを見せた。    1回表、中村祐は二死を奪ってから筒香・ロペスに連打を浴びピンチを招くと、宮崎に適時二塁打を浴び、二死から2点を失うまさかの立ち上がりとなった。    しかし、その直後に打線が反撃し中村祐を援護した ... 続きを見る


【本日の予告先発】ロッテドラ1・佐々木、巨人・吉川光が1軍復帰、ソフトB・バンデンVSオリ・金子千尋

2017/09/13

 日本野球機構は9月13日の試合に先発登板する投手を発表した。    ロッテのドラ1ルーキー・佐々木が7月5日の楽天戦以来となる1軍のマウンドへ上がる。今季は11試合に先発登板し2勝7敗、防御率5.61と精彩を欠いてしまっているが、2軍での調整を経て成長した姿を見せることはできるだろうか。    また、巨人・吉川光夫が6月28日以来となる1軍マウンドへ。先発に至っては6月7日の西武戦以来となる。トレードで日本ハムから加入した左腕は今季9試合に登板も0勝2敗と移籍後未勝利だが、久しぶりのマウンドで結果を残したいところだ。    9連勝中のソフトバンクは今季12勝をマ ... 続きを見る


ヤクルト、2戦連続投手陣見殺しで今季3度目の9連敗…。松岡が11回にサヨナラ弾浴び力尽きる

2017/09/06

〇DeNA1×-0ヤクルト●(横浜スタジアム)    DeNAがサヨナラで投手戦を制し、3連勝を飾った。一方のヤクルトは、2戦連続で好投を見せた投手陣を打線が援護できず、今季3度目となる泥沼の9連敗となった。    この試合の先発はDeNA・飯塚とヤクルト・原樹理。両先発は序盤から快調に飛ばし、飯塚・原樹理は共に7回無失点の好投を披露して降板となった。    その後も両軍救援陣が好投を見せ、試合は延長戦に突入。延長10回には両軍一打勝ち越しのチャンスを作るも、山崎康晃・ルーキがそれぞれ粘り無失点に抑えた。    そして、延長11回、DeNA5番手・田中健 ... 続きを見る


【本日の予告先発】DeNAの20歳右腕・飯塚が本拠地初勝利狙う、ソフトB・武田が8月20日以来の先発登板

2017/09/06

 日本野球機構は9月6日の試合に先発登板する投手を発表した。    8月30日の試合でプロ初勝利を飾ったDeNA・飯塚が2勝目をかけた先発マウンドへ。ヤクルトの2年目右腕・原樹理との対決となるが、前回登板のように試合を作り、今度は本拠地初勝利をマークすることはできるだろうか。    パ・リーグではソフトバンク・武田が8月20日以来の先発登板。前回登板では勝利投手の権利を得るまであと一死というところで降板となったが、今回登板ではしっかりと試合を作り、救援陣の負担を軽減することはできるだろうか。    また、オリックスは今季最後となる神戸主催試合に8年目左腕・山田を先 ... 続きを見る


プロ初勝利をマークしたDeNAの20歳右腕・飯塚。手薄な右腕先発陣に割って入り、1軍定着なるか

2017/08/31

 横浜DeNAベイスターズに、またも将来の期待できる若手投手が現れた。    3年目の20歳右腕・飯塚悟史投手は、30日に敵地・ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ戦に先発登板。5回2/3を83球で3安打・2奪三振・3四球・1失点と試合を作り、打線の援護にも恵まれて嬉しいプロ初白星を手にした。    飯塚は6月18日のオリックス戦が雨天ノーゲームとなった影響で、翌日のオリックス戦でプロ初先発初登板のチャンスを得る。そして、5回無失点と好投を見せるも打線の援護がなくプロ初白星はお預けに。その後、4試合に先発登板するも白星に恵まれず黒星が先行していたが、6度目の正直で好投を見せ ... 続きを見る


