プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:山田龍聖

翁田大勢、山田龍聖、赤星優志…2021年ドラフト指名選手、スカウトが注目したポイントは? 球団コメントを公開<巨人編>

2021/10/12

プロ野球ドラフト会議が11日行われ、12球団で128選手(育成含む)が指名された。読売ジャイアンツは、隅田知一郎投手(西日本工業大)を抽選で外したものの、続く指名では翁田大勢投手(関西国際大)を選択し、交渉権を得た。今回は、球団が候補者のどこに注目して指名を決めたのか。担当スカウトと球団のコメントを紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   【次ページ】支配下指名選手... 続きを見る


【注目選手】廣畑敦也、山田龍聖、和田佳大…2021年社会人ドラフト指名候補は?<投手・野手>|2021年プロ野球ドラフト会議

2021/10/08

投手 廣畑敦也(三菱倉敷オーシャンズ) 山田龍聖(JR東日本) 森翔平(三菱重工West) 渡邉一生(BBCスカイホークス) 八木玲於(Honda) 川瀬航作(日本製鉄広畑) 吉村貢司郎(東芝) 柴田大地(日本通運) 手塚周(SUBARU) 森井絃斗(セガサミー) 大江克哉(NTT西日本) 小孫竜二(鷺宮製作所) 野手 和田佳大(トヨタ自動車) 中川智裕(セガサミー) 水野達稀(JR四国) 藤井健平(NTT西日本) 向山基生(NTT東日本) 中村健人(トヨタ自動車) 添田真海(日本通運) 杉崎成輝(JR東日本) 山本卓弥(Honda熊本) 辻本勇樹(NTT西日本) 【ドラフト最新情報一覧に戻る ... 続きを見る


JR東日本・山田龍聖(やまだりゅうせい)とは。高卒社会人入りの急成長見せる最速153キロ左腕【ドラフト2021】

2021/09/29

 2021年プロ野球ドラフト会議を10月11日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、社会人野球・JR東日本の山田龍聖投手。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    山田は、西條中、高岡商業高を経て、JR東日本に入社した満21歳の左腕(左打)。身長182センチ、体重80キロ。(JR東日本野球部のHPより)  高岡商業高時代には、3度甲子園の土を踏んだ。特にエースとして迎えた3年夏には、チームをベス ... 続きを見る


U-18野球日本代表がいよいよ始動へ 壮行試合は28日、アジア選手権は9月3日開幕<侍2018メンバー一覧>

2018/08/24

 「第12回 BFA U18アジア選手権」が9月3~9日、宮崎県で開催される。侍ジャパンU-18代表選手が決定し、25日から合宿を行う。    大会に先立ち、大学日本代表との壮行試合が28日、明治神宮野球場で開催される。    アジア選手権には、8カ国・地域(日本、香港、韓国、スリランカ、中国、チャイニーズ・タイペイ、パキスタン、インドネシア)が出場。グループリーグ、スーパーラウンドを経て、決勝、3位決定戦が行われる。    グループAの日本は、3日午後6時から香港との初戦に臨む。    代表選手は次の通り。選手名の前の数字は背番号。 【次ページ】投手... 続きを見る


大阪桐蔭、4年ぶり8強入りで準々決勝は浦和学院と激突 高岡商はエース山田が力投も惜敗【全国高校野球】

2018/08/16

<第12日 第4試合 3回戦 ○大阪桐蔭3―1高岡商●>    第100回全国高校野球選手権記念大会は16日、阪神甲子園球場で第12日を迎え、第4試合では大阪桐蔭(北大阪)が高岡商(富山)を破り、準々決勝進出を決めた。    2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭と、春夏通じて初めて甲子園2勝を挙げた高岡商の一戦は接戦となった。先制したのは高岡商。2回に安打と四球2つで満塁とすると、大阪桐蔭の先発の横川凱(3年)から田嶋怜(3年)に押し出し死球を受け1点を挙げた。    一方の大阪桐蔭は3回、ここまで5三振を喫している高岡商の先発・山田龍聖(3年)から1死一、二塁のチャン ... 続きを見る


高岡商・山田、高い修正能力発揮し完投 次戦は強打の大阪桐蔭「すぐ準備したい」【全国高校野球】

2018/08/13

<第9日 第2試合 2回戦 ○高岡商5―4佐久長聖●>    第100回全国高校野球選手権記念大会は13日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第2試合では高岡商(富山)が佐久長聖(長野)に5-4で勝利し、3回戦進出を決めた。    高岡商は初回、高岡商が1死二塁から主将の中村昂央(3年)のタイムリー安打で先制すると、2回にも2本のタイムリー安打で2点を追加して3-0と試合を優位に運んだ。    対する佐久長聖は、3回に無死一、三塁のチャンスで西藤慶人(3年)の内野ゴロの間に1点を返す。一時は1-5と4点差をつけられたが、6回には斎藤真乃輔(3年)が2点タイムリー安打を ... 続きを見る


高岡商、「北信越対決」に競り勝ち3回戦進出! エース山田が9回147球で完投【全国高校野球】

2018/08/13

<第9日 第2試合 2回戦 ○高岡商5―4佐久長聖●>    第100回全国高校野球選手権記念大会は13日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第2試合では高岡商(富山)が佐久長聖(長野)を破り、3回戦進出を決めた。    初戦で佐賀商(佐賀)との「商業高校対決」を制した高岡商と、甲子園初のタイブレークを制し勝ち上がってきた佐久長聖との戦いは初回、高岡商が1死二塁から主将の中村昂央(3年)のタイムリー安打で1点を先制。さらに、2回には山田龍聖(3年)と鞍田新(3年)のタイムリー安打で2点を追加して3-0と主導権を握った。    対する佐久長聖は、3回に無死一、三塁のチャ ... 続きを見る


高岡商、「商業高校対決」制し10年ぶり夏1勝 先発の山田が7回1失点の好投【全国高校野球】

2018/08/07

<第3日 第1試合 1回戦 ○高岡商4―1佐賀商●>    第100回全国高校野球選手権記念大会は7日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第1試合では高岡商(富山)が佐賀商(佐賀)を4-1で下して初戦突破を果たした。    「商業高校対決」となった試合は、高岡商の山田龍聖(3年)と佐賀商の木村颯太(3年)による投手戦となった。    4回まで0-0と息詰まる投げ合いの中、試合が動いたのは5回。高岡商の井林泰雅(2年)が2死からセンターのバックスクリーン左へソロ本塁打を放ち、1点の先制に成功する。    対する佐賀商は、7回に1死二塁のチャンスを作ると、済木龍 ... 続きを見る