【本日の予告先発】ロッテ・チェンがスタンの代役で先発、日本ハム・有原、ソフトB・バンデンはスライド登板

2017/08/30

 日本野球機構は8月30日の試合に先発登板する投手を発表した。    ロッテ・チェンが腰の張りで登録抹消となったスタンリッジの代役として6月14日のDeNA戦以来となる先発マウンドへ。8月は11試合に救援登板し防御率1.64と結果を残しており、好投が期待される。    29日の試合が雨天中止となった日本ハムとソフトバンクは、有原・バンデンハークがそれぞれスライド登板する。    また、巨人・宮國が7月12日のヤクルト戦以来となる先発マウンドへ。8月16日に再び1軍昇格を果たしていた宮國は、リリーフとして3試合に登板して6回1/3を1失点(自責0)と結果を残した。今 ... 続きを見る


【30日の予告先発】先週の再戦!オリ・西vs楽天・釜田 DeNA・飯塚はプロ初勝利を狙う

2017/07/30

 日本野球機構は7月30日の試合に先発する投手を発表した。    京セラドーム大阪で行われるオリックス対楽天は、先週行われた対決の再戦となり西勇輝投手対釜田佳直投手が先発予定。西は完投負けを喫し、釜田には勝ち負けがつかなかった。また、オリックスは先週の同カードでは3タテを食らったが、今カードでは3タテ返しを狙う。    東京ドームでの巨人対DeNAは大竹寛投手とプロ初勝利を狙う飯塚悟史投手の対戦だ。       本日の予告先発は以下の通り。   <セ・リーグ> 巨人・大竹寛 - DeNA・飯塚悟史(東京ドーム 14:00) 中日・八木智哉 - 阪神・能見 ... 続きを見る


【本日の予告先発】オリ・山岡が楽天戦初登板、好調の広島・薮田VSドラ1ルーキー・柳

2017/07/22

 日本野球機構は7月22日の試合に先発登板する投手を発表した。    広島・薮田は5月30日の先発転向から5戦5勝、防御率1.64と絶好調。対する中日はドラ1ルーキー・柳をマウンドに送ってくるが、薮田は自身の連勝を6に伸ばし、自身初の2桁勝利に王手をかけることはできるだろうか。    また、パ・リーグでは美馬と山岡の対決に注目したい。美馬はここまで15試合に登板し、リーグ4位の防御率2.46で7勝2敗と安定感抜群。一方の山岡も最近2試合で16イニングを投げ1失点と安定した投球を見せている。    山岡の楽天戦登板はプロ入り後初となるが、強力打線を相手に安定したピッ ... 続きを見る


阪神、16安打10得点で2位死守!秋山が6回途中5失点も7勝目マーク

2017/07/06

〇阪神10-5DeNA●(横浜スタジアム)    16安打10得点と打線がつながった阪神が3位・DeNAとの2位攻防戦を制した。    試合開始前の段階でDeNAとは1ゲーム差となっており、負ければ3位転落も見えていた阪神。この日も序盤にリードを許す苦しい展開となったが、試合中盤以降に劣勢を跳ね返した。    初回、阪神は1番起用の鳥谷が四球・糸井が安打を放ち一死1・3塁のチャンスを作ると、福留の適時打でDeNA先発・飯塚から1点を先制。    しかし、先発・秋山も立ち上がりを攻められてしまう。1回裏、秋山は先頭の桑原に安打で出塁を許すと、筒香に2点本塁 ... 続きを見る


【本日の予告先発】中日VSヤクルトは安定感抜群の助っ人対決、西武は期待の新外国人登板

2017/07/06

 日本野球機構は、7月6日の試合に先発登板する投手を発表した。    広島とヤクルトの一戦では、バルデスとブキャナンと、ここまで安定感抜群の投球を見せている2投手の投げ合いとなる。    また、広島対巨人は、昨季沢村賞のジョンソンと巨人のドラ2ルーキー・畠が対戦。畠は広島県呉市出身で、プロ初登板を故郷・広島で迎えることになる。強力広島打線を相手にプロ初登板となる畠だが、チームの同一カード3連勝に期待がかかるばかりだ。    パ・リーグでは、西武の新加入右腕・ファイフが登板。2軍戦では2試合に登板し防御率2.45という成績を残している。打たせて取る投球が持ち味の右腕 ... 続きを見る